更新日:2019年12月13日

ここから本文です。

令和2年
新年干支展─子(ネズミ)─

県立考古博物館では、令和2年の干支・子(ネズミ)にちなんだ考古資料をご紹介するミニ展示・新年干支展を開催いたします。

は十二支の1番目で、動物は鼠(ネズミ)をあてます。

ネズミは日本人にとって非常になじみ深い動物です。古来より神話や物語の中では吉兆を表す動物として扱われることが多い一方で、人間の生活圏を様々な形で荒らす身近な害獣として忌み嫌われている動物でもあります。

今回のミニ展示では、山梨県内の遺跡から出土したネズミに関連する考古資料をご紹介するとともに、意外と深いヒトとネズミとの繋がりについて考えます。

大勢の皆様のご来館をお待ちしております。

会期

令和2年1月2日(木曜日)~1月26日(日曜日)

会場

山梨県立考古博物館・エントランスホール

観覧料

常設展をご覧いただく場合は、常設展観覧料(一般・大学生の方:220円、未就学児、小・中・高校生、65歳以上の方:無料)が必要です。詳しくは、常設展観覧料のご案内をご覧ください。

企画展示室にて開催中の令和元年度冬季企画展「山梨市の出土品Ⅱ─山梨誕生─」は無料でご観覧いただけます。

お問合せ

山梨県立考古博物館

電話:055-266-3881

住所:〒400-1508
山梨県甲府市下曽根町923

休館日:毎週月曜日、12月29日(日曜日)~令和2年1月1日(水曜日)1月15日(水曜日)~1月17日(金曜日)

ただし、令和2年1月13日(月曜日)は開館いたします。

令和2年1月15日~1月17日の間は、館内整備等により休館いたします。休館中は大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について