トップ > 県政情報・統計 > 広報 > 山梨県の広報番組(テレビ・ラジオ) > 山梨県広報番組「YBSやまなしINDEX」番組リスト > やまなしINDEX 「甘草屋敷」 平成23年3月4日(金曜日)7時15分-7時20分(YBSラジオ)

更新日:2011年2月28日

ここから本文です。

やまなしINDEX 「甘草屋敷」 平成23年3月4日(金曜日)午前7時15分~7時20分(YBS)

この番組では、「インデックス」=「見出し」をキーワードに、山梨の話題を紐解いていきます。

放送は、毎週金曜日午前7時15分からと、土曜日午前8時20分からの2回、お送りしています。 

  

今回のINDEXは、 「甘草屋敷(かんぞうやしき) 

番組概要   

 

JR塩山駅北口にある大きな木造民家、甘草屋敷(旧・高野家住宅)。

今回番組では、甲州市にあるこの甘草屋敷の由来を紹介するとともに、同地で開催されている「ひな飾りと桃の花まつり」の見どころなどをお伝えします。

 

甘草屋敷こと旧高野家住宅 甘草屋敷の中は、ひな人形で埋め尽くされています!

なぜ「甘草」屋敷?

今回のINDEX「甘草屋敷」。

甘草は、ショ糖の140~150倍の甘みを持つことから、甘味料・調味料として使われる一方、主成分グリチルリチンが練り歯磨きほか薬用としても広く用いられるなど、重要な生薬の一つに挙げられます。

 

「甘草屋敷」こと「旧・高野家住宅」は、JR塩山駅北口にある大きな木造民家で重要文化財にも指定されています。

「甲州甘草文書」(県指定文化財)によると、徳川8代将軍、吉宗時代の享保5年(1720年)、幕府お抱えの医師「幕医」 で「採薬使」の丹羽正伯が、高野家の屋敷内にあった甘草を見分し「幕府御用」として認め、栽培・管理を申し渡すと同時に、甘草園を年貢諸役免除にしたといいます。

 

この背景には、江戸時代に入って大量の薬や砂糖などを我が国に輸入、その代金として莫大な額の金銀が海外に流出するようになったことが関わっています。

このため金銀流出を憂慮した将軍・吉宗は、国内で供給可能な体制を整えようと、いくつかの産業政策を推し進めます。その政策の一つに「採薬師の派遣」がありました。

これは、国内で栽培・生産できる薬などの探索・採取を目的として、各地へ採薬使を派遣するとともに、地元の人々に薬がどのように役立つかを教えたものです。

 

山梨県では、前述の通り、丹羽正伯が高野家の屋敷内にあった甘草を見分し「幕府御用」として認めたということなのです。興味深いですね。

 

ひな飾りと桃の花まつり

この甲州市塩山「甘草屋敷」をメイン会場とするのが、現在開催中の「甲州市えんざん桃源郷・ひな飾りと桃の花まつり」。

4月18日(月曜日)まで、甲州市塩山の「甘草屋敷」や「恵林寺・武田信玄公宝物館」の各会場で開催されます(有料)。

 

つるし飾りとひな人形 享保雛など珍しいお雛様も!

メイン会場の甘草屋敷に集められたひな飾りは、約700にも及びます。

江戸・明治・大正・昭和各時代のひな人形を、オリジナルのつるし飾りとともに展示しています。

 

塩山オリジナルの和紙「つるし飾り」、祭り期間中の毎週土曜日に、甘草屋敷内・つるし飾りづくり体験教室(有料)で、自分だけのオリジナル飾りを作ることができます。

  

今回もラジオをチェックの上、ぜひ足をお運びください。

  

  

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 担当:電波広報担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1338   ファクス番号:055(223)1525

広告スペース

広告掲載について