更新日:2019年5月31日

ここから本文です。

考古博物館イベント
山梨の七夕人形をつくろう

画像:七夕人形作りのバナー

県立考古博物館では、山梨県独自の七夕文化を体験するイベント「山梨の七夕人形をつくろう」を開催いたします。

画像:七夕人形の制作例

画像:七夕飾り

七夕人形の制作例と飾り付け例

山梨県にはかつて全国に類をほとんど見ない、七夕人形を飾る文化があり、昭和の中ごろまで作られていたといわれています。今回のイベントでは山梨独自の七夕文化を学習していただくとともに、七夕人形作りを体験していただきます。

画像:七夕人形作りの様子1

画像:七夕人形作りの様子2

七夕人形作りの様子(はさみを使えればどなたでもご参加できます)

山梨で作られていた七夕人形は「お留守居さん(おるすいさん)」と呼ばれ、七夕を過ぎると泥棒よけや家守り、畑守りなどとしておまじないの意味をこめて大切に保管されていました。また、近年は日本全国はもとより、海外にも多くの七夕人形ファンがいるそうです。

画像:七夕飾りの完成例
七夕飾りの完成例

今回のイベントでは山梨の七夕人形について学んでいただくとともに、和紙(七夕紙)を使って七夕人形作りを体験していただきます。作成した七夕人形は笹の小枝に取り付けてお持ち帰りいただけるほか、エントランスホールの七夕飾りにお飾りいただくこともできます。

また風土記の丘研修センターでは、6月8日(土曜日)~8月7日(水曜日)まで、エントランスホールに七夕飾りを設置いたします。七夕飾りにはご自由に短冊を書いてお飾りいただけます。この機会に、短冊に願いを込めてみてはいかがでしょうか。甲斐風土記の丘・曽根丘陵公園へお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

大勢の皆さまのご来場をお待ちしております。

ご案内

開催日時

令和元年6月30日(日曜日)

午前10時~正午、午後1時~3時
上記の時間内にて随時ご参加いただけます。
ただし、参加状況により多少お待ちいただく場合がございます。

制作時間は20分程度です。

材料がなくなり次第、イベントを終了させていただきます。あらかじめご了承ください。

会場

風土記の丘研修センター(山梨県甲府市下向山町1271)

参加費

無料

対象

どなたでも

はさみをお使いになれれば、未就学児も参加可能です。

ただし、小学3年生以下の方は、保護者の同伴が必要です

参加方法

ご参加に事前のお申込みは不要です。
開催時間中に風土記の丘研修センターへお越しください。

お問合せ

風土記の丘研修センター

電話:055-266-5286

受付時間:午前8時30分~午後5時

休館日:毎週月曜日、7月16日(火曜日)
ただし、7月15日(月曜日・祝日)は開館いたします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055-266-3881   ファクス番号:055-266-3882

このイベントに関するお問い合わせは、風土記の丘研修センター(電話:055-266-5286)までお願いいたします。

広告スペース

広告掲載について