トップ > やまなしの教育に関するアンケート調査

ここから本文です。

やまなしの教育に関するアンケート調査

県教育委員会では、本県教育振興の基本計画となる新たな教育振興基本計画の策定に向けて検討を進めています。

「やまなしの教育に関するアンケート調査」は、県民の皆さまから教育に関する御意見などをお聞きし、統計的にまとめ、新たな教育振興基本計画を策定するための基礎資料として活用させていただくことが目的です。

御多忙のところ恐縮ですが、今後の業務の参考にさせていただくため、皆様の御意見をお聞かせくださいますようお願いします。

 

質問の対象に当てはまらない方(例えば、高校生のお子さんがいない方)も、全ての設問にお答えください。

 

【アンケートの注意点】

  1. アンケートに回答しましたら、ページの下にある「送信確認」のボタンを押してください。
  2. 回答内容が表示されます。
  3. 回答を訂正する場合は、「入力画面に戻る」ボタンを押して前の画面に戻って訂正してください。
  4. 訂正がない場合は、「送信する」ボタンを押してください。
  5. 「入力内容を送信致しました。ありがとうございました。」のメッセージが表示されます。
  6. 終了しましたら、ブラウザの「×」ボタンで画面を閉じてください。

 

 

ご不明な点がありましたら、お手数ですが、次のとおりご連絡ください。

 

【アンケートの内容について】教育委員会教育庁総務課総務企画担当・TEL055-223-1750

【回答方法や操作方法について】総合政策部広聴広報課広聴担当・TEL055-223-1336

F1 あなたの性別を教えてください。
はじめに、あなた自身のことについてお聞きします。
選択肢
 
F2 あなたの年齢を教えてください。
選択肢




 
F3 あなたの職業を教えてください。
選択肢






 
F4 あなたの居住地域を教えてください。
選択肢




 
F5 あなたには次にあげるようなお子さんがいますか(同居・別居は問いません)。次の中の該当する項目をすべて選んでください。
選択肢







問1 幼児期の教育の現状についてどう思いますか。次の中から1つ選んでください。
次に、「子どもの教育(学校)について」あなたの考え方をお聞きします。
選択肢




問2 幼児期の教育において、これからどのようなことに力を入れていけばよいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
*1「特別支援教育」とは、障害のある幼児・児童・生徒の教育的ニーズに応じて適切な教育的支援を行う教育のことをいいます。特別支援学校や特別支援学級に在籍する障害のある子供だけでなく、発達障害を含む、特別な支援を必要とする子供が在籍する全ての学校で実施されるものです。
選択肢











問3 小学校教育の現状についてどう思いますか。次の中から1つ選んでください。
選択肢




問4 小学校教育において、これからどのようなことに力を入れていけばよいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢















問5 中学校教育の現状についてどう思いますか。次の中から1つだけ選んでください。
選択肢




問6 中学校教育において、これからどのようなことに力を入れていけばよいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢















問7 高等学校教育の現状についてどう思いますか。次の中から1つだけ選んでください。
選択肢




問8 高等学校教育において、これからどのようなことに力を入れていけばよいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢















問9 特別支援教育の現状についてどう思いますか。次の中から1つだけ選んでください。
「特別支援教育」とは、障害のある幼児・児童・生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援する教育のことをいいます。
選択肢




問10 特別支援教育において、これからどのようなことに力を入れていけばよいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢
















問11 現在、学校教育では、様々な教科指導や教育活動が行われています。今後、さらに力を入れて欲しいと思うものを次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢










 
問12 小・中学校において、学力向上のために学校に取り組んでほしいことを、次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢





 
問13 教員の資質向上を図ることが求められています。あなたが望ましいと思うのは、どんな教員ですか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢












問14 キャリア教育の推進について、行政としてどのようなことに力を入れたらよいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
「キャリア教育」とはどのような職業に就き、どのような人生を送りたいのかを、自ら考え、自ら行動する意欲、態度、諸能力を身に付けるための教育のことをいいます。
選択肢







問15 学校の安全(生活安全(防犯を含む)・交通安全・災害安全)について、行政としてどのようなことに力を入れたらよいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢








問16 いじめ問題に対して、行政としてどのようなことに力を入れたらよいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢








問17 不登校対策について、行政としてどのようなことに力を入れたらよいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
*2「スクールカウンセラー」:カウンセリング等を通して、子供たちの悩みや抱えている問題を解決に向け支援する者
*3「スクールソーシャルワーカー」:子供と子供を取り巻く環境に働きかけ、家庭、学校、地域の橋渡しを行うなどにより、悩みや抱えている問題の解決に向けて支援する者
*4「教育支援センター(適応指導教室)」:不登校の児童生徒を対象に、再登校や社会的自立を目指して、学習支援等を行う公立の施設
選択肢







問18 あなたは、道徳教育を推進していくに当たり、行政としてどのようなことに力を入れたらよいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
「道徳教育」とは、幼稚園・認定こども園・保育所、小・中学校、高等学校、特別支援学校において、家庭や地域社会との連携を図りながら、自立した人間として他者と共によりよく生きるための基盤となる道徳性を養うための教育のことをいいます。
選択肢








問19 特別支援教育において、行政としてどのようなことに力を入れたらよいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
「特別支援教育」とは、障害のある幼児・児童・生徒の教育的ニーズに応じて適切な教育的支援を行う教育のことをいいます。特別支援学校や特別支援学級に在籍する障害のある子供だけでなく、発達障害を含む、特別な支援を必要とする子供が在籍する全ての学校で実施されるものです。
*5「就学指導」:子供の発達や障害の実態から、教育的ニーズを把握して、就学先の選定と必要な教育環境の整備等を総合的に検討したり、保護者に対して助言や情報提供を行ったりすること
*6「交流及び共同学習」:障害のある児童生徒と障害のない児童生徒が学校教育の一環として活動を共にすること
選択肢









 
問20 学校における食育について、どのようなことに力を入れたらよいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
「食育」とは様々な経験等を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることをいいます。
選択肢








問21 家庭での教育が十分にできていると思いますか。次の中から1つだけ選んでください。
次に、子供の教育(家庭・地域)についてお聞きします。
選択肢



 
問22 家庭でのしつけや教育に関して、どのようなことを心がけていますか。あるいは、どのような心がけが必要と考えますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢








 
問23 家庭でのしつけや教育を充実させるためには、行政としてどのようなことに力を入れたらよいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢






問24 地域における大人と子供との関わりについてどのように思いますか。次の中から1つだけ選んでください。
選択肢



問25 学校と家庭や地域社会が協力体制を推進するために必要だと思うことを、次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢









問26 今後、生涯学習をしてみたいと思いますか。次の中から1つだけ選んでください。
次に、生涯学習・スポーツ・文化芸術振興についてお聞きします。
「生涯学習」とは、一人一人が、自分の人生を楽しく豊かにするために、生涯のいろいろな時期に、自ら進んで行う学習やスポーツ、文化活動、ボランティア活動、趣味などのさまざまな活動のことをいいます。
選択肢



問27 生涯学習をもっと盛んにしていくために、大切だと思うことを次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢









問28 あなたの運動やスポーツへの取り組みについて次の中から1つだけ選んでください。
選択肢



問29 あなたは、どのような条件が整えば、今まで以上に運動やスポーツをしますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢







 
問30 自身の文化芸術活動や自分を取り巻く文化芸術環境について、どのように感じていますか。次の中から1つだけ選んでください。
選択肢




問31 文化芸術の充実や振興において、行政としてどのようなことに力を入れたらよいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢








問32 自分の子供の教育について悩んでいることがありますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢













問33 子供たちの健全育成を図るためには、どのようなことが必要だと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢








問34 これからの子供たちにとって、特に必要とされる資質・能力は何だと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢









問35 これからの『やまなしの教育』に、どのような人づくりを期待しますか。あなたのイメージに近いものを次の中から4つ以内で選んでください。
選択肢














 

  

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 担当:広聴担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1336   ファクス番号:055(223)1525