トップ > 組織から探す > 観光文化部 > 山梨県立考古博物館 > イベント情報 > 令和2年度イベント情報 > チャレンジ博物館第3回「サメの歯の形をした縄文ペンダントづくりにチャレンジ」

更新日:2020年6月7日

ここから本文です。

チャレンジ博物館第3回
「サメの歯の形をした縄文ペンダントづくりにチャレンジ」

参加お申し込みが定員に達しましたので、募集を締め切りました。
お申込みありがとうございました。(令和2年6月7日)

県立考古博物館では月に1回程度、小中学生の親子を対象としたものづくり教室「チャレンジ博物館」を開催しております。

今年度第3回のものづくり教室は、サメの歯の形をした縄文石製ペンダントづくりにチャレンジします。

サメの歯の形をした縄文ペンダントの制作例

画像:サメの歯形ペンダントの制作例1
画像を拡大(JPG:1,582KB)

画像:サメの歯形ペンダントの制作例2
画像を拡大(JPG:1,316KB)

縄文時代の人々はさまざまな装身具(アクセサリー)を身につけていました。首飾り、耳飾り、髪飾り、腕輪…おしゃれなデザインや種類の多彩さは現在の装飾品に負けませんが、アクセサリーの意味や使い方は大きく違っていたようです。

画像:酒呑場遺跡出土・石製品
酒呑場遺跡(北杜市)出土・石製装飾品
重要文化財・当館所蔵

画像:酒呑場遺跡出土・鮫歯状垂飾
今回モデルとするサメの歯の形をした装飾品
(酒呑場遺跡出土・鮫歯状垂飾)

山梨県内の縄文時代の遺跡からも数多くの石で作られた装飾品が見つかっています。北杜市の酒呑場(さけのみば)遺跡からは数々の土器や石器とともに、大珠(たいしゅ)、管玉(くだたま)、玦状耳飾(けつじょうみみかざり)、垂飾(たれかざり)などの石で作られた装飾品が出土しています。

画像:サメの歯形ペンダントの完成例
サメの歯形ペンダントの完成例
画像を拡大(JPG:2,223KB)

今回のものづくり教室では、縄文時代の人々の暮らしや装身具(アクセサリー)について学習していただくとともに、県内の遺跡から出土したサメの歯形の装飾品をモデルとした縄文時代の石製ペンダントづくりを体験していただきます。(作品は安全性を考慮し、鋭利な部分ができないよう形を整えます)

なお、チャレンジ博物館に参加いただいた方には、集めて楽しいスタンプカードを発行しております(令和3年度有効)。スタンプは1回の参加につき1つ押印いたします。スタンプを集めた方には当館特製のオリジナルグッズをプレゼントいたしますので、ぜひ続けてご参加ください。

皆さまのご参加をお待ちしております。

ものづくり教室のご案内

開催日時

令和2年7月5日(日曜日)

午前の部:午前9時30分~午後0時30分
午後の部:午後1時30分~4時30分

新型コロナウイルスの感染防止のため、開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。

会場

風土記の丘研修センター・実習室(甲府市下向山町1271)

会場は考古博物館ではありません。地図(GoogleMap)を参考にご来場ください。なお、考古博物館と風土記の丘研修センターを結ぶ公園内の道路は管理道につき、一般の車両は通行できません(徒歩での通行は可能です)。

対象・定員

午前の部・午後の部ともに、小・中学生の子どもとその保護者・8名(合計16名)

子どものご応募が16名に達した時点で募集を締め切ります。
小学4年生以下の方は保護者の同伴が必要です。小学5年生以上の方は本人のみでの参加が可能です。

新型コロナウイルスの感染防止のため、保護者の方の付き添いは最小限の人数でご参加くださいますようお願いいたします。

参加費

無料

持ち物・服装

エプロン、汚れをぬぐうタオル、筆記用具
活動しやすく、汚れてもよい服装でご参加ください。

新型コロナウイルスの感染拡大のため、必ずマスクを着用してご参加くださいますようお願いいたします。

お申込み方法

参加には事前にお申込みが必要です。

風土記の丘研修センターへお電話、またはご来館の上、お申し込みください。

令和2年6月5日(金曜日)より参加お申込みを承ります。お申込みが定員に達し次第、募集を締め切ります。

お申込みの際に参加ご希望の時間帯(午前の部または午後の部)をお伝えください。ただし、応募状況によってご希望に添えない場合がございます。あらかじめご了承ください。

お申込み後、キャンセルまたはご欠席される場合は、お早めにご連絡くださいますようお願いいたします。

参加者の皆様へのお願い

新型コロナウイルスの感染防止のため、下記についてご留意いただくとともに、ご理解・ご協力下さいますようお願い申し上げます。

  • 入館時の検温、体調チェックシートの記入等にご協力ください。
  • 館内ではこまめな手洗いや手指消毒の徹底してください。
  • 他の参加者の皆様と密集しないよう距離を開けてください。
  • 壁や展示ケースには触れないようお願いします。
  • 下記に該当される方は来館をご遠慮ください。
    • 発熱、風邪症状、味覚障害など体調に不安のある方
      (館内で激しく咳きこまれるなど、風邪の諸症状がある方には、ご退館をお願いする場合がございます
    • マスク非着用の方(2歳未満の方は除く)
    • 新型コロナウイルス感染症患者の濃厚接触者として現在経過観察中の方

参加者の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力くださいますようお願い申し上げます。

お申込み・お問合せ

風土記の丘研修センター(考古博物館付属施設)

甲府市下向山町1271(甲斐風土記の丘・曽根丘陵公園内)

電話:055-266-5286
受付時間:午前8時30分~午後5時

休館日:毎週月曜日

次回のチャレンジ博物館

次回(令和2年度第4回)は「縄文かごづくりにチャレンジ」(令和2年8月2日(日曜日)開催予定)を開催いたします。

参加お申込みは7月2日(木曜日)より承ります。皆さまのお申込みをお待ちしております。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

ものづくり教室の詳細は、風土記の丘研修センター(電話:055-266-5286)までお願いいたします。

広告スペース

広告掲載について