更新日:2020年3月24日

ここから本文です。

 県の対応状況

 山梨県新型コロナウイルス感染症関係総合対策(令和2年3月27日決定)

これまで本県では、先手対応、事前主義の方針のもと、感染症患者発生以前から対策を進めてきたところです。

一方、県内で感染症患者が発生したことを受け、今後の感染症患者の職場復帰や、風評被害にともなう影響を防ぐための企業活動の後押し、更には、新型コロナウイルス問題が県内経済に及ぼす影響に対処することも必要とされています。

このような状況を踏まえ、県民生活及びその基盤となる地域経済の「防衛と感染収束後における反転攻勢」のため、更なる対策の充実と拡大が急務であるとの認識のもと、「山梨県新型コロナウイルス感染症関係総合対策」を取りまとめました。

対策の大きな柱は次の3点であり、これらについて、回復に向けた緊急対策と跳躍に向けた中期的対策を体系的に整理しております。

  1. 新型コロナウイルス感染症から県民の生命・健康を守るための「感染拡大防止と医療提供体制の整備」
  2. 当面の県民生活の安定を確保するための「県民生活に与える影響の最小化」
  3. 新型コロナウイルス感染症を「災害」ととらえ、県民生活の基盤となる地域経済に及ぼす影響の封じ込めと極小化のための「県内経済の安定化・反転攻勢に向けた対策」

詳しくは、次の資料をご覧ください。

山梨県新型コロナウイルス感染症関係総合対策(概要)(PDF:788KB)

山梨県新型コロナウイルス感染症関係総合対策(一覧)(PDF:1,725KB)

ページ先頭へ戻る

 山梨県新型コロナウイルス感染症関係総合対策本部の開催状況

新型コロナウイルス感染症の拡大による県民生活及び県民生活の基盤となる地域経済の「防衛と感染収束後における反転攻勢」のため、令和2年3月11日に、知事を本部長とする「山梨県新型コロナウイルス感染症関係総合対策本部」を設置しました。

なお、令和2年3月26日に新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号)第15条に基づく政府対策本部が設置されたことに伴い、同日付で、本対策本部を同法第22条に基づく都道府県対策本部とみなすこととしています。

第2回本部会議

  • 開催日:令和2年3月27日(水曜日)午前10時40分~午前11時
  • 議題:
    (1) 県内における新型コロナウイルス感染症の現状について
    (2) 新型コロナウイルス感染症関係総合対策について
    (3) その他
  • 会議資料:

第1回本部会議

  • 開催日:令和2年3月11日(水曜日)午後1時~午後1時20分
  • 議題:
    (1) 県内における新型コロナウイルス感染症の現状について
    (2) 新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策について
    (3) その他
  • 会議資料:

ページ先頭へ戻る

 これまでの県の主な取り組みや、予防対策の呼びかけ

県広報誌に、これまでの県の主な取り組みや予防対策をまとめています。

新型コロナウイルス感染症に県民一丸となって立ち向かう(山梨県広報誌「ふれあい特集号vol.64」一部抜粋)(PDF:1,648KB)

ページ先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について