トップ > 県政情報・統計 > 広報 > 山梨県の広報番組(テレビ・ラジオ) > 山梨県広報番組「YBSやまなしINDEX」番組リスト > やまなしINDEX「山梨ヌーボー解禁」平成23年11月4日(金曜日)午前7時15分~7時20分(YBS)

更新日:2011年10月29日

ここから本文です。

やまなしINDEX「山梨ヌーボー解禁」平成23年11月4日(金曜日)午前7時15分~7時20分(YBS)

番組概要

 

2011年産の甲州ワインとマスカットベリーAワイン、いわゆる「山梨ヌーボー」の解禁日(一般発売日)は、11月3日

 

今回番組では、解禁直後の「山梨ヌーボー」に合わせて、甲州種とマスカットベリーA種についてのウンチクを紹介します。

 

発酵中の山梨ヌーボー(甲州ワイン)を試飲中

 

ヌーボーワインと解禁日の設定

 

ここ山梨は、今から130年前の明治初期からワイン造りが始まり、現在では80余りのワイナリーが集中する我が国を代表するワイン産地。

ここでは、様々なブドウ品種からバラエティに富んだワイン醸造が行われていますが、各品種により収穫期が異なるため、「新酒」となると、出来る時期も異なってきます。

たとえば、デラウエアは7月下旬から9月上旬にかけて収穫されるので、今年も9月中・下旬には新酒が登場しています。

 

これら様々なブドウ品種のうち、我が国が世界に誇る日本固有の品種である甲州種とマスカットベリーAで造られた新酒ワインについて、山梨県ワイン酒造組合で「山梨ヌーボー」と命名、2008年から解禁日を毎年11月3日と設定しています。

 

さて、新酒ワインの解禁日というと、11月の第3木曜、フランスのボジョレー・ヌーボーが有名でしょうか。

このボジョレー・ヌーボーの解禁は、1960年代半ばに英国人たちが遊び半分で、誰が早く運び込むかというゲームを始めたことがきっかけという説があります。

 

その一方で、ボジョレー・ヌーボーに解禁日が設けられた理由として、各メーカーがどこよりも早くヌーボーを出荷し、売り上げを伸ばそうと競い合っていたものが、だんだんエスカレートし、ついにはワインとして十分完成していないにもかかわらず、市場に出回るようになってしまったためでありました。

 

しかし本来、ヌーボーワインは、秋の収穫を喜び祝うワイン祭りで捧げられ、饗されたもの。

皆さんにも今年、収穫を喜び、感謝し、祝うワインとして、ヌーボーをぜひ多くの方に楽しんでいただきたいものです。

 

MadeinJapanの甲州種とマスカットベリーA種

さて国産ワインにおけるヌーボー「山梨ヌーボー」の解禁日、11月3日。解禁日規制(業界自主規制)がある国産ワインは、甲州種とマスカットベリーA種のみ。

 

甲州種は、古い山梨の地名を品種名として持ち、現在もなお、栽培・醸造数量的にも日本の白ワインを代表するブドウです。日本に渡来して1200年以上とも、また、800年以上も昔から栽培されているとも言われています。

 

一方、マスカットベリーAは、川上善兵衛が1927年(昭和2年)に交配し、1931年に(昭和6年)に結実した品種で、現在、赤ワイン用品種の生産量において国内第1位を占める日本生まれの主力原料ブドウ。

マスカットベリーAから作られるワインは、キャンディのような甘くて華やかな香りがグラスから立ち上る特徴を持っています。

 

なお、川上善兵衛は、交配品種マスカットベリー「B」も作ったのですが、マスカットベリーBは、マスカットベリーAほどの活躍の場が与えられず、先般、人為的に絶たれてしまったとのことです。

 

山梨ヌーボー2種、甲州種から作られるものは、爽やかな柑橘系の香り、マスカットベリーAは、甘い香りを持つ、共にフレッシュでフルーティーな香味に特徴があり、和食をはじめ洋食、中華と様々な料理と共に楽しめるワインとして、お酒の初心者から飲み慣れた方まで、幅広く支持されています。

 

 

おいしい山梨ヌーボーのためにはワイナリーの日々のチェックが欠かせません村松アナウンサーの目の前で瓶詰めされていく今年の山梨ヌーボー

 

イベントのご紹介

 

山梨県内では11月5日(土曜日)、6日(日曜日)に、「ワインツーリズム2011」が、11月19日(土曜日)、20日(日曜日)には、小瀬スポーツ公園で「山梨ヌーボーまつり」が行われます。

まさに解禁直後の今年の山梨ヌーボーを、皆さんも大いに味わってみませんか?

 

 ワインツーリズム2011

 

「ワインを味わうことは、その原料となるぶどうを育んだ土地の自然・人間・文化を全身で味わうこと」というコンセプトでワイナリーを巡り、つくり手と触れ合い、彼らのつくるワインを味わう、また、そのワインが生まれた土地を散策しながら食や文化を楽しむ旅「ワインツーリズム2011」が11月5日(土曜日)、6日(日曜日)に開催されます。

 

  • 11月5日(土曜日)「勝沼・塩山・一宮」

始発:8:45(JR勝沼ぶどう郷駅or塩山駅)~終発:17:00(勝沼ぶどう郷駅)

当日インフォメーション:JR勝沼ぶどう郷駅前、勝沼エリア勝沼会場、JR塩山駅南口

勝沼循環バスルート、塩山循環バスルート、一宮循環バスルートを使って散策できます

 

  • 11月6日(日曜日)「甲府・石和・御坂・八代」

始発:9:00(JR甲府駅北口)~終発:16:15(甲府駅北口)

当日インフォメーション:JR甲府駅北口、JR石和温泉駅前

甲府循環バスルート、石和御坂八代循環バスルートを使って散策できます

 

詳しくは(ワインツーリズム2011サイトにジャンプします)

 

 山梨ヌーボーまつり

 

解禁日の11月3日に東京日比谷公園で行われるイベントを皮切りに、19日、20日には甲府市の小瀬スポーツ公園で開催される県民の日記念行事で、県内36ワイナリー、60銘柄以上の新酒ワインの試飲・販売が行われます。

秋の紅葉が美しく見ごろとなるこの季節、各所で開催される山梨ヌーボー祭りに参加いただき、お好みのワインを見つけてみませんか?

 

  • 11月3日(木・祝)「東京・日比谷公園」

10時30分-15時00分(最終受付14時00分)

 

  • 11月3日~8日(火曜日)「大阪・梅田・阪神百貨店」

10時00分-20時00分

 

  • 11月19日(土曜日)、20日(日曜日)「甲府・小瀬スポーツ公園」

10時00分-15時30分(最終受付15時00分)

 

詳しくはこちら山梨ヌーボーまつり2011サイトにジャンプします)

 

 

 

今年の収穫を喜び、感謝し、祝うワインとして多くのみなさんに味わっていただきたい「山梨ヌーボー」。

今回もラジオをお聴きの上、ぜひ解禁にあわせて「山梨ヌーボー」を楽しんでいきたいと思います。

 

YBSラジオ「やまなしINDEXブログも是非ご覧ください!

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 担当:電波広報担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1338   ファクス番号:055(223)1525

広告スペース

広告掲載について