ここから本文です。

原始古代の技に学ぶ第10回
「草木染め教室」

定員になりましたので、参加お申し込みを締め切りました。お申し込みありがとうございました。(2014年1月8日)

 

画像:藍染めマフラー1画像:藍染めマフラー2
藍染めマフラー製作例
マフラーの大きさ:幅約30cm、長さ約155cm
染めるもとの生地は無地になります。染めの模様は一例です。

藍色は古代から親しまれてきた色です。世界各地で藍の栽培や藍染めが行われてきました。日本では古墳時代にすでに藍染めが行われていたのではないかとも考えられています。

今回は、藍染めの歴史や仕組みを学びながら、冬のあったか素材ウール100%のマフラーをタデアイを使い、ブルーに染めてみます。

画像:たで藍画像:藍染めマフラー3
左)たで藍、右)藍染めマフラー部分

 

画像:草木染め教室2013ようす1画像:草木染め教室2013ようす2
左)染料液作りのようす、右)染めのようす
(昨年度2013年7月開催の記録より)

藍染めなどについて学習した後にタデアイ(たで藍)を乾燥させた葉を煮出し、化学建てでシンプルなウール100%のマフラー(幅約30cm、長さ約155cm)を実際に染めてみます(染める前の生地は無地です。絞りなど模様をつけるのは任意です)。染めたマフラーは当日お持ち帰りいただけます。皆様のご参加お待ちしております。

ご案内

定員になりましたので、参加お申し込みを締め切りました。お申し込みありがとうございました。(2014年1月8日)

画像:平成26年度原始古代の技に学ぶ第10回のご案内

開催日

平成27年1月24日(土曜日)

時間

午前10時~午後3時

会場

風土記の丘研修センター・実習室
山梨県甲府市下向山町1271

参加対象・定員

16歳以上の方・12名

参加費

2,600円
材料費とイベント保険料になります。参加時にお支払いください。

持ち物等

筆記用具、エプロン、マスク、ゴム手袋、昼食

動きやすく(作業ができる)汚れてもよい服装(エプロン等)でご参加ください。

お申し込み

参加されるご本人がお電話にて、または来館(風土記の丘研修センター)してお申し込みください。

定員になり次第締め切ります。平成26年12月25日(木曜日)より参加申し込みを受け付けます。

休館日は受け付けができません。ご注意ください。

休館日:12月24日(水曜日)、12月29日(月曜日)~1月5日(月曜日)【年末年始の休館】、1月13日(火曜日)、1月19日(月曜日)

お申し込みをされた後、ご都合によりキャンセルされる場合は必ずご連絡をお願いいたします。

お問い合せ・お申し込み先

風土記の丘研修センター

電話:055-266-5286

受付時間:午前8時30分~午後5時

休館日:休館日:12月24日(水曜日)、12月29日(月曜日)~1月5日(月曜日)【年末年始の休館】、1月13日(火曜日)、1月19日(月曜日)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055-266-3881   ファクス番号:055-266-3882

考古博物館風土記の丘研修センター
住所:〒400-1507甲府市下向山町1271
電話番号:055-266-5286
ファックス番号:055-266-5287

広告スペース

広告掲載について