トップ > 県政情報・統計 > 広報 > 山梨県の広報番組(テレビ・ラジオ) > 山梨県広報番組「YBSやまなしINDEX」番組リスト > やまなしINDEX「奈良田」平成23年9月2日(金曜日)午前7時15分?7時20分(YBS)

更新日:2011年9月2日

ここから本文です。

やまなしINDEX「奈良田」平成23年9月2日(金曜日)午前7時15分~7時20分(YBS)

番組概要

この番組では、「インデックス」=「見出し」をキーワードに、山梨の話題を紐解いていきます。

放送は、毎週金曜日午前7時15分からと、土曜日午前8時20分からの2回です。

 

今週のINDEXは、「奈良田」

 

南巨摩郡の西端部、富士川の支流早川および早川の支流雨畑川流域に広がる早川町。面積は369.86Km2、県内では、北杜市に次ぎ2番目に広く、その95%以上が山林です。

この早川町の北端にあるのが「奈良田」地区。

ここ奈良田には、「奈良田の里温泉」、南アルプス山岳写真「白籏史朗記念館」、文化財所蔵「早川町歴史民俗資料館」の複合施設である奈良田の里があります。

「奈良田」という地名ですが、奈良時代、病気がちであった女帝・孝謙天皇(718~770年)が退位した758年にこの地を訪れ、20日間湯治して病は治ったと言われています。

治癒後、この地をこよなく愛され、8年間、宮殿を建て御遷居されたが、この折りに「ここも奈良だ」と言われたことから、「奈良田」という地名が生まれたと言われています。

 

奈良田の南に隣接する「湯島(ゆしま)」地区には、西山温泉があります。その中には、今年2月、「世界で一番古いホテル・旅館」として、「ギネス・ワールド・レコーズ」に認定された旅館があります。なんと歴史は1300年前の飛鳥時代までさかのぼるそうです。

 

さらに南に隣接する「新倉(あらくら)」地区には、2001年に「新倉の糸魚川-静岡構造線」として国の天然記念物に指定された「糸魚川-静岡構造線」の逆断層の露頭があります。2007年には「糸魚川-静岡構造線(早川)」として早川のこの断層線が日本の地質百選に選ばれています。

糸魚川-静岡構造線は、新潟県糸魚川市の親不知(おやしらず)から諏訪湖、既述の奈良田・湯島・新倉を通り、静岡市の阿部川に至ります。構造線とは、その線を境に地質が大きく異なる断層のことをいいます。

断層は、地下の地層あるいは岩盤の亀裂や“ずれ”です。プレートの動きによりこの断層がずれることで直下型地震が発生します。活動周期は数千年単位とされています。

近い時代まで地殻運動を繰り返してきて、今後も活動する可能性のある断層を「活断層」といいますが、「糸魚川-静岡構造線」もこのひとつです。

本県のその他の主な活断層として釜無川断層、下円井断層などがありますが、本年3月の東日本大震災の影響により、周期に関係なく直下型地震が発生しやすい状況にあるといいます。

 

本年3月11日に発生した東日本大震災やそれ以降発生している多くの地震により、災害の恐ろしさと発災時の連携の必要性を再認識させられたところです。

本県は、東海地震などによる被害の可能性が高い地域であること、また、既述のように直下型地震の発生の可能性もあることから、多くの県民が訓練に参加し、災害に対する日頃からの心がけや備えが必要です。

 

やまなし防災ポータル「自主防災の手引き」(県HP)

 

防災訓練については、各市町村にお問い合わせください。

 

 

 

YBSラジオ「やまなしINDEXブログも是非ご覧ください!

 

 

山梨県からのお知らせ~やまなし節電県民運動~

 

県では「やまなし節電県民運動」を展開しています。

県民の皆様には、ご理解とご協力をお願いします。

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 担当:電波広報担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1338   ファクス番号:055(223)1525

山梨県防災局消防保安課 担当:防災対策担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1432   ファクス番号:055(223)1429

早川町役場
〒409-2732
山梨県南巨摩郡早川町高住758
TEL:0556-45-2511 FAX:0556-20-5000

広告スペース

広告掲載について