更新日:2021年1月9日

ここから本文です。

令和2年度「富士山ミニ展示」

県立考古博物館では「富士山の日」(2月23日)に関連して、富士山にかかわる発掘調査の成果などをご紹介する富士山ミニ展示を開催いたします。

富士山ミニ展示では平成23年度より、富士山にかかわる遺跡や出土品を中心にご紹介してきました。今年度の富士山ミニ展示では、近世以降の陶磁器に注目し、「描かれた富士山」をテーマに資料をご紹介いたします。

大勢の皆さまのご来場をお待ちしております。

富士山の日について

山梨県では、平成23年12月に富士山の豊かな自然及び美しい景観並びに富士山に関する歴史及び文化を後世に引き継ぐことを期する日として、2月23日を「富士山の日」としました。

展示のご案内

会期

令和3年2月7日(日曜日)~28日(日曜日)

開館時間

午前9時~午後5時(入館の受付は午後4時30分まで)

会場

県立考古博物館・エントランスホール
甲府市下曽根町923(GoogleMap

観覧料

無料
ただし、常設展をご覧いただく場合は常設展観覧料が必要です。

常設展観覧料

一般・大学生の方:220円(20名以上の団体は170円)

未就学児、小・中・高校生、65歳以上の方は無料です。

主な展示品

鰍沢河岸遺跡出土・陶磁器、甲府城下町遺跡出土・陶磁器

お問合せ

県立考古博物館

電話:055-266-3881
FAX:055-266-3882

受付時間:午前8時30分~午後5時
休館日:毎週月曜日、2月24日(水曜日)
ただし、2月22日(月曜日)は開館いたします。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について