トップ > 組織から探す > 広聴広報グループ > 新型コロナウイルス感染症に関する総合情報

更新日:2020年4月3日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に関する総合情報

 外国語リンク

県内の発生状況 

県内で新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。患者について、濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査を行っています。

・県内発生9例目

令和2年4月3日報道資料(9例目第4報)(PDF:249KB)

・県内発生8例目

令和2年4月3日報道資料(8例目第2報)(PDF:239KB)

・県内発生7例目

令和2年4月2日報道資料(7例目第2報)(PDF:244KB)

・県内発生6例目

令和2年4月3日報道資料(6例目第4報)(PDF:252KB)

 ・県内発生5例目

令和2年3月31日報道資料(PDF:325KB)

 ・県内発生3,4例目

令和2年3月25日報道資料(PDF:242KB)

 ・県内発生2例目

令和2年3月7日報道資料(PDF:67KB)

 ・県内発生1例目

令和2年3月6日報道資料(PDF:47KB)

令和2年3月8日報道資料(PDF:20KB)(1例目患者に係る追加情報)

 

 ・長野県内で発生した新型コロナウイルス感染症患者に関連した情報について

 3月6日に長野県で確認された新型コロナウイルス感染症患者が3月3日に県内医療機関を受診していました。管轄保健所において受診した医療機関の濃厚接触者を把握し、健康観察、消毒等の指導を実施しています。

令和2年3月6日報道資料(PDF:77KB)

ページの先頭へ戻る

 知事からのメッセージ(令和2年4月2日木曜日)

 

 

まず、県民の皆さまへのお願いですが、先週3月26日、1都3県の知事とテレビ会議を行い、いわゆる「オーバーシュート」(感染者の爆発的増加)、あるいは、「ロックダウン」(都市封鎖)などの最悪の事態を回避するために、「密閉」「密集」「密接」の条件が重なる場所を避け、人混みへの不要不急の外出を控えるよう、共同メッセージを発出したところです。

また、昨日、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議におきまして、地域区分の考え方と、想定される対応が示されたところであります。

このような中、本県におきましては、昨日の3例も加え、本日現在9例の感染が確認されており、県全域での警戒が必要と判断をいたしたところです。

このため、これ以上の感染拡大を食い止める瀬戸際である、そういった危機感のもと、次の3点について、お願い申し上げます。

まず、第1点目です。今後の県民の皆様の感染リスクを下げるため、政府専門家会議の提言を鑑み、感染者数が急増している都市部、特に東京、大阪方面への外出については、どうしても行かなければならない場合を除き、本日から4月12日までの間、是非ともお控えいただくようお願い申し上げます。

2点目としまして、県立施設の開館についてですが、3月20日に総合対策本部から、感染防止対策を徹底することを前提に、各施設で開館について決めていただくようお願いしたところではありますが、同じく4月12日までの間は、休館していただくことを検討してもらうよう、指示することにしておりますので、ご理解をお願い申し上げます。

3点目であります。イベントにつきましては、専門家会議で示された「想定される対応」を参考に、4月12日までは、イベントを開催する場合には、3つの密を徹底的に回避する対策を施していただくよう求めます。また、屋内で50名以上が集まる集会やイベントについては、厳に控えていただくようお願い申し上げます。

県民の皆様には、大変なご不便・ご負担をおかけすることになり、誠に心苦しい限りでありますが、このウイルスの拡大を防止するために、それによって一日も早い日常の生活を取り戻していくために、ご理解・ご協力をお願いを申し上げます。

私をはじめ県庁のすべての職員は、県民の皆様を感染拡大から守り、その先の反転攻勢へと、いち早く打って出るためにも、また、山梨が世界に誇る風景を、多くの方々と共に、心から楽しむ一日を早く迎えるため、粉骨砕身取り組む所存であります。

県民の皆様におかれましても、気持ちを一つにして、一丸となって、この未曽有の災害に打ち克つべく力を合わせていただけますようお願い申し上げます。

さらにこれに関連致しまして、県立学校等の新年度の予定についてですが、現時点では、児童生徒、教員等の学校関係者に感染者が確認されていないことから、始業式・入学式については、再度の休校になった場合の家庭学習の計画や、家庭での過ごし方などを学校から保護者、児童生徒に対し、伝達し、徹底する機会として、感染症対策に万全を施した上で、実施することとしました。

なお、授業再開に関しては、国のガイドラインに基づき、地域の状況に応じて対応することとし、県立学校においては、各県立学校が立地する地域や児童生徒の通学圏での感染症の発生状況を踏まえ、衛生管理部局とともに、総合的に判断して参りたいと考えています。

また、小中学校に関しては、市町村の教育委員会と情報共有を図り、密接に協議して参ります。

今後の感染拡大の状況によっては、改めて休業のお願いをせざるを得ない場合もあり得ますので、刻々と変わる状況を早期に把握し、新学期以降も引き続き警戒を緩めることなく、感染症対策に万全を期して参りたいと思います。

最後になります。飲食店向けにガイドラインを発出致しましたので、そのご報告です。新型コロナウイルス感染症の発生については、これまで9名いらっしゃいますが、このうち3名の方が飲食店で勤務していることが確認されました。

これを受けて、県では、飲食店でのクラスターの発生を防止し、少しでも感染のリスクを減らすために「飲食店向けの新型コロナウイルス対策ガイドライン」を作成しました。

このガイドラインでは、集団発生防止には「3つの密」を避けることが重要との考え方に基づき、飲食店側の対策や、利用客側の対策を示しております。

今後、このガイドラインへの御理解を広めるため、店内に貼っていただく利用客向けのポスターを作成し、配布することとしています。

飲食店を営む皆様におかれましては、是非ともこのガイドラインに沿って感染症のまん延防止に努めていただきたいと考えています。

併せまして、県民の皆様におかれましても、感染リスクを避けるために飲食店からのお願いに従って、ご利用いただくように、お願い申し上げます。

私からは以上です。

 

過去の知事からのメッセージ

 

ページの先頭へ戻る

県内で確認された患者の生活圏にお住まいの方へ 

 県内で確認された患者の生活圏等は次のとおりです。

【1例目】

  1 主な生活圏 笛吹市、山梨市、甲州市

  2 アルバイト勤務

 (1)店舗名 セブンイレブン山梨上石森店

 (2)勤務日時 

   2月27日(木曜日) 19時~21時

   3月 1日(日曜日) 20時~24時

   3月 2日(月曜日) 19時~21時

   3月 4日(水曜日) 19時~21時

   3月 5日(木曜日) 19時~21時

【2例目】

  1 主な生活圏 南アルプス市、昭和町

【5例目】

   1 主な生活圏 甲府市、韮崎市、南アルプス市、中央市 

 2 勤務先

 (1)店舗名 三ッ星マート甲府駅前店

 (2)勤務日時

  3月21日(土曜日) 16時頃~25時頃

  3月24日(火曜日) 16時頃~23時頃

【9例目】

 1 主な生活圏 北杜市

 

 主な生活圏にお住まいの方、勤務した時間帯に当該店舗を訪れた方で、健康状態に不安のある方は最寄りの保健所にご相談ください。

ページの先頭へ戻る

大阪市内で開催されたライブイベントに参加された方へ 

 大阪市内のライブハウスで開催されたイベントで、複数の感染者が確認されています。

 次のイベントに参加された方は、症状の有無に関わらず、最寄りの帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

 なお、これらライブハウスは、大阪市保健所の指示の下、施設消毒を終えています。
 

【コンサート概要】
1 大阪京橋ライブハウスArc(大阪市都島区東野田町1-1-4)
  ・2月15日(土曜日)
 (1)時間帯 午後6時30分開演 午後9時頃終了
 (2)コンサート名 カツオコレクション Vol.55
 
  ・2月16日(日曜日)
 (1)時間帯  午後5時30分開場 午後6時開演
 (2)コンサート名 カツオのたまり場~Vol.9
 
2 Soap opera classics Umeda(大阪市北区西天満4-4-18)
 ・2月19日(水曜日)
 (1)時間帯  午後6時開演 午後9時頃終了
 
 ・2月23日(日曜日
 (1)時間帯 昼の部 午後1時開演 午後3時頃終了
 夜の部 午後7時開演 午後9時頃終了

 ・2月24日(月曜日)New
 (1)時間帯 午後7時から午後9時頃まで

3 Live House Rumio(大阪市北区西天満6-2-14)

 ・2月17日(月曜日)
 
(1)時間帯  不明

 ・2月18日(火曜日)
 (1)時間帯  午後7時から午後10時頃まで
 
4 americamura FAN J twice(大阪市中央区西心斎橋2-18-10)
 ・2月21日(金曜日)
 (1)時間帯  午後7時から午後9時頃まで

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルス感染症について 

新型コロナウイルス感染症に県民一丸となって立ち向かいましょう

予防対策やこれまでの県の主な取り組みをまとめました。

山梨県広報誌「ふれあい特集号vol.64」(一部抜粋)(PDF:1,648KB)

新型コロナウイルス感染症について

 風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの一般的な感染症対策を行うことが重要です。 

 県では、新型コロナウイルス感染症から県民の皆さまの生命と健康を守るために、正しい知識の普及による感染予防の徹底、正しい情報の提供による混乱防止と不安軽減が重要だと考えています。患者発生時においては、最新の医学的見地から、感染の拡大防止に必要な情報を、県民の皆さまに速やかに提供して参ります。

新型コロナウイルスを防ぐには(PDF:249KB)

(参考)正しい手の洗い方(PDF:357KB)

(参考)感染症予防の基本(PDF:274KB)

(参考)コロナウイルスについて

 人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまるとされています。

新型コロナウイルス感染症に関する情報は、Twitterでも発信しています

https://twitter.com/coronayamanashi

なお、このアカウントでは、公共性の高いアカウントを除いて他のアカウントをフォローすることはありません。

 

また、寄せられたコメントに対して直接返信することはありません。

Twitterに関するお問い合わせは、ホームページ内のお問合せフォームをご利用いただくか、福祉保健総務課(電話055-223-1441)までお願いします。

 

県内状況

 県衛生環境研究所における疑似症例の検査状況

4月2日までの疑似症例の検査件数(1件=1名)計 625件

検査日、検査期間

検査件数

内訳(記載のない日は検査を実施していません)

3月29日(日曜)~4月4日(土曜)

 176

 29日5件、30日18件、31日48件、1日57件、2日48件

3月22日(日曜)~3月28日(土曜)

98

22日7件、23日12件、24日13件、25日18件、26日21件、27日15件、28日12件 

3月15日(日曜)~3月21日(土曜)

65

15日7件、16日22件、17日10件、18日10件、19日10件、20日1件、21日5件

3月8日(日曜)~3月14日(土曜)

103

8日5件、9日35件、10日13件、11日15件、12日16件、13日16件、14日3件
3月1日(日曜)~3月7日(土曜)

99

1日4件、2日12件、3日11件、4日10件、5日15件、6日15件、7日32件
2月23日(日曜)~2月29日(土曜)

51

24日2件、25日20件、26日11件、27日3件、28日11件、29日4件
2月16日(日曜)~2月22日(土曜)

25

17日3件、18日3件、19日5件、20日1件、21日12件、22日1件
2月9日(日曜)~2月15日(土曜)

3

11日1件、14日1件、15日1件
2月1日(土曜)~2月8日(土曜)

5

2日1件、3日2件、4日1件、5日1件

合計

625

 

県内のクルーズ船受入患者の状況

 <4月2日時点>

 県内の受入患者は24名です。これまでに21名が退院し、現在入院中の方は3名です。(重症者なし)

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルス感染症に係る電話相談窓口について 

帰国者・接触者相談センター

 帰国者・接触者相談センターは、感染が疑われる場合に、どこの医療機関を受診すべきか分からないという方の不安を軽減し、また、医療機関を発端とする感染症のまん延をできる限り防止する観点から設置するものです。

 新型コロナウイルスの感染が疑われる要件を満たす方に対し、専用の受診先をご案内します。最寄りの保健所の相談窓口にお問い合わせください。

 

【帰国者・接触者相談窓口一覧】  *令和2年4月1日より中北保健所と中北保健所峡北支所が統合されました

名称

電話番号

FAX

管轄地域

中北保健所

(地域保健課)

0551-23-3074

0551-23-3075

甲斐市、中央市、昭和町、

韮崎市、南アルプス市、北杜市

峡東保健所

(地域保健課)

0553-20-2752

0553-20-2754

山梨市、笛吹市、甲州市

峡南保健所

(地域保健課)

0556-22-8158

0556-22-8159

市川三郷町、早川町、身延町、南部町、

富士川町

富士・東部保健所

(地域保健課)

0555-24-9035

0555-24-9037

富士吉田市、都留市、大月市、上野原市、

道志村、西桂町、忍野村、山中湖村、

鳴沢村、富士河口湖町、小菅村、丹波山村

甲府市保健所

(医務感染症課)

055-237-8952

055-242-6178

甲府市

 *夜間・休日(24時間対応)は、メッセージ等により緊急電話番号でご相談を受け付けます。

 新型コロナウイルス感染症専用相談ダイヤル

令和2年1月29日から県民の皆様の相談窓口として相談ダイヤルを開設しました。

電話番号:055-223-8896

F A X :055-223-1499

開設時間:午前9時~午後9時(土日・祝日含む)

新型コロナウイルス感染症専用相談ダイヤル(PDF:74KB)

電話相談窓口の相談件数

帰国者・接触者相談センター

 4月2日までの相談件数 計4,894件

相談受付期間

相談
件数

内訳(記載のない日は相談がありません)

3月29日(日曜)~4月4日(土曜)

1,517

 29日55件、30日226件、31日356件、1日451件、2日429件

3月22日(日曜)~3月28日(土曜)

691

22日47件、23日106件、24日82件、25日126件、26日106件、27日133件、28日91件

3月15日(日曜)~3月21日(土曜)

577

15日43件、16日161件、17日85件、18日100件、19日75件、20日48件、21日65件

3月8日(日曜)~3月14日(土曜)

1,073

8日94件、9日344件、10日203件、11日139件、12日107件、13日122件、14日64件

3月1日(日曜)~3月7日(土曜)

507

1日33件、2日94件、3日83件、4日50件、5日81件、6日81件、7日85件

2月23日(日曜)~2月29日(土曜)

309

23日21件、24日23件、25日61件、26日38件、27日60件、28日63件、29日43件

2月16日(日曜)~2月22日(土曜)

189

16日4件、17日25件、18日39件、19日28件、20日30件、21日29件、22日34件

2月10日(月曜)~2月15日(土曜)

31

10日1件、12日2件、13日7件、14日15件、15日6件

合計

4,894

 
新型コロナウイルス感染症専用相談ダイヤル

4月2日までの相談件数 計3,033件

相談受付期間

相談件数

内訳(記載のない日は相談がありません)

3月29日(日曜)~4月4日(土曜)

 670

 29日51件、30日120件、31日163件、1日160件、2日176件

3月22日(日曜)~3月28日(土曜)

424

22日23件、23日46件、24日46件、25日98件、26日84件、27日65件、28日62件

3月15日(日曜)~3月21日(土曜)

301

15日50件、16日58件、17件42件、18日58件、19日37件、20日22件、21件34件

3月8日(日曜)~3月14日(土曜)

786

8日211件、9日178件、10日126件、11日96件、12日60件、13日53件、14日62件

3月1日(日曜)~3月7日(土曜)

253

2日47件、3日28件、4日32件、5日34件、6日31件、7日81件

2月23日(日曜)~2月29日(土曜)

201

25日56件、26日52件、27日48件、28日45件

2月16日(日曜)~2月22日(土曜)

141

17日42件、18日31件、19日26件、20日26件、21日16件

2月9日(日曜)~2月15日(土曜)

59

10日13件、12日17件、13日14件、14日15件

2月2日(日曜)~2月8日(土曜)

79

3日26件、4日12件、5日15件、6日10件、7日16件

1月29日(水曜)~2月1日(土曜)

119

29日11件、30日61件、31日47件

合計

3,033

 

 

新型コロナウイルス風評被害等相談窓口

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、県民の皆さんの不安を取り除くため、風評被害などについての相談窓口を開設しました。

電話番号:055-223-1350

開設期間:午前8時30分から午後5時(平日のみ)

 

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルス感染症患者発生時等の情報の公表について

公表の目的

 ・新たな患者発生の予防及びまん延の防止

 ・県民への感染予防に関する注意喚起

 ・県民の不安の軽減及び誤った情報等による混乱の防止

公表の契機

 ・県内において、新型コロナウイルス感染症患者の発生が確定したとき

 ・県外で新型コロナウイルス患者が発生し、県内に不特定多数の濃厚接触者がいることを覚知したとき

公表の手順及び留意事項

 ・疫学調査の結果を踏まえ、疾患の感染経路、潜伏期間等を考慮し、国等と協議しながら、最新の医学的判断に基づき、上記の目的のために必要な情報を速やかに公表するものとする。

 ・公表を行う場合は、事前に患者またはその保護者に対して、公表の目的や公表内容、公表方法等を説明するものとする。

 ・個人情報の保護や施設及び地域等の風評被害に特に留意し、個人や施設等が不必要に特定されたり、差別・偏見の対象にならないよう十分配慮し、報道機関に対して理解と協力を求めるものとする。

 ・個人が特定されるおそれのある氏名、生年月日、住所等の個人情報は、公表の対象としないものとする。

 ・感染の拡大を防ぐため、特に、施設や地域等の特定につながるおそれのある情報を公表する必要がある場合は、当該施設及び自治体等の承諾を得たうえで公表を行うものとする。

公表する情報

 (1)基本的な患者情報

 ・年代

 ・性別

 ・居住地(都道府県レベル)

 ・症状・経過

 ※ 感染の拡大を防ぐため、医学的に必要と認められる場合は、必要な範囲で公表する情報を追加する。

 

 (2)行政の対応状況

 ・患者、接触者への指導内容

 ・施設等への措置内容 等

 

 (3)感染予防のための情報

 ・手洗い、咳エチケット 等

 

上記と同じ内容をPDFでも掲載します。

新型コロナウイルス感染症患者発生時等の情報の公表について(PDF:331KB)

 

 参考

厚生労働省ホームページ

中華人民共和国新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生について

国立感染症研究所

コロナウイルスに関する解説及び中国で報告されている原因不明の肺炎に関連する情報

 

 

ページの先頭へ戻る

 山梨県新型コロナウイルス感染症関係総合対策本部の開催状況

新型コロナウイルス感染症の拡大による県民生活及び県民生活の基盤となる地域経済の「防衛と感染収束後における反転攻勢」のため、知事を本部長とする「山梨県新型コロナウイルス感染症関係総合対策本部」を設置しました。

 

第1回会議資料(令和2年3月11日)

本部長(知事)指示事項(PDF:355KB)

次第(PDF:48KB)

感染症患者等の状況(PDF:438KB)

国の緊急対応策(第2弾)【概要】(PDF:501KB)

国の緊急対応策(第2弾)(PDF:415KB)

県融資制度(PDF:127KB)

 

ページの先頭へ戻る

子育て家庭休業助成金制度について 

この制度は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、子どもが小学校や保育所等へ登校・登園をしなかったことに伴い保護者が休業を余儀なくされた方に、一定額の助成を行うものです。

なお、国においても同趣旨の事業主に対する助成金制度や委託を受けて個人で仕事をする方向けの支援を創設しており、優先的な活用を呼び掛けているところです。国と県の助成金を重複して支給を受けることはできませんので、まずは国の制度の活用について、事業主に御確認ください。

【制度概要】
1.助成対象者

以下の5項目の全てに該当する方が対象となります。

(1)市町村民税非課税世帯又はひとり親世帯の者

(2)小学校3年生以下、又は特別支援学級・特別支援学校・保育所・幼稚園・認定こども園等に通う子どもを持つ保護者

 (ただし、登校・登園をしなかったことに伴い休業された方)

(3)山梨県内に住所を有する者

(4)労働基準法の適用を受ける労働者、又は事業活動を行う個人事業主

 ▷事業所から賃金をもらって働いている方や自営業者を言います。アルバイトやパートの方も対象となります。

(5)休業期間中、労働基準法に基づく休業手当金、健康保険法に基づく傷病手当金、その他給与又は事業所得の補填にあたる公的な給付金等が支給されない者

 ▷休んだことに対する公的な補償を受け取っていない方、有給休暇ではない休業の方となります。

2.助成内容

 支給する助成金の額は、休業した日、一人につき一日4,000円です。

 令和2年3月2日から3月31日までの間の休業で、最大14日を限度とします。(ただし、休日等は対象となりません)

 

山梨県新型コロナウイルス対策子育て家庭休業助成金チラシ(PDF:180KB)

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

なお、本制度については、4月以降も継続することとしました。詳細については、国の制度内容を確認の上設定し、追ってお知らせします。 

 

問い合わせ先:山梨県子ども福祉課 電話 055-223-1459

 

ページの先頭へ戻る

 

 新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で、生活資金についてお悩みの皆さまへ

生活福祉資金貸付制度では、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、貸付の対象世帯を低所得世帯以外に拡大し、休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた、緊急小口資金等の特例貸付を実施します。

詳しくは、下記のパンフレットをご覧ください。

 

パンフレット:一時的な資金の緊急貸付に関するご案内(PDF:508KB)

 

生活福祉資金制度全般についてはこちらをご覧ください。

 

問い合わせ先:山梨県福祉保健総務課 電話 055-223-1443

 

ページの先頭へ戻る

中小企業者向けの情報 

中小企業・小規模企業の相談窓口

県のほか、商工会議所、商工会等の相談窓口を以下のリンク先でご案内しております。

 

経済変動対策融資

県では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により売上が減少した際に活用できる経済変動対策融資を行っておりますので、ご活用ください。

詳しくは以下をご覧ください。

経済変動対策融資・新型コロナウイルス対策関係一覧表(PDF:92KB)

 

 

経済変動対策融資(経済危機関係・危機関連保証)のご案内(PDF:135KB)

 1カ月間の売上高等が前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後の2カ月間を含む3カ月間の売上高等が前年同期比で15%以上の減少が見込まれる方が対象です。

経済変動対策融資(経済危機関係・セーフティネット保証4号)のご案内(PDF:137KB)

 1カ月間の売上高等が前年同月比で20%以上減少しており、かつ、その後の2カ月間を含む3カ月間の売上高等が前年同期比で20%以上の減少が見込まれる方が対象です。

経済変動対策融資(不況業種対策関係・セーフティネット保証5号)のご案内(PDF:136KB)

中小企業信用保険法第2条第5項第5号で指定する不況業種で、直近3カ月間の売上高等が前年同期比5%以上減少するなどしている方が対象です。

 

その他の融資についてはこちらをご覧ください。

 

問い合わせ先:山梨県産業振興課 電話 055-223-1537

       (令和2年3月31日までは商業振興金融課が所管します。電話番号に変更はありません。)

  

国の中小企業に関する施策は以下のページをご覧ください。

https://www.kanto.meti.go.jp/kansensho/index.html

 

 

ページの先頭へ戻る

 感染拡大防止のための新型コロナウイルス対策休業助成金制度を創設しました

助成対象者

以下の4項目の全てに該当する方が対象となります。

(1)山梨県内に住所を有する者

(2)労働基準法の適用を受ける労働者、又は事業活動を行う個人事業主

 ▷事業所から賃金をもらって働いている方や自営業者を言います。アルバイトやパートの方も対象となります。

(3)感染者又は濃厚接触者

 ▷保健所から入院勧告または、外出自粛の要請を受けた方が対象となります。

(4)休業期間中、労働基準法に基づく休業手当金、健康保険法に基づく傷病手当金、その他給与又は事業所得の補てんにあたる公的な給付金等が支給されない者

 ▷休んだことに対する公的な補償を受け取っていない方、有給休暇ではない休業の方となります。

助成内容

  • 交付する助成金の額は、休業した日、一人につき一日4,000円です。
  • 感染者は、感染が確認された以降の入院から退院までの期間とし、連続した14日間を限度とします。(ただし、休日等は対象となりません)
  • 濃厚接触者は、保健所から外出自粛の要請を受けた日から保健所において示された期間とし、連続した14日間を限度とします。(ただし、休日等は対象となりません)

請求の方法

助成金交付申請書(様式第1号)に必要書類を添付し、令和2年6月30日(火曜日)までに産業労働部労政雇用課長あて親展で提出してください。

 

制度概要のチラシ(PDF:625KB)

 

その他詳細につきましては、以下のページをご覧ください。
https://www.pref.yamanashi.jp/rosei-koy/novel_coronavirus_joseikin.html

 

ページの先頭へ戻る

 

 新型コロナウイルス感染症の影響により県税の納付が困難な方へ

新型コロナウイルス感染症に関連して以下のようなケースに該当する場合は、納税の猶予制度(徴収の猶予:地方税法第15条、申請による換価の猶予:地方税法第15条の6)があります。

 

詳細は以下のページをご覧ください。

https://www.pref.yamanashi.jp/zeimu/coronavirus_choushuuyuuyo.html

 

問い合わせ先:山梨県総合県税事務所滞納整理部 電話 055-261-9120

 

ページの先頭へ戻る

県立施設の休館情報(一覧) 

県立施設については、3月19日の政府専門家会議及び、3月20日の政府対策本部において示された内容を踏まえ、開館等について、感染防止対策を徹底することを前提に、各施設等で判断することとなっております。

各施設の開館時期が決まりましたら随時更新致します。

※詳細な情報については、各施設にお問い合わせ下さい。

 

 R2.4.3現在

  施設名 休館期間 備考 問い合わせ先
1 富士山世界遺産センター ~当面の間   0555-72-0259
2 富士山科学研究所 ~当面の間 一般利用の対象である環境情報センター(図書館)、富士山サイエンスラボが休館 0555-72-6211
3 リニア見学センター ~当面の間   0554-45-8121
4 防災新館オープンスクエア・県民ひろば ~当面の間 新規利用の申込停止

防災センター
050-5846-2962

5 防災安全センター ~当面の間 防災に関する電話等による相談には対応 055-273-1048
6 愛宕山こどもの国 ~令和2年4月12日   055-253-5933
7 愛宕山少年自然の家 ~当面の間   055-253-5933
8 八ヶ岳自然ふれあいセンター ~当面の間   0551-48-2900
9 森林公園金川の森 ~当面の間 屋内施設等を休館(自転車貸出等の利用者サービスも停止) 0553-47-2805
10 武田の杜保健休養林 ~当面の間 屋内施設等を休館 055-251-8551
11 森林総合研究所「森の教室」 ~当面の間   0556-22-8001
12 森林総合研究所「シミック八ヶ岳薬用植物園」 ~当面の間   0551-36-4200
13 ジュエリーミュージアム ~当面の間   055-223-1570
14 富士北麓駐車場 ~令和2年3月31日 令和2年4月1日~利用可能 055-223-1576
15 国際交流センター ~当面の間 会議室などの貸出を停止
パスポートセンターと外国人相談センターは通常執務
国際交流センター
055-228-5419
パスポートセンター
055-222-2040
やまなし外国人相談センター055-222-3390
16 まきば公園

~令和2年4月17日

~当面の間

冬季閉鎖中(公園等)


休館(まきばレストラン)

まきば公園 0551-36-3200

まきばレストラン 0551-38-4600

17 県立フラワーセンター ~当面の間   0551-25-4700
18 県立富士湧水の里水族館 ~令和2年3月31日 令和2年4月1日~開館 0555-20-5135
19 クニマス展示館 ~当面の間   0555-82-3111
20 小瀬スポーツ公園 ~当面の間 売店・レストラン・各種団体が主催するイベントで使用する施設は対象外 055-243-3111
21 富士北麓公園 ~当面の間 売店・各種団体が主催するイベントで使用する施設は対象外 0555-24-3651
22 御勅使南公園 ~当面の間 売店・各種団体が主催するイベントで使用する施設は対象外 055-285-4712
23 曽根丘陵公園 ~当面の間 各種団体が主催するイベントで使用する施設は対象外 055-266-5854
24 富士川クラフトパーク ~当面の間 売店・レストラン・各種団体が主催するイベントで使用する施設は対象外 0556-62-5545
25 笛吹川フルーツ公園 ~当面の間 売店・レストラン・各種団体が主催するイベントで使用する施設は対象外 0553-23-4101
26 桂川ウェルネスパーク ~当面の間 売店・レストラン・各種団体が主催するイベントで使用する施設は対象外 0554-20-3080
27 舞鶴城公園 ~当面の間 櫓休館 055-227-6179
28 釜無川スポーツ公園 ~当面の間 バーベキュー場利用休止 055-224-1673
29 丘の公園 ~当面の間   ゴルフ場:0551-48-4811
アクアリゾート清里:0551-48-5551
30 青少年センター ~当面の間 体育施設、宿泊施設の利用休止 055-237-5311
31 科学館 ~当面の間   055-254-8151
32 図書館 ~当面の間 貸出・閲覧業務の休止 055-255-1040
33 緑が丘スポーツ公園スポーツ会館 ~当面の間 洋弓場、体育館、スポーツ会館が休館 055-253-1906
34 飯田野球場 ~当面の間   055-222-1822
35 八代射撃場 ~当面の間   055-265-3051
36 博物館 ~当面の間 売店、各種団体が主催するイベントで使用する施設は対象外 055-261-2631
37 考古博物館(風土記の丘) ~当面の間   055-266-3881
38 美術館 ~当面の間 売店、各種団体が主催するイベントで使用する施設は対象外 055-228-3322
39 文学館 ~当面の間 各種団体が主催するイベントで使用する施設は対象外 055-235-8080
40 近代人物館 ~当面の間   055-223-1790
41 八ヶ岳少年自然の家 ~当面の間   0551-48-2306
42 ゆずりはら青少年自然の里 ~当面の間   0554-67-2333

 

ページの先頭へ戻る

 子供の居場所づくり等に関する取り組みについて

山梨県教育委員会では、児童生徒の健康及び精神的なケアの観点から、自宅内や自宅周辺での適度な運動により、気分転換をお願いしてきたところです。

しかし、長期化する学校の臨時休業による児童生徒の心身への影響や、例年の春休みと異なり行動に制限がある状況に鑑み、十分な感染症予防対策を行った上で、子供たちの居場所づくり等に向け取り組むこととしましたのでお知らせします。

山梨県教育委員会における「子供の居場所づくり」等に向けた取り組み(PDF:214KB)

今後も検討を続け、新たな取り組みを行う際はお知らせします。

なお、参加される児童生徒、保護者の皆様におかれましては、咳、発熱がある場合には参加をご遠慮いただくとともに、マスクの着用や手洗い、適度な間隔の確保にご協力をお願いいたします。

問い合わせ先:山梨県教育庁総務課 電話 055-223-1741

 

ページの先頭へ戻る

 Information in some languages

リンク先は、本ページを自動翻訳システムを使用して翻訳したページとなります。システム翻訳のため、日本語ページの完全な翻訳となっていない場合がありますことをご了承ください。

英語(English)

General information about the Coronavirus in Yamanashi

Please note that as it is a machine translation from an automatic translation system, the translation may not always be accurate.
Also note that after the translation, the content may not be same as on the original japanese page.

中国語(Chinese)

山梨县新型冠状肺炎综合信息

山梨县官方网站使用非官方自动翻译服务进行翻译。因自动翻译系统的机械化设置,无法保证翻译完全准确,
与翻译前的日文网页内容有出入时,请您谅解之余,欢迎使用。

インドネシア語(Indonesian)

Kumpulan Pemberitahuan terkait Penyakit Menular dari Virus Korona Baru

Yamanashi situs resmi akan diterjemahkan dengan menggunakan layanan penerjemahan otomatis pribadi.
Harap diperhatikan bahwa ini merupakan terjemahan mesin dari sistem penerjemahan otomatis, sehingga hasil terjemahan tidak selalu akurat.
Selain itu, harap perhatikan bahwa setelah diterjemahkan, konten mungkin tidak sama dengan konten dalam halaman asli berbahasa Jepang.

韓国語(Korean)

야마나시현 신종 코로나 바이러스 감염증에 관한 종합 정보

야마나시 현 공식 홈페이지를 민간 자동 번역 서비스를 이용하여 번역합니다.
자동 번역 시스템에 의한 기계 번역 때문에, 반드시 정확한 번역이다고는 할 수 없다.
번역 전 일본어 페이지의 본래의 내용과 다른 경우도 있으므로이를 충분히 이해하고 이용하십시오. 

フランス語(French)

Informations complètes a propos des cas de coronavirus dans le département de Yamanashi

Le site officiel de la préfecture de Yamanashi est accessible à la traduction grâce à un service privé de traduction automatique.
Ce système de traduction automatique ne permet pas de garantir une traduction exacte.
En l’utilisant, veuillez garder à l’esprit que le contenu de la traduction peut être différent de celui du texte original en japonais.

ポルトガル語(Portuguese)

Informações Gerais sobre a Infecção pelo Corona Vírus em Yamanashi

Este site utiliza o serviço de tradução automática. A tradução resultante poderá não ser precisa e o conteúdo das informações poderá, ainda, ser diferente da versão original japonesa.

Pedimos a compreensão de todos quanto a isso.

ベトナム語(Vietnamese)

Thông tin chung về coronavirus ở Yamanashi

Trang web chính thức của tỉnh Yamanashi được dịch bởi một dịch vụ dịch tự động tư nhân.
Xin lưu ý rằng vì đây là bản dịch máy từ hệ thống dịch tự động nên bản dịch có thể không chính xác.
Cũng vui lòng lưu ý rằng sau khi dịch, nội dung có thể không giống với trang gốc bằng tiếng Nhật.

 

 

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事政策局広聴広報グループ 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について