トップ > 県政情報・統計 > 広聴 > 知事対話 > 県政ひざづめ談議結果概要・市川三郷町農業関係者

更新日:2012年9月24日

ここから本文です。

県政ひざづめ談議結果概要・市川三郷町農業関係者

 

開催日時

平成24年5月15日(火曜日) 午後1時25分から午後2時45分頃まで

対話テーマ

地域資源を活かした農業・農村の活性化について

対話場所

市川三郷町  「ふるさと交流センター」

参加者

市川三郷町農業関係者 16名

参加者の

主な発言

  • 後継者不足対策として、新規就農者への支援はいろいろあるが、農家の跡取りなど代々農業を営んでいる家の後継者にも支援してほしい。
  • ニンジンなどの野菜を作っても、シカがみんな食べてしまうので、防護柵の設置など獣害対策を至急お願いしたい。
  • ニンジンを作っても、かなり規格外のものが出来てしまうので、それらを加工する機械のある加工所と隣接して直売所を整備してほしい。
  • せっかく整備した圃場を長期間耕作していくために、都市との交流を図ることのできる滞在型の市民農園を整備してほしい。

      H24ひざづめ写真0101      H24ひざづめ写真0102

知事の

主な発言

  • 三珠地区は、本県の中でも最も優れた野菜の生産基地として質の高い農業をしていただいており、これからも県下の農業のモデルになるような農業を進めていっていただきたい。
  • 若い就農者確保のために、研修を受ける人と研修生を受け入れる篤農家に対し、それぞれ補助する「就農定着支援制度」があるので、活用してほしい。
  • 今年は有機栽培を一生懸命やって、山梨県を有機の里にしようと力を入れている。この秋には、全国の有機栽培農家を集めた全国大会を開催する予定である。
  • 地域みんなで一緒になって、高齢者の方を助けてあげたり、遊休農地の斡旋をしたりするなど地域全体で自分たちの農業を盛り上げていってもらいたい。

      H24ひざづめ写真0103      H24ひざづめ写真0104

 

県政ひざづめ談議結果概要・市川三郷町農業関係者(PDF:191KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1336   ファクス番号:055(223)1525

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について