トップ > 県政情報・統計 > 広報 > 山梨県の広報番組(テレビ・ラジオ) > やまなしINDEX 「富士山ナンバー」 平成22年5月21日(金曜日)7時15分-7時20分(YBSラジオ)

更新日:2010年5月19日

ここから本文です。

やまなしINDEX 「富士山ナンバー」 平成22年5月21日(金曜日)午前7時15分~7時20分(YBS)

番組概要

 この番組では、「インデックス」=「見出し」をキーワードに、山梨の話題を紐解いていきます。

放送は、毎週金曜日午前7時15分からと、土曜日午前8時20分からの2回、お送りしています。

 

 今回のインデックスは、「富士山ナンバー」

  

富士山の標高にちなんだ富士山ナンバー

富士山ナンバー

自動車は、私たち県民にとっては欠かせない生活の足。2010年2月末時点の山梨運輸支局 登録自動車数はおよそ73万台、保有率では、群馬、長野に次いで全国3位です。

 

そして、その車についている「ナンバープレート」。ナンバープレートには、登録された運輸支局、または自動車検査登録事務所を示す1~4文字の地名が表示されています。

2006年に「ご当地ナンバー」が導入されて表示地名が増え、現在は全国で106種類もあるんです。

 

山梨県には、2008年に「富士山ナンバー」が登場しました。本県でこの「富士山ナンバー」が交付される対象地域は、富士吉田市、西桂町、忍野村、山中湖村、鳴沢村、富士河口湖町、道志村。静岡県では、富士宮市や御殿場市などが対象となっています。

山梨と静岡、2つの県にまたがって同じナンバー交付されるというのは「富士山ナンバー」だけなんです。

 

ナンバープレートと私たちの生活

ところで「ナンバープレート」は、生活にどう関わっているかご存じですか?

 

山梨県では「山梨」・「富士山」ナンバーとなっている「ナンバープレート」。この表示のある(運輸支局に登録された自動車の)県で自動車税が課税されます。他県に住んでいた人が、車の登録替え(住所変更)をせずに、他県ナンバーのまま乗っていると、納付した自動車税が、山梨県のためには使われません。 

自動車税は、毎年4月1日午前0時の時点で、運輸支局に登録されている、軽自動車を除く自動車の所有者や使用者等に対して課税され、送付される納税通知書によって、5月31日までに納めることになっています。

 

他県に住んでいた人が、車の住所変更をせずに、他県ナンバーのまま乗っていると、納付した自動車税が、山梨県のためには使われませんので、ぜひ車の住所変更をしていただきたいと思います。

 

山梨県では、県税のうち、およそ18%、130億円ほどが自動車税からの税収で、福祉や教育のほか、皆さんの生活に関わるあらゆる場所で活用されています。

 

期限内に収めないと、延滞料も発生します。

現在はコンビニエンスストアでの納税ができるので大変便利になっています。ぜひ早めの納税をお願いします!

  

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総合政策部広聴広報課 担当:電波広報担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1338   ファクス番号:055(223)1525

山梨県総務部総合県税事務所 
住所:〒406-8601 笛吹市石和町広瀬785
電話番号:055(261)9111   ファクス番号:055(261)9127

広告スペース

広告掲載について