トップ > 県政情報・統計 > 広報 > 山梨県の広報番組(テレビ・ラジオ) > 山梨県広報番組「YBSやまなしINDEX」番組リスト > やまなしINDEX「はやて」平成23年7月22日(金曜日)7時15分-7時20分(YBSラジオ)

更新日:2011年7月22日

ここから本文です。

やまなしINDEX「はやて」平成23年7月22日(金曜日)7時15分-7時20分(YBSラジオ)

番組概要

この番組では、「インデックス」=「見出し」をキーワードに、山梨の話題を紐解いていきます。

放送は、毎週金曜日午前7時15分からと、土曜日午前8時20分からの2回です。

 

今週のINDEXは、「はやて

 

山梨県警察本部のヘリコプター「はやて」。

昭和58年7月の運行開始以来、山岳救助活動、水難救助活動、急病人の搬送、事件・事故の現場での被疑者の発見や状況の把握のほか、大規模な災害警備や警衛、日々のパトロールなど、県民の安全ため活動を行なってきています。

当県は、古代より多くの災害に悩まされてきましたが、こうした災害の救助活動にあたって、また、事件・事故への対応については迅速な行動が要求されます。

このことから「はやて」は、甲斐の戦国大名“武田信玄”の軍旗の頭に示された『疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山』の句の中の「はやて(疾風)」から名をとり、その行動の素早さで県民の期待に応えることとしました。

その最大速度は、243km/h、航空隊基地(市川三郷町)から県境まで約20分で到着します。甲府市街上空には、地上のパトカーよりも速く現場に到着することもあるそうです。

航続距離は783Kmで、本県から岡山県まで飛ぶことが出来ます。

パイロット2名を含めた搭乗人員は15名。全長17.1m、全高4.6m、全幅2.8mという大きな機体に、救助の際には3名分の患者輸送用の担架を装備することができます。

ヘリコプターテレビシステムにより、事件事故への監視強化が図られているほか、機外スピーカーにより遭難者への呼びかけなども行なわれます。

 

「はやて」の活動は県外にも及び、昭和60年、多くの犠牲者が出た日航機墜落事故に際し、群馬県御巣鷹山に救助支援を行なった外、平成10年、アジアで初めて開催され天皇陛下が行幸啓された「長野県冬期パラリンピック」の警衛警備支援、平成12年の沖縄県で開催された「第26回主要国首脳会議(九州・沖縄サミット)での警備支援も行なってきました。

更に、本年3月には、「東日本大震災」への救助支援のため被災地へ向い、医薬品などの緊急物資の輸送や、捜索、津波への注意を促すため海岸沿いでの広報を行ないました。

ちなみに、この「はやて」は現在2代目、平成16年に初代機体から更新されています。

 

 

現在、夏の行楽シーズンです!

しかし、夏の暑さや行楽による疲れ、不慣れな道や渋滞時の運転、休暇による開放感からの速度超過や飲酒運転等、ちょっとした不注意から重大事故へと繋がってしまう危険性が非常に高い時期です。県内の本年7月の交通事故件数は301件、去年同時期に比べ22件増加しています(H23年7月20日現在)。

このことから、当県では7月21日から8月20日まで「夏の交通事故防止県民運動」を実施しています。

 

交通事故は、当事者はもちろん、周囲の多くの人をも悲しませ、ただ一時のみならず、長き将来に渡って、悲惨な傷跡を残してしまいます。

「はやて」は、県民そして県内に訪れる皆様の命を交通事故から守るために、日夜、そして今も、空から監視してくれています。

しかし、皆様も悲惨な交通事故を未然に防ぐため、早めの休憩や計画的なドライブ等、ドライバー自身と周囲の人とで、工夫し、配慮をしあい、思いやり運転に努めてください。

 

 

 

山梨県からのお知らせ~やまなし節電県民運動~

 

県では「やまなし節電県民運動」を展開しています。

県民の皆様には、ご理解とご協力をお願いします。

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 担当:電波広報担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1338   ファクス番号:055(223)1525

山梨県警察本部地域課 
住所:〒400-8586 甲府市丸の内1-6-1

山梨県リニア交通局交通政策課 担当:交通安全担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1353   ファクス番号:055(223)1335

広告スペース

広告掲載について