トップ > やまなしの教育に関するアンケート調査

ここから本文です。

やまなしの教育に関するアンケート調査

日頃から県教育行政の推進に多大なご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

山梨県教育委員会では、来年度、本県教育振興の基本計画となる新たな教育振興基本計画の策定を予定しています。

「やまなしの教育に関するアンケート調査」は県民の皆様から教育に関するご意見などをお聞きし、新たな教育振興基本計画を策定するための基礎資料として活用させていただくことが目的です。

お忙しいところ誠に恐縮ですが、本調査の趣旨をご理解のうえ、ご協力をお願いいたします。

令和4年11月

山梨県教育委員会教育企画室 教育政策担当・TEL055-223-1750

 

・(3つ以内で選んで)のように、設問によっては回答方法が違う場合もありますのでご注意ください。

・記述式回答(質問7、10、13、16、19、28、31、34、39)は任意回答です。

 

【アンケートの注意点】

1.アンケートに回答しましたら、ページの下にある「送信確認」のボタンを押してください。

回答内容が表示されます。

2.回答を訂正する場合は、「入力画面に戻る」ボタンを押して前の画面に戻って訂正してください。

3.訂正がない場合は、「送信する」ボタンを押してください。

「入力内容を送信致しました。ありがとうございました。」のメッセージが表示されます。

4.終了しましたら、ブラウザの「×」ボタンで画面を閉じてください。

5.回答期限前日に、アンケートの再送をしています。システムの都合上、回答済みの方にも送信されてしまいますがご容赦ください。

 

回答方法や操作方法についてご不明な点がありましたら、お手数ですがご連絡ください。

知事政策局広聴広報グループ ホームページ・報道 TEL055-223-1337


※回答者の特定ができないため、必ず県政モニターに登録されている方の氏名を入力してください。
アンケートの集計を含め、他の目的で使用することはありません。
問1 あなたの性別を教えてください。
はじめに、あなた自身のことについてお聞きします。
選択肢

 
問2 あなたの年代を教えてください。
選択肢





 
問3 あなたが住んでいる地域を教えてください。
選択肢




問4 あなたの職業を教えてください。
選択肢






 
問5 あなたには次にあげるお子さんがいますか(同居・別居は問いません)。次の中の該当する項目をすべて選んでください。
選択肢







問6 本県の幼児期の教育の現状についてどう思いますか。次の中から1つだけ選んでください。
ここからは、子供の教育(学校)について伺います。
*【幼児期】とは生後1歳半ばから就学(6歳ないし7歳)までの期間を言います。
選択肢




問8 本県の幼児期の教育において、どのようなことに力を入れてほしいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
*1「特別支援教育」とは、障害のある幼児・児童・生徒の教育的ニーズに応じて適切な教育的支援を行う教育のことをいいます。特別支援学校や特別支援学級に在籍する障害のある子供だけでなく、発達障害を含む、特別な支援を必要とする子供が在籍する全ての学校で実施されるものです。
選択肢













問9 本県の小学校教育の現状についてどう思いますか。次の中から1つだけ選んでください。
選択肢




問11 本県の小学校教育において、どのようなことに力を入れてほしいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢


















問12 本県の中学校教育の現状についてどう思いますか。次の中から1つだけ選んでください。
選択肢




問14 本県の中学校の教育において、どのようなことに力を入れてほしいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢



















問15 本県の高等学校の教育の現状についてどう思いますか。次の中から1つだけ選んでください。
選択肢




問17 本県の高等学校の教育において、どのようなことに力を入れてほしいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
*「キャリア教育」:自己にふさわしい生き方を実現するために必要な能力を育む教育
選択肢


















問18 本県の特別支援学校の教育の現状についてどう思いますか。次の中から1つだけ選んでください。
選択肢




問20 本県の特別支援学校の教育において、どのようなことに力を入れてほしいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
*「キャリア教育」:自己にふさわしい生き方を実現しようとする能力を育む教育
選択肢


















問21 教員の資質向上が求められています。あなたが望ましいと思うのは、どんな教員ですか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢













問22 いじめ問題に対して、どのようなことに力を入れてほしいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
*2「スクールカウンセラー」:カウンセリング等を通して、子供たちの悩みや抱えている問題を解決に向け支援する者
*3「スクールソーシャルワーカー」:子供と子供を取り巻く環境に働きかけ、家庭、学校、地域の橋渡しを行うなどにより、悩みや抱えている問題の解決に向けて支援する者
選択肢








問23 不登校対策について、どのようなことに力を入れてほしいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
*「教育支援センター」:不登校の児童生徒を対象に、再登校や社会的自立を目指して、学習支援等を行う公立の施設
選択肢







問24 あなたは、家庭での教育が十分にできていると思いますか。次の中から1つだけ選んでください。
ここからは、子供の教育(家庭)について伺います。
選択肢




問25 あなたは、家庭でのしつけや教育に関して、どのようなことを心がけていますか。あるいは、どのような心がけが必要と考えますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢








 
問26 家庭でのしつけや教育を充実させるためには、行政としてどのようなことに力を入れてほしいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢






問27 本県の生涯学習に関する取組の現状についてどう思いますか。次の中から1つだけ選んでください。
ここからは、生涯学習・スポーツ・文化芸術振興について伺います。
「生涯学習」とは、一人一人が自分の人生を楽しく豊かにするために、生涯のいろいろな時期に、自ら進んで行う学習やスポーツ、文化活動、ボランティア活動、趣味等の様々な活動のことです。
選択肢



 
問29 本県の生涯学習に関する取組をもっと盛んにしていくためには、どのようなことが必要だと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢









問30 本県のスポーツの振興への取り組みについてどう思いますか。次の中から1つだけ選んでください。
選択肢




問32 あなたは、どのような条件が整えば、今まで以上に運動やスポーツをしますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢







 
問33 本県の文化芸術振興の取り組みについてどう思いますか。次の中から1つだけ選んでください。
選択肢




問35 本県の文化芸術振興のために、行政としてどのようなことに力を入れたらよいと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢









問36 自分の子供の教育について悩んでいることがありますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢













問37 子供たちの健全育成を図るためには、どのようなことが必要だと思いますか。次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢








問38 これからの『やまなしの教育』に、どのような人づくりを期待しますか。あなたのイメージに近いものを次の中から3つ以内で選んでください。
選択肢














 

  

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 担当:ホームページ・報道
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1337   ファクス番号:055(223)1331