トップ > 県政情報・統計 > 広報 > 山梨県の広報番組(テレビ・ラジオ) > 山梨県広報番組「YBSやまなしINDEX」番組リスト > やまなしINDEX「カモシカ」平成24年1月13日(金曜日)午前7時15分?7時20分(YBS)

更新日:2012年1月11日

ここから本文です。

やまなしINDEX「カモシカ」平成24年1月13日(金曜日)午前7時15分~7時20分(YBS)

番組概要

 

山梨県のいろいろなウンチクをインデックス形式にしてお届けする「やまなしINDEX」。

今週も耳寄りな情報を張り切ってお伝えします。

 

今回のインデックスは「カモシカ」。

 

 

カモシカは、昭和39年6月に本県の“県の獣”に制定されました。本県では、南アルプス、奥秩父、富士山、三ッ峠などの山岳地帯に生息し、高山のきびしい自然に耐えて生きていることから「忍耐・努力」を表しています。

 

日本では「ニホンカモシカ」を指すことが多く、偶蹄目、ウシ科、カモシカ属に入る日本特産の有蹄類です。ちなみに、「ニホンジカ」は、シカ科に属する動物で、日本、朝鮮半島、中国、台湾、ベトナム、ロシア沿海州に分布しています。

 

雄、雌は、ほとんど同じ大きさで、頭胴長100~120cm、尾長8~12cm、肩の高さ68~78cm、体の色は黒褐色や灰褐色が多いです。住み場所は奥深い山地に限られ、海抜1,100~2,600m付近に多く分布し、1,800~2,000mの亜高山帯で渓谷の急斜面や、やせた尾根などに多い。このため、足は、岩場などで安定して歩けるように短く太く、蹄は広がるようになっています。

 

「カモシカ」という名前は、“かま”すなわち山の険しい所にいる“鹿”というところに由来するとも言われています。

 

「カモシカ」は防寒用の毛皮、装飾用の角などの利用のための乱獲と、森林伐採による住み場所の喪失等によって、その数が激減したため、昭和9年の国の天然記念物への指定を経て、昭和30年2月15日に、特別天然記念物に指定されました。本県では「文化財保護法」により、捕獲は禁止されています。

 

このように保護されてきた「かもしか」ですが、農作物・要齢造林木に対する食害が発生し、特別天然記念物の保護と農林業者の生産活動との調和を図る必要が生じてきたため、環境庁・林野庁および文化庁の3庁合意に基づいて制定された15を超える保護地域のカモシカの生息状況及び生息環境などを「カモシカ保護マニュアル」(平成6年文化庁作成)に基づき、カモシカの維持に必要な個体数の確保と調和を図る対策を講ずるための基礎資料を得るために継続的に調査することとしています。

 

番組では、カモシカや、この調査の状況等を紹介します。

 

  • 山梨県の文化財(県学術文化財課HP)

 

 

YBSラジオ「やまなしINDEXブログも是非ご覧ください!

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 担当:電波広報担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055-223-1338   ファクス番号:055-223-1525

山梨県観光文化部文化振興・文化財課 担当:文化財保護担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1792   ファクス番号:055(223)1793

広告スペース

広告掲載について