トップ > 肝炎ウイルス検査及び肝炎対策に関するアンケート調査

ここから本文です。

 

肝炎ウイルス検査及び肝炎対策に関するアンケート調査

ウイルス性肝炎は国内で最大級の感染症といわれており、B型肝炎ウイルスは110万人から140万人、C型肝炎ウイルスは約100万人程度の感染者がいると推定されています。また、肝硬変・肝がんへと重症化する疾患であることから、早期発見・早期治療が重要です。

本県では平成29年3月に「第2次山梨県肝炎対策推進計画」を策定し、市町村、医療機関、肝炎患者等とともに肝炎対策に取り組んできましたが、肝がん年齢調整死亡率が全国よりも高い状況が続くなど、引き続き関係機関の協力のもとで、様々な対策を実施する必要があります。

今年度「第3次山梨県肝炎対策推進計画」の策定にあたり、県民の肝炎ウイルス検査の受検状況(検査を受けている状況)やウイルス性肝炎に関する理解度を調査し、計画策定はもとより、感染者を適切に治療に繋げ、肝がんの発症予防につなげていきたいと考えております。お忙しいところ誠に恐縮ではございますが、本調査の趣旨をご理解のうえ、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

 

 【アンケートの注意点】

1.アンケートに回答しましたら、ページの下にある「送信確認」のボタンを押してください。

回答内容が表示されます。

2.回答を訂正する場合は、「入力画面に戻る」ボタンを押して前の画面に戻って訂正してください。

3.訂正がない場合は、「送信する」ボタンを押してください。

「入力内容を送信致しました。ありがとうございました。」のメッセージが表示されます。

4.終了しましたら、ブラウザの「×」ボタンで画面を閉じてください。

5.回答期限前に、アンケートの再送をしています。システムの都合上、回答済みの方にも送信されてしまいますが何卒ご容赦ください。

 

ご不明な点がありましたら、お手数ですが、次のとおりご連絡ください。

【アンケートの内容について】感染症対策センター(山梨県CDC) TEL:055-223-1505

【回答方法や操作方法について】知事政策局広聴広報グループ ホームページ・報道担当 TEL:055-223-1337


※回答者の特定ができないため、必ず県政モニターに登録されている方の氏名を入力してください。
アンケートの集計を含め、他の目的で使用することはありません。
【1】 あなた自身のことについて教えてください。あなたの性別を教えてください。
選択肢      
【2】 あなたの年代を教えてください。
選択肢






【3】 あなたの職業を教えてください。
選択肢








【4】 あなたが住んでいる市町村を教えてください。
選択肢        
       
       
       
       
   
肝炎ウイルス検査および肝炎対策についてお伺いします。
ウイルス性肝炎とは?
肝炎ウイルスに感染して肝臓の細胞が壊れていく病気です。この病気になると、除々に肝臓の機能が失われていき、ついには肝硬変や肝がんに至ることもあります。
選択肢  
問1 B型肝炎の原因についてご存じですか。
B型肝炎の原因
B型肝炎は、血液や体液を介してB型肝炎ウイルス(HBV)に感染することで起きる病気です。感染した時期や健康状態によって、一過性感染で終わる場合と、ほぼ生涯にわたり感染が継続する持続感染とに分けられます。感染経路は、HBV感染者の母親から子供への出産時の感染(垂直感染)とそれ以外(水平感染)があります。近年では、性的接触等による若年者の感染が増えています。
・垂直感染:母子感染(出産時に母親から子供に感染)
・水平感染:性的接触、入れ墨、ピアスの穴あけ、針刺し事故等
※国立国際医療研究センター肝炎情報センター
選択肢

問2 C型肝炎の原因についてご存じですか。
C型肝炎の原因
C型肝炎とは、血液や体液を介してC型肝炎ウイルス(HCV)の感染により起こる病気です。感染経路は主に水平感染で、現在は入れ墨、ピアスの穴あけ、針刺し事故等が要因にあげられます。また、1992年以前の輸血や1988年以前の血液凝固因子製剤は、ウイルスのチェックが不十分だった可能性があります。
C型肝炎ウイルスでは、母子感染や性的接触による感染は少ないとされています。
※国立国際医療研究センター肝炎情報センター
選択肢

問3 肝がんを発症する原因についてご存じですか。
肝がんの原因
肝がんの主な原因は、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスの持続感染により、肝臓の細胞の炎症と再生が長期にわたって繰り返されることで起こる遺伝子の突然変異の積み重ねだと考えられています。
ウイルス感染以外の要因としては、多量飲酒、喫煙、肥満、糖尿病などの生活習慣病、食事に付着しているカビ毒のアフラトキシンなどが知られています。最近では、肝炎ウイルス感染を伴わない肝細胞がんが増加してきているという報告もあり、その主な要因として、脂肪肝が注目されています。
※国立がん研究センターがん情報サービス
選択肢

ここからは、肝炎ウイルス検査の受検状況についておたずねします。
肝炎ウイルス検査とは?
B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを、採血検査で判断します。B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスの感染によるウイルス性肝炎は、肝硬変・肝がんへと重症化することが知られていますので、検査結果が陽性(「HBs抗原検査が陽性」又は「C型肝炎ウイルスに感染している可能性が高い」と判定された)であることがわかったら、時期を置かずに医療機関に受診して、現在の肝臓の状態をチェックしてもらいましょう。適切な治療を受けることで、肝硬変や肝がんへの進行を防ぐことが可能です。近年の医療や薬の進歩により、ほとんどの人が治療可能な病気となってきました。
選択肢  
問4 今までに「肝炎ウイルス検査」を受けたことがありますか。
選択肢

 
問5 肝炎ウイルス検査をどこで受けましたか。
※複数回答可
選択肢






問6 検査を受けたきっかけはどのような理由ですか。
※複数回答可
選択肢






問7 受けた検査の種類はどの検査ですか。
選択肢



問8 検査の結果をご存じですか。
選択肢


問9 差し支えなければ検査結果をお答えください。
※問7で3(B型、C型肝炎ウイルス検査の両方)と回答した方は両方の結果をお答えください。
選択肢




問10 問9で2、4(陽性)の方にお聞きします。結果を受けて、医療機関を受診しましたか。
選択肢




 
問11 問10で4「受診したが、自己判断で通院を中止し、今は受診していない」または5「一度も受診していない」と回答した方にお聞きします。治療の中止または受診していない理由は、どのような理由からですか。
※複数回答可
選択肢







問12 問4で2「肝炎ウイルス検査を受けたことがない」と回答した方にお聞きします。検査を受けていない理由はどのような理由からですか。
※複数回答可
選択肢











 
問13 問4で2「肝炎ウイルス検査を受けたことがない」と回答した方にお聞きします。今後機会があれば検査を受けてみたいと思いますか。
選択肢


 
問14 問14からは、全員の方にお聞きします。肝炎ウイルス検査の受検者数を増やすために、県、市町村の取り組みとして、今後何が必要と考えますか。
※複数回答可

【相談窓口等について】
本県では、肝疾患診療連携拠点病院である山梨大学医学部附属病院において、肝疾患相談センターを設置し、相談員(医師、看護師等)が患者やその家族等からの相談に対応しております。また、市町村の保健師や保健所担当者、医療機関の看護師、企業の健康管理担当者等を対象に、肝炎ウイルス検査により陽性となった方が適切な肝炎治療を受けられるよう、地域や企業における検査後の支援等を中心となって進める人材の養成(肝疾患コーディネーター養成事業)を行っております。詳しくは、県のホームページ又は県感染症対策企画グループまでお問い合わせください。
選択肢










 
問15 ここからは県で実施している肝炎ウイルス無料検査、医療費助成制度についておたずねします。県内の各保健所では、B型、C型肝炎ウイルスの検査を無料で実施しています。このことをご存じでしたか。
【肝炎ウイルス無料検査とは?】
県内の各保健所では、B型、C型肝炎ウイルス検査を無料・匿名(予約制)で実施しております。検査は、採血検査をした後、数週間で検査結果をお知らせします。(※検査の特性上、感染の機会があってから3か月以上経過後の検査をすすめております。) 検査の実施日は各保健所(保健福祉事務所)で異なり、完全予約制であるため、必ず、電話で事前にお問い合わせください。
選択肢

問16 県では、B型又はC型肝炎ウイルスに感染し、精密検査の結果インターフェロンフリー治療(抗ウイルス療法)などが必要と診断され、治療を受けている方を対象に、医療費の一部を公費により助成しています。このことをご存じでしたか。
【医療費助成制度とは?】
肝炎の有力な治療法である抗ウイルス療法に係る医療費について、患者の治療費の自己負担額を1万円又は2万円にまで軽減する助成を行っています。助成の対象となるのは 、B型又はC型肝炎のインターフェロン治療、C型肝炎のインターフェロンフリー治療及びB型肝炎の核酸アナログ製剤治療です。世帯の所得に応じて、月当たりの医療費の一定額を国と県で助成しています。
選択肢
 
問17 C型ウイルス性肝炎の「インターフェロンフリー治療」をご存じですか。
【インターフェロンフリー治療とは?】
C型ウイルス性肝炎の治療は、副作用の強いインターフェロンを半年から1年間の毎週注射するもの(インターフェロン治療)と、インターフェロンを使わず、副作用の少ない飲み薬だけで治療が行えるもの(インターフェロンフリー治療)があります。インターフェロンフリー治療は治療効果が非常に高く、短期間でほぼ全ての患者の体内からC型肝炎ウイルスを排除することが可能となりました。
選択肢

問18 肝炎ウイルス検査で陽性となった方に対して、受診勧奨などの支援や初回精密検査費用、定期検査費用を助成する制度をご存じですか。
【肝炎ウイルス検査後のフォローアップ事業】 
県では、平成26年度から保健所や市町村等での肝炎ウイルス検査で陽性となった方の受診勧奨や初回の精密検査、定期検査の費用助成等のフォローアップを行い、感染者を早期に治療に繋げ、ウイルス性肝炎患者の肝がん、肝硬変への重症化防止を図っています。
選択肢

問19 治療が必要な未治療の方へ治療法や県の医療費助成制度などをお知らせする有効な手段は、何だと思われますか。
※複数回答可
選択肢











 

※自由記載
アンケート調査は以上です。ご協力ありがとうございました。
選択肢  

  

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 担当:ホームページ・報道
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1337   ファクス番号:055(223)1331