更新日:2022年12月9日

ここから本文です。

ミニ展示「新年干支展─卯─」

県立考古博物館では、令和5年の干支・卯(ウサギ)にちなんだ考古資料を紹介するミニ展示「新年干支展─卯─」を開催いたします。

は十二支の4番目で、動物は兎(ウサギ)をあてます。

ウサギはヒトにとって非常になじみ深い動物です。日本では各地の縄文時代の貝塚からはイノシシやシカ等とともに多くのウサギの骨(歯)が発見されており、古くからの食用や毛皮の利用が想定されています。また、日本から見た月面の模様が「餅つきをするウサギ」に見えることから月にはウサギが住んでいるという説話や、平安時代の「延喜式」に見られる「三本足の烏、日之精也。白兎、月之精也」という記述などから、ウサギが月の象徴として認識されていた様子がうかがえます。

画像:鰍沢河岸跡出土・泥メンコ(兎)
鰍沢河岸跡(富士川町)出土・泥メンコ(兎)

画像:鰍沢河岸跡出土・泥メンコ(兎の餅つき)
鰍沢河岸跡(富士川町)出土・泥メンコ(兎の餅つき)

今回のミニ展示では、山梨県内の遺跡から出土したウサギに関連する考古資料を中心に、古来より続くウサギとの関わりについてご紹介いたします。

また、令和5年1月2日、3日には、お正月イベントを開催予定です。ぜひ本展のご観覧と合わせてご参加ください。

皆様のご来館をお待ちしております。

展示のご案内

会期

令和5年1月2日(月曜日)~29日(日曜日)

開館時間

午前9時~午後5時(入館の受付は午後4時30分まで)

会期中の休館日

月曜日(令和5年1月2日と9日は開館)、令和5年1月10日(火曜日)~15日(日曜日)

会場

県立考古博物館・エントランスホール

甲府市下曽根町923(GoogleMap

観覧料

無料

ただし、常設展をご覧いただく場合は常設展観覧料が必要です。

常設展観覧料

一般・大学生の方:220円(20名以上の団体は170円)
未就学児、小中高校生、65歳以上の方は無料です。

お問い合わせ

県立考古博物館

電話:055-266-3881
FAX:055-266-3882

受付時間:午前9時~午後5時(入館の受付は午後4時30分まで)

休館日:月曜日(令和5年1月2日、9日は開館)、12月29日~令和5年1月1日、10日~15日

12月29日~令和5年1月1日の間は年末年始の休館となります。また、令和5年1月10日~15日の間は館内整備等により休館いたします。休館中は大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご了承くださいますようお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について