トップ > まちづくり・環境 > 交通 > 電車 > JR東日本 クルーズトレイン「TRAIN SUITE四季島」について

更新日:2017年6月28日

ここから本文です。

JR東日本 クルーズトレイン「TRAIN SUITE四季島」について

 

JR東日本では、2012年10月、「クルーズトレイン(豪華列車)の導入」を行うことを発表(2014年10月には、列車名を「四季島(しきしま)」とすることを発表)しました。

 これについて、山梨県では、中央東線高速化促進広域期成同盟会(会長:山梨県知事 後藤 斎)などを通じて、JR東日本に対して、このクルーズトレイン「TRAIN SUITE四季島」を活用した中央東線(東京駅~塩尻駅)沿線を周遊する旅行商品の造成を要望してきました。

2015年12月2日、JR東日本では、クルーズトレイン「TRAIN SUITE四季島」の運行ルートの概要等が発表になり、山梨県内を運行する1泊2日コースについては、2017年5月6日から運行が始まっています。

「TRAIN SUITE四季島」の運行により、山梨県の魅力が広く発信されているところです。


 (以下の画像の出典:JR東日本 「TRAIN SUITE 四季島」 ホームページ)  

shikisima1

◯四季島 車両イメージ

 

syaryounai

◯四季島 車両内(展望車)イメージ

  

関連リンク 

JR東日本 「TRAIN SUITE 四季島」 ホームページ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部交通政策課 担当:交通活性化担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1353   ファクス番号:055(223)1335

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について