トップ > 医療・健康・福祉 > 衛生 > 食品の衛生管理と安全(峡南保健福祉事務所)

更新日:2019年1月30日

ここから本文です。

食品の衛生管理と安全(峡南保健福祉事務所)

食品の安全

食中毒について

食中毒とその予防について(衛生薬務課)をご覧下さい。

食中毒の予防

食中毒の予防、食品衛生の知識の普及啓発、食品などによる危害・事故がないように監視や指導を行っています。万一、食中毒が発生したら、原因を究明し被害の拡大を防ぐため、患者の便や嘔吐物、原因と思われる施設や食品の調査を行います。

給食施設・飲食店・製造所・販売店の立ち入り検査

施設の衛生管理や食品の取扱い、食品の表示について点検し、指導します。

不良食品への対応

不良食品や住民からの苦情を調査し、営業者等を指導します。

衛生講習会の実施

給食の調理人や営業者、県民を対象とした講習会に講師を派遣します。

飲食店営業や食品の製造・販売

食品を加工・調理・製造および販売する場合には、保健所の営業許可が必要となります。営業を始めようと考えている方は、保健所に相談してください。下記にも、営業許可を必要とする業種を掲載しています。参考にして下さい。

 

営業所の施設を新設・改築等を行うなどの変更をする場合は、保健所にご相談下さい。また、飲食店等の営業許可を必要とする施設には、食品衛生責任者を置かなければなりません。食品衛生責任者の養成講習会や実務講習会についてのお問い合わせは、下記までお願いします。

 

峡南食品衛生協会(峡南保健所内)電話:0556-22-8139

模擬店等の届出

夏祭り等のイベントで食品を調理や販売を行うときは、保健所への届け出が必要となります。届出の際は、食中毒や食品事故を未然に防止するための衛生確保に必要な助言を行います。

 

 

施設基準等

施設を新設・改築等を行う場合は、あらかじめご相談ください。

1.施設基準

  • 営業施設は、専用であり、自宅の台所や居間などの生活空間と区別すること。
  • 調理場、製造所、販売実施施設内に手を洗う場所などの設備を備えること。

2.管理運営基準

  • 食品を清潔に取り扱うこと。
  • 営業施設内は清潔にすること。
  • 営業許可を必要とする場合は、施設または部門ごとに食品衛生の責任者を置くこと。

営業許可を必要とする業種34業種

飲食店営業、喫茶店営業、菓子製造業、あん類製造業、アイスクリーム類製造業、乳処理業、特別牛乳さく取処理業、乳製品製造業、集乳業、乳類販売業、食肉処理業、食肉販売業、食肉製品製造業、魚介類販売業、魚介類せり売営業、魚肉ねり製品製造業、食品の冷凍又は冷蔵業、食肉の放射線照射業、清涼飲料水製造業、乳酸菌飲料製造業、製氷製造業、氷雪販売業、食用油脂製造業、マーガリン又は豆腐製造業、納豆製造業、めん類製造業、そうざい製造業、かん詰又はびん詰め製造業、添加物製造業

 

 

関係機関へのリンク

関連リンク

峡南保健福祉事務所(峡南保健所)

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部峡南保健福祉事務所(峡南保健所) 担当:衛生課
住所:〒400-0601 南巨摩郡富士川町鰍沢771-2南巨摩合同庁舎 1 ・ 2 階
電話番号:0556(22)8151   ファクス番号:0556(22)8159

e-メール:kn-hokenf@pref.yamanashi.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について