トップ > 組織から探す > 観光文化部 > 山梨県立考古博物館 > イベント情報 > 平成25年度イベント情報 > 原始古代の技に学ぶ第8回「トンボ玉作り教室?古代の装身具作り体験?」

ここから本文です。

原始古代の技に学ぶ第8回
「トンボ玉作り教室~古代の装身具作り体験~」

定員に達したため参加お申し込みを締め切りました。ありがとうございました。(2013年10月10日)

画像:トンボ玉職員製作
職員が製作したトンボ玉

画像:平林2号墳トンボ玉
平林2号墳(笛吹市)より出土したトンボ玉(山梨県指定文化財)
考古博物館常設展に展示

ガラスの起源は5,000年前頃のメソポタミア地方とされ、約4,500年前よりトンボ玉などの小装飾品が作られるようになりました。その後、シルクロードなどの交易ルートを経て日本まで伝わりました。当時とすればガラス玉は宝石と同じ価値だったと考えられています。とくに複数の色ガラスで作られたトンボ玉は貴重な物だったに違いありません。

山梨県でも、平林2号墳(笛吹市春日居町)からトンボ玉(3点)が出土しています。今回は、この平林2号墳出土のトンボ玉や美しい色模様が表現された8世紀代のトンボ玉(奈良東大寺正倉院宝物)等を見本とし製作体験を行います。当館職員が丁寧に製作指導し、お一人3個お持ち帰りいただきます。

直径約1~1.5cmのトンボ玉にあなた自身で「小宇宙」を創り出すとともに、古代人の知恵と技術、そして美意識を学ぶ機会としてみませんか?

画像:トンボ玉製作の様子4

画像:トンボ玉製作の様子3

 

画像:トンボ玉製作の様子2

画像:トンボ玉製作の様子1

トンボ玉製作の様子(前回の記録より)

ステンレス製の細棒にバーナーで溶かし真っ赤になったガラスを巻きつけていく方法により製作します。

ご案内

定員に達したため参加お申し込みを締め切りました。ありがとうございました。(2013年10月10日)

画像:平成25年度原始古代の技に学ぶ8「トンボ玉作り教室」ご案内↓拡大してご覧いただけます。

開催日時

平成25年11月10日(日曜日)

1回目:午前9時~午前10時

2回目:午前10時~午前11時

3回目:午前11時~正午

4回目:午後1時~午後2時

5回目:午後2時~午後3時

会場

風土記の丘研修センター

山梨県甲府市下向山町1271(甲斐風土記の丘・曽根丘陵公園内)

会場は、考古博物館ではございません。風土記の丘研修センターは、車で中央自動車道甲府南インターチェンジから国道358号線本栖・精進方面5分。

対象・募集定員

高校生以上の方・5名(各回1名ずつ)

参加費

1,000円(材料費、イベント保険料)

参加時にお支払いをお願いします。

持ち物など

汚れてもよい服装(エプロン等)でご参加ください。短パンなど素足を広く露出するものはご遠慮ください。

お申し込み

参加をご希望されるご本人が風土記の丘研修センターまでお電話かまたは直接来館してお申し込みください。

先着順で定員になり次第締め切ります。ご了承ください。

お申し込み後、ご都合によりキャンセルをされる場合は、お早めにご連絡ください。

平成25年10月10日(木曜日)より参加お申し込みを受け付けます。

お申し込み・お問い合せ先

風土記の丘研修センター

山梨県甲府市下向山町1271

電話:055-266-5286
受付時間:午前8時30分~午後5時

10月21日(月曜日)、28日(月曜日)は休館日です。(14日(月・祝)は開館します。)受け付けすることができません。ご了承ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

お問い合せは
風土記の丘研修センター
住所:〒400-1507
甲府市下向山町1271
電話番号:055(266)5286
ファックス番号:055(266)5287

広告スペース

広告掲載について