ここから本文です。

原始古代の技に学ぶ第9回
「勾玉作り体験」

画像:平成26年度原始古代の技勾玉製作例1画像:平成26年度原始古代の技勾玉製作例2
勾玉ペンダント・ストラップ製作例
左:長さ約3.5cm、幅約2.4cm、厚さ約1.2cm
右:長さ約3cm、幅約2cm、厚さ約1.2cm

古代のアクセサリーである勾玉(まがたま)の歴史は古く、縄文時代までさかのぼります。その後、勾玉と管玉・小玉を組み合わせた首飾りの歴史は2千年近くも続きました。県内からは塩部遺跡(甲府市)や姥塚2号墳などの遺跡から勾玉は見つかっています。

今回の教室では、勾玉について学習した後に古墳時代の勾玉をモデルにして、美しい遼凍石(りょうとうせき)(中国北部遼寧省産)を削り、磨いて勾玉を大小2個(大:長さ約3.5cm、小:長さ:約3cm)製作します。

出来上がった勾玉は、巻き取り法で製作した手作りのガラスの小玉と一緒に紐に通してオリジナルのペンダントとストラップに仕上げてお持ち帰りいただきます。皆様のご参加お待ちしております。

画像:銚子塚古墳勾玉画像:塩部遺跡勾玉画像:姥塚2号墳勾玉
古墳時代の勾玉(当館所蔵)

左:伝甲斐銚子塚古墳(山梨県甲府市)
中央:塩部遺跡(山梨県甲府市)
右:姥塚2号墳(山梨県笛吹市)

画像:勾玉作り201310-1

画像:勾玉作り201310-2

画像:勾玉作り201310-3

画像:勾玉作り201310-4

勾玉製作のようす(昨年度2013年10月開催の記録より)

画像:平成26年度原始古代の技勾玉3

画像:平成26年度原始古代の技勾玉4

遼東石の色は、自然石のため1点1点色合いが違います。白っぽいものや黒っぽいもの、模様の入り方(色の混ざり方)が違います。ご了承ください。

ご案内

画像:平成26年度第9回原始古代の技に学ぶ「勾玉作り体験」ご案内

開催日

平成26年12月14日(日曜日)

当日、考古博物館は休館しておりますので、展示の見学はできません。ご了承ください。
【11月25日(火曜日)から平成27年1月13日(火曜日)まで(1ヶ月半程)特別展撤去作業および考古博物館の防災関係改修工事のため休館】

時間

午後1時~4時30分

会場

風土記の丘研修センター・実習室

山梨県甲府市下向山町1271

参加対象・定員

16歳以上の方・15名

参加費

1,200円

材料費とイベント保険料になります。参加時にお支払いください。

持ち物等

作業ができる服装(エプロン等をお持ちください)でご参加ください。

お申し込み

参加されるご本人がお電話にて、または来館(風土記の丘研修センター)してお申し込みください。

定員になり次第締め切ります。平成26年11月14日(金曜日)より参加申し込みを受け付けます。

休館日は受け付けができません。ご注意ください。

休館日:11月17日(月曜日)、11月25日(火曜日)~12月1日(月曜日)【臨時休館】、12月8日(月曜日)

お申し込みをされた後、ご都合によりキャンセルされる場合はお早めにご連絡ください。

お問い合せ・お申し込み先

風土記の丘研修センター

電話:055-266-5286

受付時間:午前8時30分~午後5時

休館日:11月17日(月曜日)、11月25日(火曜日)~12月1日(月曜日)【臨時休館】、12月8日(月曜日)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055-266-3881   ファクス番号:055-266-3882

考古博物館風土記の丘研修センター
住所:〒400-1507甲府市下向山町1271
電話番号:055-266-5286
ファックス番号:055-266-5287

広告スペース

広告掲載について