前進!やまなし

こんにちは。知事の長崎です。

ここから本文です。

更新日:2013年8月29日

グリーンイノベーションの推進

グリーンイノベーションの目的

本県の恵まれた自然環境を活かし、再生可能エネルギー(太陽光発電、小水力発電)の普及促進を図り、低炭素社会の実現とグリーンイノベーションによる経済活性化の両立を目指すとともに供給力増強の観点から新規水力発電地点の開発調査に取り組む。

「グリーンイノベーションの推進」の概要(PDF:247KB)

計画の具体的施策

太陽光発電の普及促進

  • 超電導等による電力貯蔵技術実用化の推進(H23年度から)
    • 超電導等を用いた「次世代フライホイール蓄電システム」の開発(H24年度からH27年度
      • 鉄道総研及び民間企業3社と共同開発(H24年度NEDO補助採択事業)
      • 実証試験用の大規模太陽光発電所の建設・運用開始(H25年度から)
  • 米倉山太陽光発電所PR施設建設・運用開始(H23年度から)
    • 米倉山太陽光発電所PR施設を活用し、次世代エネルギーについて情報を発信

 

小水力発電の普及促進

  • 小水力発電モデル施設の整備
    • 塩川第二発電所建設・運用開始(H21年度から)
    • 若彦トンネル湧水発電所建設・運用開始(H21年度から)
    • 深城発電所建設・運用開始(H22年度から)
    • 大城川砂防ダムを利用した大城川発電所の建設・運用開始(H25年度から)
  • 小水力発電所の開発調査及び建設
    • 10年間で10地点の小水力発電所の開発(平成25年度から)

 

新規水力発電所の開発調査及び建設

  • 事業用発電所の調査・検討・現地調査・設計・建設

 

参考資料

  1. 超電導等を用いた電力貯蔵技術の研究の推進に関する協定の締結(PDF:353KB)について(平成23年6月6日発表)
  2. 米倉山太陽光発電所PR施設「ゆめソーラー館やまなし
  3. 超電導を用いた電力貯蔵技術開発のNEDO補助事業への採択(PDF:120KB)について(平成24年8月3日発表)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県企業局電気課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)5389   ファクス番号:055(223)5393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?