ここから本文です。

画像:キャンパスネットやまなしのバナー

第28回特別展「発掘された女性の系譜」
特別講演会

画像:第28回特別展特別講演会のバナー

第28回特別展について

第28回特別展「発掘された女性の系譜~女性・子ども・家族の造形~」と題しまして、女性にスポットを当てる展示会になります。

歴史の中に女性像はなぜ登場したのか。それぞれの時代に女性はどのような役割を果たしてきたのか。

東日本各地から発掘された女性にかかわる出土品から女性の軌跡とたどる展示です。

特別展については第28回特別展のご案内をご覧ください。

特別講演会のご案内

この特別展開催にあたり、調査研究の第一線でご活躍の先生方をお招きして、特別展に関連する内容をご講演いただきます。

第1回「縄文土器にみる母子の神話像」

長野県富士見町井戸尻考古館館長
小林公明

気候が温暖で、豊かな文化がはぐくまれた縄文時代中期。土器にみられる文様から、母子の神話を読み解きます。

日時平成22年10月10日(日曜日)午後1時30分~午後3時

会場風土記の丘研修センター

定員100名

受講料無料

お申し込み:平成22年9月10日(金曜日)より受講のお申し込みを開始します。

お申し込み方法は、下記をご覧下さい。

特別講演会3回を通しての受講申し込みも同日より承ります。

第2回「装身具からみた古墳時代の女性像」

奈良芸術短期大学講師
玉城一枝

古墳に立ち並べられた女性埴輪や古墳から出土しる副葬品から、古墳時代の女性のすがたを復原します。

日時平成22年11月7日(日曜日)午後1時30分~午後3時

会場風土記の丘研修センター

定員100名

お申し込み:平成22年10月7日(木曜日)より受講のお申し込みを開始します。

お申し込み方法は、下記をご覧下さい。

特別講演会3回を通しての受講申し込みは平成22年9月10日(金曜日)より開始します。

第3回「縄文人のお産」

山梨県埋蔵文化財センター所長
小野正文

現代より命を落とす危険の高かった縄文時代のお産。土偶や埋甕など、出産にかかわる出土品から縄文時代のお産に迫ります。

日時平成22年11月21日(日曜日)午後1時30分~午後3時

会場風土記の丘研修センター

定員100名

お申し込み:平成22年10月21日(木曜日)より受講のお申し込みを開始します。

お申し込み方法は、下記をご覧下さい。

特別講演会3回を通しての受講申し込みは平成22年9月10日(金曜日)より開始します。

お申し込み・お問い合せ

  • 特別講演会3回を通して受講をご希望される方
    9月10日(金曜日)よりお申し込みを受け付けます。
  • 聴きたい講座だけを受講希望される方
    希望する講演会の開催1ヶ月前からお申し込みを受け付けます。

お申し込み

次のいずれかによりお申し込み下さい。

  1. 電話でのお申し込み
  2. 当館受付窓口での来館お申し込み
  3. webページからのお申し込み
    インターネットからのイベントお申込みのページをご利用ください。
  4. 携帯電話webページからのお申し込み

お問い合せ

山梨県立考古博物館

山梨県甲府市下曽根町923

電話055(266)3881

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について