トップ > 県政情報・統計 > 広聴 > 知事対話 > 県政ひざづめ談議結果概要・峡東地域、富士・東部地域のアグリマスター

更新日:2013年1月31日

ここから本文です。

県政ひざづめ談議結果概要・峡東地域、富士・東部地域のアグリマスター

 

開催日時

平成23年12月21日(水曜日)  午後2時から午後3時25分頃まで

対話テーマ

地域ぐるみの担い手の確保・育成

対話場所

笛吹市春日居町  「春日居あぐり情報ステーション」

参加者

峡東地域、富士・東部地域のアグリマスター  12名

参加者の

主な発言

  • 地元の農業系の高校生に、農業を楽しみながら、後継者となってもらえるような仕組みを作ってもらいたい。
  • 国によるエコファーマーだけでなく、県独自で篤農家を認定する制度を作ってほしい。
  • 新規就農者にとって、住居・農地・農業機械の確保が問題となっている。
  • 新規就農者が定着するためには、短期的な補助金よりも、長期的な視野に立った継続的な指導が大事だと思う。
  • 都会から来る研修生は、農業に対して様々な考えや希望をもつ人がいるので、ニーズを把握してから、アグリマスターとマッチングしてほしい。

     H23ひざづめ写真1501      H23ひざづめ写真1502

知事の

主な発言

  • アグリマスターの皆さんが持っている高い技術やノウハウというものを、跡継ぎとして農業に入ってくる若い人たちにしっかりお教えいただくことは大事だと思っている。
  • 有機農業は非常に大事な分野になりつつあり、県としても一段と力を入れて取り組んでいく。
  • TPPに参加することとなると、できるだけ質の高いものを安い値段で提供していく必要があり、そのためには、有能な農家に農地を集積するなど、規模を拡大していくしかない。
  • アグリマスター制度が、山梨の農業を大きく花開かせていくためには、この制度を充実させていく必要があり、アグリマスターの皆さんには、引き続きご協力をお願いしたい。

      H23ひざづめ写真1503      H23ひざづめ写真1504

 

県政ひざづめ談議結果概要・地域ぐるみの担い手の確保・育成(峡東会場)(PDF:180KB)

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1336   ファクス番号:055(223)1525

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について