トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 山梨県立考古博物館 > 特別展・企画展 > 令和元年度冬季企画展「山梨市の出土品Ⅱ─山梨誕生─」

更新日:2019年11月17日

ここから本文です。

令和元年度冬季企画展
「山梨市の出土品Ⅱ─山梨誕生─」

県立考古博物館では令和元年度冬季企画展「山梨市の出土品Ⅱ─山梨誕生─」を開催いたします。

山梨市は山梨市・牧丘町・三富村の合併により、平成17年3月に誕生しました。市内には縄文時代から近代に至るまで数多くの遺跡が存在します。今回の企画展では、奈良・平安時代から近代までの山梨市内の遺跡から出土した資料をご紹介するとともに、甲府盆地北東部地域の歴史における山梨市の位置づけを考えます。

また、会期中には山梨市教育委員会職員による展示解説も開催いたします。ぜひ、本展のご観覧と合わせてご参加ください。

大勢の皆さまのご来館をお待ちしております。

ご案内

会期

令和元年12月7日(土曜日)~令和2年1月26日(日曜日)

休館日:毎週月曜日、12月29日(日曜日)~令和2年1月1日(水曜日)、1月14日(火曜日)~17日(金曜日)
ただし、令和2年1月13日(月曜日)は開館いたします。

令和2年1月14日~17日の間は、館内整備等により臨時休館いたします。休館中は大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。詳しくは休館日のご案内をご覧ください。

開館時間

午前9時~午後5時(入館の受付は午後4時30分まで)

会場

山梨県立考古博物館・企画展示室

観覧料

無料

ただし常設展をご覧いただく場合は、常設展観覧料(一般・大学生220円)が必要です。
未就学児、小・中・高校生、65歳以上の方は無料です。

主催

山梨県立考古博物館

共催

山梨市教育委員会

主な展示資料

画像:金山林遺跡出土・墨書土器
「山梨」銘墨書土器
金山林遺跡(山梨市)出土
画像を拡大(JPG:777KB)

画像:連方屋敷出土・青磁・青白磁
青磁・青白磁
連方屋敷(山梨市)出土
画像を拡大(JPG:767KB)

画像:連方屋敷出土・土師質土器・内耳土器
土師質土器・内耳土器
連方屋敷(山梨市)出土
画像を拡大(JPG:534KB)

金山林遺跡出土品、日下部遺跡出土品、三ヶ所遺跡出土品、延命寺遺跡出土品、杣口金桜神社奥社地遺跡出土品、江曽原遺跡出土品、連方屋敷出土品、膳棚遺跡出土品など

関連イベント「冬季企画展ギャラリートーク」

山梨市教育委員会より三澤達也を講師にお迎えし、近年までの調査・研究の成果や本展の見どころなどをご解説いただきます。参加費・事前の参加お申込みは不要です。ぜひ、本展のご観覧と合わせてご参加ください。

開催日時

令和元年12月15日(日曜日)
午前の部:午前10時~、午後の部:午後2時~(解説は午前・午後とも同様の内容を予定しております)

会場

県立考古博物館・企画展示室

講師

三澤達也(山梨市教育委員会)

お問合せ

山梨県立考古博物館

電話:055-266-3881
住所:〒400-1508
山梨県甲府市下曽根町923

休館日:毎週月曜日、12月29日(日曜日)~令和2年1月1日(水曜日)、1月14日(火曜日)~17日(金曜日)
ただし、令和2年1月13日(月曜日)は開館いたします。

令和2年1月14日~17日の間は、館内整備等により臨時休館いたします。休館中は大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。詳しくは休館日のご案内をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055-266-3881   ファクス番号:055-266-3882

広告スペース

広告掲載について