トップ > 県政情報・統計 > 広報 > 山梨県の広報番組(テレビ・ラジオ) > 山梨県広報番組「YBSやまなしINDEX」番組リスト > やまなしINDEX「清里」平成23年10月14日(金曜日)午前7時15分~7時20分(YBS)

更新日:2011年10月11日

ここから本文です。

やまなしINDEX「清里」平成23年10月14日(金曜日)午前7時15分~7時20分(YBS)

番組概要

 

この番組では、「インデックス」=「見出し」をキーワードに、山梨の話題を紐解いていきます。

放送は、毎週金曜日午前7時15分からと、土曜日午前8時20分からの2回です。

 

今週のINDEXは、「清里(きよさと)」

八ヶ岳の南麓に位置する、北杜市の清里。

本格的な秋を迎え、木々の紅葉も日に日に濃くなるこの時期、多くの観光客が訪れます。

 

清里-6

 

しかし、県内有数の観光地として人気の清里も、数十年前は一面クマザサと松に覆われた原野で、冬の寒さも厳しかったため、「山梨の北海道」と呼ばれるほどでした。

 

清里-3

 

この清里に、昭和13年、小河内ダム(現在の奥多摩湖)建設のため移転を余儀なくされた、丹波山村、小菅村そして東京市の人々が開拓のため入植しました。

クマザサを取り除くことから始まった開拓は、過酷を極め、住居も「それはそれは粗末なもの」でした。

冬の朝には、「布団に霜が降りるほど」だったそうですから、生活環境の厳しさは想像を絶します。

 

清里-5

 

この開拓に、献身的に尽くしたのが、当時八ヶ岳開墾事務所長だった安池興男氏です。

安池氏は、農業指導はもちろんのこと、私財を投じて肥料や種を取り寄せ開拓民に提供し、また、子供たちのため、分教場(小学校)の建設にも大変尽力しました。

清里では安池氏の功績は今でも語り継がれており、安池氏と開拓民との絆の証ともいえる“ある建物”が清里の八ヶ岳地区にあります。

さて、ある建物とは一体・・・。

 

清里-2

 

涙なくては語れない、清里の開拓物語、是非お聴きください。

 

清里-1清里-4

 

YBSラジオ「やまなしINDEXブログも是非ご覧ください!

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 担当:電波広報担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1338   ファクス番号:055(223)1525

広告スペース

広告掲載について