トップ > 組織から探す > 観光文化部 > 山梨県立考古博物館 > イベント情報 > 平成26年度イベント情報 > チャレンジ博物館第2回「土製耳飾りづくりにチャレンジ」

ここから本文です。

チャレンジ博物館第2回
「土製耳飾りづくりにチャレンジ」

画像:土製耳飾り(職員製作例)画像:土製耳飾りペンダント(職員製作例)
土製耳飾り(焼成前)、土製耳飾りペンダント完成例(職員製作)

春季企画展「縄文人の装い~県内出土の装身具~」(4月26日(土曜日)~6月15日(日曜日)開催)に関連して、縄文時代のアクセサリーをつくります。

縄文人はさまざまなアクセサリーを身につけていました。首かざり、耳かざり、髪かざり、腕輪・・・おしゃれなデザインや種類の多彩さは今のものに負けませんが、アクセサリーの意味や使い方は大きくちがっていたようです。今回はその中の一つ、土製耳飾りをつくります。

この耳飾りは、耳たぶに穴をあけてその穴にはめ込むようにして使ったようです。現代のピアスに似ていますが、ただ、耳たぶにとても大きな穴をあける必要がありますので、苦痛をともないます。単なる耳かざりとして使われたというよりも、ステイタスシンボルとして使われたと考えられます。

教室では、県内の遺跡から出土した耳飾りを参考にしてつくります。なお、実際に耳飾りとして身につけるのは難しいので、焼成後、ビーズと飾りひもをつけ、ペンダントに仕上げます。

画像:金生遺跡土製耳飾り
金生遺跡(北杜市)出土・土製耳飾り

画像:チャレンジ博物館土製耳飾り作り(2014.3)
製作の様子(昨年度の記録より)

はじめに縄文時代のさまざまな装身具をとりあげ、特に土製耳飾りの由来や使用法などについて学習します。県内の出土品も紹介します。それから県内の遺跡の出土品を参考にして、天然の粘土を使ってつくります。10日ほど乾燥させた後、職員が焼成します。最後にビーズと首にかける飾りひもをつけると完成です。

当日は成形だけの作業です。ペンダントとしてお持ち帰りいただけるのは、焼成後(後日)になります。

チャレンジ博物館に参加をすると集めて楽しいスタンプカードを発行いたします(平成26年度有効)。参加ごとに1スタンプを押します。スタンプが集まるとオリジナルプレゼントがもらえるというお楽しみがあります。ぜひ続けてご参加ください!!

この学習会は「キャンパスネットやまなし連携講座」です。

ご案内

画像:平成26年度チャレンジ博物館第2回「土製耳飾りづくりにチャレンジ」ご案内

開催日時

平成26年6月15日(日曜日)

9時30分~12時30分

会場

風土記の丘研修センター・実習室

山梨県甲府市下向山町1271

参加費

無料

小中学生は公費負担で保険に加入します。

募集定員

小中学生12名とその保護者

子どもの総数が12名に達したら募集を締め切ります。

小学校3年生以下は、子ども一人につき大人一人の付き添いをお願いします。保護者は祖父母等でもかまいません。

中学生は本人のみの参加ができます。

持ち物・服装

持ち物:エプロン、汚れをぬぐうタオル、ものさし(15cm程度のもの)

活動しやすい服装でご参加ください。

お申し込み方法

  • 風土記の丘研修センターまで電話にて、または直接来館してお申し込みください。
  • 平成26年5月15日(木曜日)より受け付けを開始します。定員になり次第、募集をしめきります。
  • 休館日(月曜日)は受け付けができません。

お申し込み・お問い合わせ先

風土記の丘研修センター

電話:055-266-5286

受付時間:午前8時30分~午後5時

休館日は電話、来館ともに対応できませんので、ご注意ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

お問い合せは
考古博物館風土記の丘研修センター
住所:〒400-1507甲府市下向山町1271
電話番号:055-266-5286
ファックス番号:055-266-5287

広告スペース

広告掲載について