トップ > 認知症に関するアンケート調査

ここから本文です。

認知症に関するアンケート調査

認知症に関する県民の意識を把握し、今後の施策の参考とするため、アンケート調査を実施します。

ご多忙のところ誠に恐縮ですが、皆様のご意見をお聞かせくださいますようお願いします。

 

なお、アンケートにご協力いただいた方には年度末に粗品をお送りいたします。

 

令和2年5月

山梨県福祉保健部

健康長寿推進課 認知症・地域支援担当

住所:〒400-8501甲府市丸の内1-6-1

電話:055-223-1450

Fax:055-223-1469

 

【アンケートの注意点】

1.アンケートに回答しましたら、ページの下にある「送信確認」のボタンを押してください。回答内容が表示されます。

2.回答を訂正する場合は、「入力画面に戻る」ボタンを押して前の画面に戻って訂正してください。

3.訂正がない場合は、「送信する」ボタンを押してください。「入力内容を送信致しました。ありがとうございました。」のメッセージが表示されます。

4.終了しましたら、ブラウザの「×」ボタンで画面を閉じてください。

 

ご不明な点がありましたら、お手数ですが広聴広報グループ ホームページ・報道へご連絡ください。

電話:055-223-1337

Fax:055-223-1525

 

問1 あなたの性別を教えて下さい。(必須)
選択肢    
問2 あなたの年代を教えて下さい。(必須)
選択肢              
問3 住んでいる「市町村」を教えてください。(必須)
選択肢




 
問4 あなたの職業を教えて下さい。(必須)
選択肢





問5 あなたは今までに認知症※の人と接したことがありますか。(必須)
※『認知症』とは
認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたために、さまざまな障害が起こり、一定期間継続して生活上の支障が出ている状況を指します。
2018年には認知症の人の数は推計で500万人(全国ベース)を超え、65歳以上の高齢者の約7人に1人が認知症と見込まれています。
選択肢    
問6 問5で1(ある)を選択された方は、該当するものを次の中から選んでください(複数回答可)。
選択肢






 
問7 あなたは認知症サポーター※を知っていますか。(必須)
※『認知症サポーター』とは
認知症に関する正しい知識と理解をもち、地域や職域で認知症の人や家族に対してできる範囲で手助けをする人のこと(認知症サポーター養成講座の受講者)。
選択肢    
問9 認知症への理解を促進するため、有効と思われる広報の方法を選択してください(複数回答可)
選択肢                
問10 あなたは認知症に対してどのようなイメージを持っていますか。あなたが思う最も近いものを1つだけ選択してください。(必須)
選択肢






問11  もし、あなたが認知症になったとしたら、どのように暮らしたいと思いますか。あなたが思う最も近いものを1つだけ選択してください。(必須)
選択肢






問12 もし、あなたご自身が認知症になったとしたら、どのようなことに不安を感じると思いますか。特に不安と感じるものを次の中から選んでください(複数選択可)(必須)
選択肢














問13 もし、あなたのご家族が認知症になったとしたら、あなたはどのようなことに不安を感じると思いますか。特に不安と感じるものを次の中から選んでください(複数選択可)。(必須)
選択肢














問14 認知症に関する相談窓口として、あなたが知っているものを選択してください(複数選択可)(必須)
選択肢







問15 最後に、あなたは『成年後見制度』について、どのようなことを知っていますか(複数選択可)。(必須)
選択肢






アンケートは以上です。ご協力ありがとうございました。
選択肢  

  

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 担当:広聴担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1336   ファクス番号:055(223)1525