トップ > くらし・防災 > 消費生活 > 消費生活一般 > 注意情報 > 使い捨てカイロによる低温やけどにご注意

更新日:2016年1月26日

ここから本文です。

使い捨てカイロによる低温やけどにご注意

 

毎年、カイロで低温やけどになってしまったという情報が寄せられます。他にも、スマホやパソコンをほおにあてたまま寝てしまったり、布団のなかに入れた湯たんぽでも起こります。「低温やけど」は体温よりやや高めのものが皮膚の同じ部位に長時間接触し続けることで起こります。長時間、皮膚の同じ部位に固定しないようにしましょう。もし低温やけどになってしまったら、通常のやけどに比べて皮膚の深部までダメージを受けている可能性がありますので、早めに専門医の診断を受けましょう。

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活センター 
住所:〒400-0035 甲府市飯田1-1-20 山梨県JA会館 5階
電話番号:055(223)1366   ファクス番号:055(223)1368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について