トップ > しごと・産業 > 建設業 > 資格・手続き > 経営事項審査 > 登録基幹技能者が経審の加点となります

更新日:2013年11月25日

ここから本文です。

登録基幹技能者が経審の加点となります

登録基幹技能者制度の創設について

建設産業において生産性の向上、品質確保を図るため、建設現場において中核的な役割を担う「基幹技能者」を新たに創設し、登録基幹技能者講習について規定することになりました。

また、併せて経営事項審査の技術力審査項目に登録基幹技能者講習修了者が追加されました。

 

経営事項審査上の技術者として認められるためには、改正後建設業法施行規則の施行される平成20年4月1日以降に、該当する講習機関が国土交通大臣登録されてから行う講習を受講することが必要です。

 

該当する講習機関と、経審上の加点対象業種についてはヨイケンセツドットコム及び基幹技能者ガイドブック(12ページ)をご覧ください。

技術者評価点について

 

1級技能者

監理技術者資格者保有

かつ監理技術者講習受講

6点

1級技術者であって

上記以外の者

5点

基幹技能者

3点

2級技術者

2点

その他

1点

技術者評価点については上記のとおりとなります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部県土整備総務課(建設業対策室) 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1843   ファクス番号:055(223)1844

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について