更新日:2021年6月23日

ここから本文です。

原始古代の技に学ぶ第3回「青銅鏡作り」

県立考古博物館では月に1回程度、16歳以上の大人の方を対象としたものづくり教室「原始古代の技に学ぶ」を開催しております。今年度第3回のものづくり教室は、青銅鏡作りを開催いたします。

画像:青銅鏡の製作例
青銅鏡(位至三公鏡)の製作例(直径:約9cm)
画像を拡大(JPG:2,070KB)

今回のものづくり教室で作成する位至三公銘帯双雲紋鏡(いしさんこうめいたいそううんもんきょう)は、後漢(2世紀前半から3世紀初頭)にみられる双頭龍文鏡の一種です。鈕(ちゅう─中央の紐を通す部分)を挟んで縦方向に「位至三公」の銘帯を入れ、その左右に配された逆S字状の平彫りされた龍文が特徴です。「位至三公」とは「皇帝に次ぐ位(三公)になることができる」という意味で、男性の出世を願う銘文であると考えられています。

画像:長田口遺跡出土・鏡片
長田口遺跡(南アルプス市)出土・垂飾り(鏡片)
弥生時代・当館所蔵

山梨県内では南アルプス市の長田口(おさだぐち)遺跡から、位至三公鏡と推定される鏡片が出土しています。

鏡片の残存状況が外区周縁のみであるため、鏡の種類を断定するのは難しいですが、縁部の傾斜や大きさ(復元時の鏡の径:11.4cm)、わずかに残存する内区の文様(櫛歯文)などの特徴から、後漢鏡の双頭龍文鏡(位至三公鏡)と推定されています。また、鏡片の両端は穿孔してあり、孔に紐を通して垂飾り(ペンダント)として用いられていたと考えられています。

今回のものづくり教室では、長田口遺跡出土品をモデルとした青銅鏡作りを通して、青銅器作りの一連の工程を見学・体験していただきます。この機会にぜひ、古代より受け継がれてきた金工技術に触れてみませんか?

皆さまのご参加をお待ちしております。

青銅器作りの工程について

今回のものづくり教室では、鋳型作りと鋳込み後の研磨の工程に重点を置いて青銅鏡作りを体験していただきます。溶けた青銅を鋳型に流し込む鋳込みの工程は、職員が実施する様子を見学していただきます。あらかじめご了承ください。

画像:鋳型作りの様子
鋳型(砂型)作りの様子
画像を拡大(JPG:675KB)

ガス硬化砂を原型に押し詰め、炭酸ガスを注入して固め、青銅器の鋳型を作ります。

画像:炉内の様子
炉内でるつぼを加熱する様子
画像を拡大(JPG:637KB)

高温をおこした炉の中で銅と錫を入れたるつぼを熱して、最古の合金・青銅を作ります。

画像:鋳込みの様子
鋳込みの様子
画像を拡大(JPG:829KB)

溶けた青銅を鋳型に流し込みます。危険な作業ですが、青銅は急速に冷え固まるため、早さと精確さが要求されます。

画像:研磨の様子
研磨の様子
画像を拡大(JPG:727KB)

鋳型から青銅器を外し、バリ取りと初期研磨を済ませてヤスリ等で光沢が出るまで磨き上げます。

参加者(来館者)の皆様へ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、入館前の検温や体調確認等、感染予防対策へのご協力をお願いしております。ご来館前に必ず次のページをご確認いただくとともに、感染予防にご理解・ご協力くださいますようお願いいたします。

ものづくり教室のご案内

開催日時

令和3年7月24日(土曜日)
午前9時~午後4時30分(正午~午後1時の間はお昼休みです)

会場

風土記の丘研修センター・実習室(甲府市下向山町1271)

会場は考古博物館ではありません。会場への経路は地図(GoogleMap)を参考にご来場ください。なお、考古博物館と風土記の丘研修センターを結ぶ曽根丘陵公園内の道路は管理道につき、一般の車両は通行できません。(徒歩での移動は可能です)

対象・定員

16歳以上の方・8名

参加費

6,000円
教材費およびイベント保険料です。参加時にお支払いください。

持ち物・服装

筆記用具、昼食
活動しやすく汚れてもよい服装(エプロン等着用)でご参加ください。

新型コロナウイルスの感染防止のため、必ずマスクをご着用の上、ご参加くださいますようお願いいたします。

お申込み方法

参加には事前にお申込みが必要です。

参加希望者ご本人様より風土記の丘研修センターへお電話、ご来館の上、お申込みください。

令和3年6月24日(木曜日)~7月7日(水曜日)の間、お申込みを承ります。

お申込みが定員を超えた場合、抽選にて参加者を決定させていただきます。なお、抽選結果の通知は、当選者へのご連絡をもって代えさせていただきます。あらかじめご了承ください。(お申込みが定員に満たなかった場合、先着順にて再度募集いたします)

お申込み後、キャンセルまたはご欠席される場合は、お早めにご連絡くださいますようお願いいたします。

お問合せ

風土記の丘研修センター(考古博物館付属施設)

電話:055-266-5286
FAX:055-266-5287

受付時間:午前8時30分~午後5時
休館日:毎週月曜日

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

ものづくり教室の詳細は、風土記の丘研修センター(電話:055-266-5286)までお問い合わせください。

広告スペース

広告掲載について