トップ > 県政情報・統計 > 広聴 > 知事対話 > 県政ひざづめ談議結果概要・環境に関する企業連絡協議会

更新日:2013年5月28日

ここから本文です。

県政ひざづめ談議結果概要・環境に関する企業連絡協議会

 

開催日時

平成25年5月15日(水曜日) 午後2時15分から午後3時20分頃まで

対話テーマ

エネルギーの地産地消に向けて(企業における省エネ対策)

対話場所

甲府市丸の内  「県庁本館2階 特別会議室」

参加者

環境に関する企業連絡協議会 9名

参加者の

主な発言

  • 太陽光発電で晴れた日だけ自給自足というだけではなく、燃料電池と組み合わせて、エネルギーのスマート化という方向に進むのが効率的ではないかと考えている。
  • 太陽光発電は変動があるので、蓄電施設や揚水発電などで電気を貯めていく必要があるが、家庭へ蓄電システムが普及していけば、そうした問題はなくなってくる。
  • バス路線が増えて、もっと通勤に利用されるようになれば、渋滞が減ることでCO2の削減にもなるし、歩くところが増えて健康にも良いと思う。
  • 太陽光発電に取り組みたいという需要は結構あるが、適地を探すのに苦労している。県で土地情報などを提供してもらえるとありがたい。

      H25ひざづめ写真0101      H25ひざづめ写真0102

知事の

主な発言

  • エネルギーの地産地消実現のためには、長い努力が必要であるが、そのためには皆さま方の知恵とノウハウと技術が必要とされる。
  • 将来的には、スマートコミュニティとなるような住宅地の開発を実験的に行いたいが、当面は、蓄電池をそれぞれの家庭に設置していくことが考えられる。
  • 今民間企業では、空いている事業用地を非常に細かく発掘して太陽光発電を設置しており、感心している。
  • 協議会では、今までCO2削減をメインでおやりになっているが、それはエネルギーのことでもあるので、今後はエネルギーの地産地消についても、メインのテーマとしていただき、ご協力を賜りますようお願い申し上げたい。

      H25ひざづめ写真0103      H25ひざづめ写真0104

 

県政ひざづめ談議結果概要・環境に関する企業連絡協議会(PDF:170KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1336   ファクス番号:055(223)1525

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について