更新日:2017年12月20日

ここから本文です。

反射材の利用促進

自動車が歩行者の存在に気がつき、ブレーキを踏み、停止するためには、時速40kmの場合、22m(空走距離11m+制動距離11m)が必要です。

歩行者の存在を、できるだけ遠くから、自動車の運転手に気づかせるためには、反射材や自発光ライトが効果的です。最近は反射材の種類が増え、デザインのかわいいものも増えていますので、夕暮時や夜間の外出には、お気に入りの1個(2個,3個)をお供に連れて、出かけましょう。

平成28年度、県では、反射材普及のため、ポスター等を作成し、公営温泉やコミュニティーバスなど、多くの人の目に触れる場所への掲示を、関係機関に依頼しました。

反射材普及用ポスター(不許複製)(PDF:184KB)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部交通政策課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1353   ファクス番号:055(223)1335

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について