更新日:2020年12月27日

ここから本文です。

新年干支展─丑(ウシ)─

県立考古博物館では、令和3年の干支・丑(ウシ)にちなんだ考古資料をご紹介するミニ展示・新年干支展を開催いたします。

は十二支の2番目で、動物は牛(ウシ)をあてます。

は古来より食用(牛肉・牛乳)や田畑を耕したり荷物を運んだりする労働力(役牛)として、人々の生活に密接に関わってきました。

今回のミニ展示では、山梨県内の遺跡から出土したウシに関連する考古資料をご紹介するとともに、古代より続くヒトとウシとの繋がりについて考えます。

皆さまのご来館をお待ちしております。

会期

令和3年1月2日(土曜日)~24日(日曜日)
休館日:毎週月曜日、令和3年1月12日(火曜日)~17日(日曜日)
ただし、1月11日(月曜日)は開館いたします。

1月12日(火曜日)~17日(日曜日)の間は、館内整備等により臨時休館いたします。休館中は大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご了承くださいますようお願いいたします。

開館時間

午前9時~午後5時(入館の受付は午後4時30分まで)

会場

県立考古博物館・エントランスホール

観覧料

無料
ただし、常設展をご覧いただく場合は、常設展観覧料が必要です。

常設展観覧料

大学生・一般の方:220円(20名以上の団体は170円)
未就学児、小・中・高校生、65歳以上の方は無料です。

なお、企画展示室にて開催中の冬季企画展「笛吹市の出土品Ⅰ─縄文前期文化の華・花鳥山遺跡─」は無料でご観覧いただけます。

主な展示品

画像:百々遺跡出土・ウシの歯
百々遺跡(南アルプス市)出土・獣歯(ウシの歯)

画像:ウシの泥めんこ(正面)画像:ウシの泥めんこ(側面)
鰍沢河岸跡(南巨摩郡富士川町)出土・泥めんこ(ウシ形)

お問合せ

県立考古博物館

電話:055-266-3881
FAX:055-266-3882

受付人:午前8時30分~午後5時
休館日:毎週月曜日、12月29日(火曜日)~令和3年1月1日(金曜日)12日(火曜日)~17日(日曜日)
ただし、令和3年1月11日(月曜日)は開館いたします。

令和3年1月12日~17日の間は、館内整備等により臨時休館いたします。休館中は大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご了承くださいますようお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について