トップ > くらし・防災 > 消費生活 > 消費生活相談 > 令和元年度やまなし消費者志向経営セミナー(これって不当表示?~景品表示法を学ぶ~)

更新日:2019年10月9日

ここから本文です。

令和元年度やまなし消費者志向経営セミナー

これって不当表示?~景品表示法を学ぶ~

不当な顧客誘引を防止するため、不当表示や過大な景品類の提供は、不当景品類及び不当表示防止法(いわゆる「景品表示法」)によって規制されています。実際よりもよく見せかける表示や過大な景品類の提供などが行われることにより、消費者が不利益を被るおそれがあるためです。

消費者庁における平成30年度の景品表示法に基づく措置命令件数は46件でした。

また、平成28年4月に施行された改正景品表示法では、課徴金制度が導入されました。平成30年度の課徴金納付命令は20件で、総額5億801万円もの納付が命じられました。

今回のセミナーでは、消費者庁における実際の事例やJAROに寄せられた相談事例から、景品表示法についてわかりやすく説明します。

自社製品のPRのつもりが不当表示となり、措置命令、課徴金納付命令とならないよう、景品表示法の基本をしっかりと学びましょう。

開催日時

令和元年12月4日(水曜日)13時00分~16時00分

(受付:12時30分~13時00分)

開催場所

山梨県立文学館 講堂

(甲府市貢川1-5-35)

※駐車場は県立美術館県立文学館第3駐車場を御利用ください。

内容

講義1「景品表示法について」(90分)

講師:消費者庁表示対策課職員

講義2「景品表示法について~JAROに寄せられる相談事例より~」(75分)

講師:(公社)日本広告審査機構(JARO)職員

申し込み方法(参加無料)

FAXでの申し込み

以下の「FAX申込用紙」をダウンロードして、お申し込みください。

※申込期限 令和元年11月29日(金曜日)

過去の実施状況

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活センター 
住所:〒400-0035 甲府市飯田1-1-20 山梨県JA会館 5階
電話番号:055(223)1571   ファクス番号:055(223)1368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について