トップ > 組織から探す > 観光文化部 > 山梨県立考古博物館 > イベント情報 > 平成24年度イベント情報 > チャレンジ博物館第6回「縄文時代のアクセサリーをつくろう」

ここから本文です。

チャレンジ博物館第6回
「縄文時代のアクセサリーをつくろう」

縄文人はさまざまなアクセサリーを身につけていました。首かざり、耳かざり、髪かざり、腕輪・・・おしゃれなデザインや種類の多彩さは今のものに負けませんが、アクセサリーの意味や使い方は大きくちがっていたようです。今回はその中の一つ、けつ状耳かざりをつくります。ドーナツのような形をしていますが、本体の一部がまっすぐ切りとられており形がとてもユニーク。その名のとおり、耳かざりとして使われたという説が有力です。考古博物館にある県内の出土品を参考にしてつくります。なお、実際に耳かざりとして身につけるのは難しいので、木製のビーズとかざりひもをつけ、ペンダントにしあげてお持ち帰りいただきます。また学習会のあとに、さまざまな時代のアクセサリーを試着できる体験もご用意しています。ご家族でのご参加、お待ちしています。

画像:耳かざり1
完成例

画像:耳かざり2
作成の様子(昨年度までの記録より)

画像:耳かざり3
作成の様子(昨年度までの記録より)

チャレンジ博物館第6回「縄文時代のアクセサリーをつくろう」チラシ(PDF:336KB)


ご案内

内容

  • はじめに,縄文時代のさまざまな装身具をとりあげ、けつ状耳かざりを中心にその由来や使用法などについて学習します。県内の出土品も紹介します。
  • けつ状耳かざりは径35mmの円形に仕上げていきます。材料は滑石、白・黒の2種類からお申し込み時に選んでいただきます。県内遺跡の出土品を参考に紙ヤスリや棒やすり、研磨材(クリームクレンザー等)でけずり、みがいてつくります。最後にビーズと首にかける飾りひもをつけると完成です。
  • 学習会終了後に、さまざまな時代のアクセサリーを試着する体験もできます。

この学習会は「キャンパスネットやまなし連携講座」です。

日時

平成24年9月23日(日曜日)9時30分~12時30分

会場

風土記の丘研修センター(実習室)

甲府市下向山町1271

  • 実習室で行います。

参加費

無料

  • 小中学生は公費負担で保険に加入します。

募集定員

小中学生12名とその保護者

  • 子どもの総数が12名に達したら募集をしめきります。
  • 小学校3年生以下は、子ども一人につき大人一人の付きそいをお願いします。保護者は祖父母等でもかまいません。
  • 中学生は本人のみの参加ができます。

持ち物・服装

  • エプロン、よごれをぬぐうタオル
  • 活動しやすい服装でご参加ください。

参加すると

  • 集めて楽しいスタンプカードを発行!!スタンプが集まるとオリジナルプレゼントがもらえます。

お申し込み方法

  • 風土記の丘研修センターまで電話にて、または直接来館してお申し込みください。
  • 8月23日(木曜日)より受け付けを開始します。
  • 定員になり次第、募集をしめきります。
  • 月曜日(祝日の場合は翌日)は休館のため、対応できません。

お申し込み・お問い合わせ先

風土記の丘研修センター

電話:055(266)5286

受付時間午前8時30分~午後5時

月曜日(祝日の場合は翌日)は休館になります。電話、来館ともに対応できませんので、ご注意ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

お問い合せは
考古博物館風土記の丘研修センター
住所:〒400-1507甲府市下向山町1271
電話番号:055(266)5286
ファックス番号:055(266)5287

広告スペース

広告掲載について