トップ > 犯罪被害者等支援に関するアンケート調査

ここから本文です。

 

 犯罪被害者等支援に関するアンケート調査

県民の誰もが犯罪被害者等(犯罪被害者及びその家族又は遺族)となる可能性がある中で、犯罪被害者等が一日も早く再び平穏な暮らしを取り戻すことができるよう、犯罪被害者等の置かれている立場を理解し、社会全体で犯罪被害者等に寄り添ったきめ細やかな支援に取り組んでいく必要があります。

山梨県では、犯罪被害者等支援施策に関して、県民の皆様がどのような意識を持っているのかを調査し、今後の施策の推進に役立てることを目的に「犯罪被害者等支援に関するアンケート調査」を実施することといたしました。

ご多忙のところ誠に恐縮ですが、皆様のご意見をお聞かせくださいますようお願いします。
 
なお、アンケートに御協力いただいた方には年度末に粗品をお送りいたします。

 

 【アンケートの注意点】

1.アンケートに回答しましたら、ページの下にある「送信確認」のボタンを押してください。

回答内容が表示されます。

2.回答を訂正する場合は、「入力画面に戻る」ボタンを押して前の画面に戻って訂正してください。

3.訂正がない場合は、「送信する」ボタンを押してください。

「入力内容を送信致しました。ありがとうございました。」のメッセージが表示されます。

4.終了しましたら、ブラウザの「×」ボタンで画面を閉じてください。

5.回答期限前に、アンケートの再送をしています。システムの都合上、回答済みの方にも送信されてしまいますが何卒ご容赦ください。

 

ご不明な点がありましたら、お手数ですが、次のとおりご連絡ください。

【アンケートの内容について】県民生活部県民生活安全課 人権・生活安全担当 TEL:055-223-1351

【回答方法や操作方法について】知事政策局広聴広報グループ ホームページ・報道担当 TEL:055-223-1337


※回答者の特定ができないため、必ず県政モニターに登録されている方の氏名を入力してください。
アンケートの集計を含め、他の目的で使用することはありません。
問1 最初に、あなた自身のことについて伺います。あなたの性別を教えてください。
選択肢      
問2 あなたの年代を教えてください。
選択肢






問3 あなたが住んでいる地域を教えてください。
※中北→韮崎市、南アルプス市、北杜市、甲斐市、中央市、昭和町
 峡東→山梨市、笛吹市、甲州市
 峡南→市川三郷町、早川町、身延町、南部町、富士川町
 富士東部→富士吉田市、都留市、大月市、上野原市、道志村、西桂町、忍野村、山中湖村、鳴沢村、富士河口湖町、小菅村、丹波山村
選択肢



 
問4 あなたの職業を教えてください。
選択肢





 
問5 犯罪の被害経験についてお伺いします。あなたご自身又はあなたのご家族の中に犯罪の被害にあわれた方はいますか。
選択肢
 
問6 問5で「いる」と回答された方におたずねします。それはどのような犯罪でしたか。(複数の被害経験がある方は、より重大な被害にあったと思うものを1つだけ選んでください。)
問5で「1 いる」と回答した方のみお答えください
選択肢



 
問7 犯罪被害者等支援に関する関心・認知度についてお伺いします。犯罪被害等支援に対する関心について、最も近いものを選んでください。
選択肢




問8 犯罪被害者等に対して、山梨県や関係機関が行っている支援施策を知っていますか。次の中から知っているものを選んでください。
※複数回答可
※被害者自助グループとは、犯罪被害によって同じようなつらさを抱えることとなった方同士が、お互いに支え合い、励まし合う中から、問題の解決や克服を図ることを目的に集うグループのことをいいます。
選択肢







 
問9 犯罪の被害にあった場合、利用できる相談窓口があることを知っていますか。次の中から知っているものを選んでください。
※複数回答可
選択肢









 
問10 もしも、あなたご自身やあなたのご家族が犯罪の被害にあった場合、次のうち、どの機関に相談すると思いますか。
※複数回答
※問5で「いる」と回答された方は、ご自身やご家族が実際に相談した機関をお答えください。
選択肢









 
問11 問8と問9で支援施策や相談窓口を知っていると回答された方におたずねします。あなたは、その施策や相談窓口のことを何から知りましたか。
※複数回答可
※問8で「1~7、9」のいずれか、または、問9で「1~9、11」のいずれかを回答した方はお答えください。
※犯罪被害者週間は、期間中の集中的な啓発事業等の実施を通じて、犯罪被害者等が置かれている状況や犯罪被害者等の名誉又は生活の平穏への配慮の重要性等について、国民の理解を深めることを目的とするもので、11月25日から12月1日までがその期間として定められています。
選択肢








 
問12 犯罪被害者等が置かれた状況(二次被害)についてお伺いします。犯罪被害者等は、生命、身体、財産上の直接的な被害を受けるだけでなく、被害後に生じる様々な問題(いわゆる二次被害)に苦しめられます。次の二次被害のうち、あなたが最も深刻な問題だと思うものを1つ選んでください。
選択肢








問13 犯罪被害者等が犯罪による直接的な被害だけでなく、問12のような二次被害にも苦しめられていることについて、あなたはどの程度知っていますか。
選択肢



問14 問13で「1.十分理解している」または「2.ある程度理解している」と回答された方におたずねします。あなたが、犯罪被害者等が置かれている状況を理解するようになったきっかけは何ですか。
※複数回答可
※問13で「1.十分理解している」または「2.ある程度理解している」と回答された方はお答えください。
選択肢





 
問15 犯罪被害者等支援の施策について伺います。あなたは、現在の犯罪被害者等支援の施策について十分に行われていると思いますか。
選択肢




問16 犯罪被害者等への支援の効果を高めていく上で、県や関係機関は特にどのようなことに力を入れていくべきだと思いますか。
※3つまで回答可
選択肢











問17 あなたは、犯罪被害者等への理解や支援の輪を広げていくために、県は特にどのような取り組みをすると良いと思いますか。
※3つまで回答可
選択肢









アンケート調査は以上です。ご協力ありがとうございました。
選択肢  

  

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 担当:ホームページ・報道
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1337   ファクス番号:055(223)1331