トップ > まちづくり・環境 > 交通 > 電車 > 中央線特急列車の新型車両の統一について

更新日:2019年3月26日

ここから本文です。

中央線特急列車の新型車両の統一について

 山梨県では、中央東線高速化促進広域期成同盟会などを通じて、国やJR東日本に対して、中央東線(東京駅~塩尻駅)の「高速化や快適性の向上に資する新型車両の開発推進」を要望してきました。

この新型特急車両は、乗り心地を向上する動揺防止装置の採用や、各座席にパソコンを置けるテーブルとコンセントを設置するなど、新たな技術・設備が導入され、本県と首都圏間の移動がより快適なものとなりました。

詳細はJR東日本ホームページ内の列車カタログをご覧ください。

 

  • 2019年3月16日から特急「あずさ」「かいじ」は新型特急車両E353系に統一されました。(一部の臨時列車は、E257系(旧かいじ車両)で運転される予定です。)

東日本旅客鉄道(株)2018年12月14日公表資料(PDF:690KB) 

 

 東日本旅客鉄道(株)2018年10月30日公表資料(PDF:420KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部交通政策課 担当:交通活性化担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1665   ファクス番号:055(223)1335

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について