トップ > 組織から探す > 観光部 > 山梨県立考古博物館 > イベント情報 > 令和2年度イベント情報 > チャレンジ博物館第1回「縄文と弥生の土笛づくりにチャレンジ」

更新日:2020年3月23日

ここから本文です。

チャレンジ博物館第1回
「縄文と弥生の土笛づくりにチャレンジ」

県立考古博物館では月に1回程度、小・中学生の親子を対象としたものづくり教室「チャレンジ博物館」を開催しております。令和2年度1回目のものづくり教室は縄文と弥生の土笛づくりにチャレンジします。

画像:縄文の土笛の制作例
縄文の土笛の制作例
画像を拡大(JPG:622KB)

画像:弥生の土笛の制作例
弥生の土笛の制作例
画像の拡大(JPG:761KB)

土笛の歴史は古く、日本では縄文時代から作られていました。縄文時代の土笛は息を吹き込む吹き孔(ふきあな)のみをもつ単純な構造で音色も単調なものが主でしたが、やがて指で押さえて音階を調整する指孔(ゆびあな)がつけられるようになります。今回のものづくり教室では県内外の遺跡から出土した土笛をモデルとして、縄文時代と弥生時代の土笛作りを体験していただきます。

画像:土笛作りの様子1

画像:土笛作りの様子2

画像:土笛作りの様子3

画像:土笛作りの様子4

今回のものづくり教室では、土笛が作られた時代や、土笛の使われ方などについて学習していただくとともに、天然の粘土を材料とした土笛づくりを体験していただきます。縄文時代の土笛と弥生時代の土笛では作り方や形、使い方や音色が異なります。2種類の土笛作りを通して、それぞれの時代の違いを比べてみましょう。

なお、土笛は十分に乾燥させた後、焼成して完成となります。当日はお持ち帰りいただけませんので、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。完成品のお渡しについては、ものづくり教室の当日(4月19日)にご案内いたします。

チャレンジ博物館に参加いただいた方には、集めて楽しいスタンプカードを発行しております(令和3年度有効)。スタンプは1回の参加ごとに1つを押印いたします。スタンプを集めた方には当館特製のオリジナルグッズをプレゼントいたしますので、ぜひ続けてご参加ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

ものづくり教室のご案内

開催日時

令和2年4月19日(日曜日)
午前9時30分~午後0時30分

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、開催日等が変更または中止になる可能性がございます。変更や中止の情報は当館のホームページやSNS等で随時お知らせしてまいりますので、最新の情報をご確認いただくか、風土記の丘研修センターへお問い合わせください。

会場

風土記の丘研修センター・実習室(甲府市下向山町1271)

対象・定員

小・中学生の子どもとその保護者・16名

子どものお申込みが16名に達した時点で募集を締め切ります。
小学4年生以下の方は保護者の同伴が必要です。小学5年生以上の方は本人のみでの参加が可能です。

参加費

無料

持ち物・服装

エプロン、よごれをぬぐうタオル、筆記用具
活動しやすく、汚れてもよい服装でご参加ください。

お申込み方法

参加には事前にお申込みが必要です。

風土記の丘研修センターへお電話、またはご来館の上、お申し込みください。

令和2年3月19日(木曜日)より参加お申込みを承ります。お申込みが定員に達し次第、募集を締め切ります。

お申込み後、キャンセルまたはご欠席される場合は、お早めにご連絡くださいますようお願いいたします。

お申込み・お問合せ

風土記の丘研修センター(甲府市下向山町1271)

電話:055-266-5286

受付時間:午前8時30分~午後5時

休館日:毎週月曜日

次回のチャレンジ博物館

次回(令和2年度第2回)は「土偶の形をした陶製箸置きづくりにチャレンジ」(令和2年6月14日(日曜日)開催予定)を開催いたします。

参加お申し込みは5月14日(木曜日)より承ります。皆様のお申込みをお待ちしております。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について