トップ > やまなしの地域福祉に関するアンケート調査

ここから本文です。

やまなしの地域福祉に関するアンケート調査

県では、「山梨県地域福祉支援計画」や「山梨県認知症対策推進計画」、「やまなし子どもの貧困対策推進計画」などに基づき、高齢者や障害者、児童などを含めた地域福祉に関する施策に取り組んでいます。

今回、県民の皆さまから地域福祉に関する御意見などをお聞きし、計画の改定や新たな取り組みの検討などのための基礎資料として活用させていただくことを目的に「やまなしの地域福祉に関するアンケート調査」を実施します。

御多忙のところ恐縮ですが、本アンケートに御協力いただき、皆様の御意見をお聞かせくださいますようお願いします。

なお、アンケートにご協力いただいた方には年度末に粗品をお送りいたします。

 

令和元年5月

山梨県福祉保健部

福祉保健総務課 福祉企画・生活保護担当

住所:〒400-8501甲府市丸の内1-6-1

電話:055-223-1443

Fax:055-223-1447

e-mail:hokensom@pref.yamanashi.lg.jp

 

【アンケートの注意点】

1.アンケートに回答しましたら、ページの下にある「送信確認」のボタンを押してください。回答内容が表示されます。

2.回答を訂正する場合は、「入力画面に戻る」ボタンを押して前の画面に戻って訂正してください。

3.訂正がない場合は、「送信する」ボタンを押してください。「入力内容を送信致しました。ありがとうございました。」のメッセージが表示されます。

4.終了しましたら、ブラウザの「×」ボタンで画面を閉じてください。

 

ご不明な点がありましたら、お手数ですが広聴広報課・広聴担当へご連絡ください。

電話:055-223-1336

Fax:055-223-1525

 

F1 あなたの性別を教えてください。(必須)
選択肢    
F2 あなたの年齢を教えてください。(必須)
選択肢





 
F3 あなたの職業を教えてください。(必須)
選択肢






 
F4 居住地域を教えてください。(必須)
選択肢




 
F5 あなたの家族構成を教えてください。(必須)
選択肢




 
問1 ここからは地域福祉について伺います。現在の近所づきあいはどの程度ありますか。(1つ選択)
選択肢



 
問2 問1で「4 あまり付き合っていない」及び「5 全く付き合っていない」を選んだ方にお聞きします。その理由は何ですか。当てはまるものを3つまで選択してください。(複数回答可)
選択肢







 
問3 望ましい近所づきあいはどの程度ですか。(1つ選択)
選択肢




 
問4 地域活動や地域の行事に参加していますか。(1つ選択)
選択肢
 
問5 問4で「2 していない」を選んだ方にお聞きします。その理由は何ですか。当てはまるものを3つまで選択してください。(複数回答可)
選択肢





 
問6 ボランティアに参加していますか。(1つ選択)
選択肢

 
問7  問6で「3 参加していないし、今後も参加しない」を選んだ方にお聞きします。その理由は何ですか。当てはまるものを3つまで選択してください。(複数回答可)
選択肢







 
問8-1 隣近所で困っている人がいる場合、あなたが手助けできることは何ですか。(複数回答可)
選択肢










 
問8-2 あなたが隣近所の人に手助けして欲しいことは何ですか。(複数回答可)
選択肢










 
問9 地域福祉に関する次の制度等を知っていますか。知っているものすべて選択してください。(複数回答可)
選択肢






 
問10  県内に、次の相談窓口があることを知っていますか。知っているものすべて選択してください。(複数回答可)
選択肢






 
「福祉や介護の仕事」と聞いて、どのように思いますか。次の問11-1から11-8まで、それぞれ当てはまるものを1つずつ選択してください。
選択肢  
問11-1 やりがいがある
選択肢          
問11-2 職場の雰囲気がいい
選択肢          
問11-3 社会的な評価が高い
選択肢          
問11-4 就職先に困らない
選択肢          
問11-5 給料の条件がよい
選択肢          
問11-6 資格や専門性が活かせる
選択肢          
問11-7 勤務時間や休みの条件がよい
選択肢          
問11-8 将来性がある
選択肢          
問12 福祉に関する情報をどのように入手していますか。当てはまるもの3つまで選択してください。(複数回答可)
選択肢









 
問13 地域での暮らしをより良いものにするために、どのようなことが必要だと思いますか。必要だと思うものを3つまで選択してください。(複数回答可)
選択肢








 
問14 ここからは、認知症について伺います。あなたは『認知症』について、どの程度知っていますか。(1つ選択)
選択肢



 
問15 あなたのご家族など、現在身近に認知症の方はいますか。当てはまるものをすべて選択してください。(複数選択可)
選択肢



 
問16 認知症について不安に感じることは何ですか。当てはまるものをすべて選択してください。(複数選択可)
選択肢




 
問17 身近な方(家族等)に認知症の疑いがあるとき、どこに相談しますか。当てはまるものをすべて選択してください。(複数選択可)
選択肢




 
問18 認知症について知りたい情報は何ですか。当てはまるものをすべて選択してください。(複数選択可)
選択肢




 
問19 認知症対策を進めるうえで、今後、充実して欲しいものは何ですか。当てはまるものをすべて選択してください。(複数選択可)
選択肢




 
問20 あなたは『若年性認知症』(65歳未満で発症する認知症)について、どの程度知っていますか。(1つ選択)
選択肢



 
問21 あなたのご家族など、現在身近に若年性認知症の方はいますか。当てはまるものをすべて選択してください。(複数選択可)
選択肢



 
問22 若年性認知症対策に関して、今後、充実して欲しいものは何ですか。当てはまるものをすべて選択してください。(複数選択可)
選択肢




 
問23 子どもの貧困という言葉を聞いたことがありますか。(1つ選択)
選択肢    
問24 子どもの貧困について、どのようなイメージを持っていますか。(1つ選択)
選択肢





 
問25 県が「やまなし子どもの貧困対策推進計画」を策定していることを知っていますか。(1つ選択)
選択肢    
問26 県は「教育の支援」「生活の支援」「保護者に対する就労の支援」「経済的支援」を4つの柱に子どもの貧困対策を進めていますが、どのように思われますか(1つ選択)
選択肢




 
NPO法人など民間が行う子どもを応援する取組を知っていますか。次の問27-1から27-5まで、それぞれ当てはまるものを1つずつ選択してください。(1つ選択)
選択肢  
問27-1 食料支援
選択肢    
問27-2 子ども食堂(地域食堂、みんなの食堂)
選択肢    
問27-3 子どもの学習支援
選択肢    
問27-4 子どもの居場所づくり
選択肢    
問27-5 制服リサイクル
選択肢    
問28 今後、子どもの貧困に関する民間の取組に参加してみたいですか。(1つ選択)
選択肢



 
問29 今後、子どもの貧困に関する取組を自ら行ってみたいですか。(1つ選択)
選択肢



 
問30 子どもの貧困対策に対して、どのようなことに力をいれたらよいですか。当てはまるものをすべて選択してください。(複数回答可)
※アウトリーチ:援助が必要であるにもかかわらず自発的に申し出をしない・できない人々に対して行政などが積極的に働きかけて支援の充実を目指すこと
選択肢













 

  

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 担当:広聴担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1336   ファクス番号:055(223)1525