トップ > 県政情報・統計 > 広報 > 山梨県の広報番組(テレビ・ラジオ) > 山梨県広報番組「YBSやまなしINDEX」番組リスト > やまなしINDEX「遊亀公園」平成23年9月23日(金曜日)午前7時15分~7時20分(YBS)

更新日:2011年9月18日

ここから本文です。

やまなしINDEX「遊亀公園」平成23年9月23日(金曜日)午前7時15分~7時20分(YBS)

番組概要

この番組では、「インデックス」=「見出し」をキーワードに、山梨の話題を紐解いていきます。

放送は、毎週金曜日午前7時15分からと、土曜日午前8時20分からの2回です。

 

今週のINDEXは、「遊亀公園」

 

甲府市太田町にある遊亀公園内にある附属動物園は、開園が日本で10番目(現存する動物園で4番目)という伝統ある動物園で50種300点の動物を展示しています。

9月第4週が動物愛護週間ということもあり、今回番組では、遊亀公園と附属動物園について紹介します。

 

遊亀公園入口遊亀公園中央の池には噴水が

番組ではこの動物の動きに注目しました機敏な動きのサル

 

遊亀公園と附属動物園

 

遊亀公園は、もともと、時宗「一蓮寺」の旧境内地。

1874年(明治7年)に、境内敷地の一部が県へ移管されて公園となり、甲府城跡、鶴が舞う北の「舞鶴城公園」に対して、亀が遊ぶ南の「遊亀公園」と命名されたといいます。

 

遊亀公園附属動物園は「亀」がお出迎え

 

1917年(大正6年)に甲府市へ移管され、1919年(大正8年)には公園内に附属動物園が開園しました。

この遊亀公園を設計したのは、東京の日比谷公園や明治神宮などの設計に携わった林学者、本多静六と伝えられています。

 

さて、この遊亀公園内にある動物園「甲府市遊亀公園附属動物園」は、1919年(大正8年)に開業。これは、現存する動物園で恩賜上野動物園(東京都)、京都市動物園(京都府)、大阪市天王寺動植物公園(大阪府)に次ぐもの。

甲府市のほぼ中心にあり、甲府駅からバスで約15分、敷地面積約14,000平方メートルと国内では比較的小規模に分類される動物園です。

 

さて、この動物園は、1945年(昭和20年)7月の甲府空襲で被害を受けましたが、終戦後、私設動物園として復興、1952年(昭和27年)に市営として再開します。

 

1985年(昭和60年)には、甲府市の姉妹都市である、中国・四川省の成都市からレッサーパンダ2匹の寄贈を受けており、翌1986年(昭和61年)には、お返しとして、甲府市から成都市へフラミンゴ10羽を寄贈するなど、動物による友好交流も続いています。

 

遊亀公園のアイドル!レッサーパンダ

 

注目の動物など

 

さてこの遊亀公園附属動物園、比較的小規模ですが、動物を近くで観察し、気軽に楽しめるタイプの動物園です。

ゾウやライオン、ペンギンなど著名な動物の他、同園には、いくつか興味深い動物も飼育展示されています。

 

遊亀公園のアジアゾウ団体行動のペンギン

 

 

例えば、霊長目最小のマーモセット属のサルは、150グラムから大きい種類でもおよそ700グラム。

これだけ小さいと太い樹を掴むのは大変なので、爪は「かぎ爪」になっていて、幹に爪をひっかけて掴まっています。

 

また、暑い場所に生息するアフリカタテガミヤマアラシと、寒い場所に生息するカナダヤマアラシが同じ動物園にいます。

外見が似ているヤマアラシでも生活の場所が異なる(地面と樹上)など違いがみられ、面白いですよ。ぜひ比較して観察してみませんか?

 

ヤマアラシはお昼寝中

 

開園時間

4~10月は、9時00分~17時00分(入園は16時30分まで)

11~3月は、9時30分~16時30分(入園は16時00分まで)

 

休園日毎週月曜日(ただし月曜日が祝日、振替休日の場合は翌火曜日)

 

暑いのでアザラシもずっと水の中泳ぐペンギン

 

空襲により全焼した遊亀公園と附属動物園。戦後、友好都市との動物交流が行われるなど復興を遂げました。

これからも、動物と平和にふれ合える状況を長く続けていきたいものですね。

 

身近な動物園の有難さが分かりました!by村松アナウンサー

 

今回もラジオをお聴きください。また、YBSラジオ「やまなしINDEXブログも是非ご覧ください!

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 担当:電波広報担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1338   ファクス番号:055(223)1525

広告スペース

広告掲載について