トップ > くらし・防災 > 消費生活 > 消費生活一般 > 注意情報 > 電力小売り全面自由化の便乗商法に注意

更新日:2016年3月4日

ここから本文です。

電力小売り全面自由化の便乗商法に注意

2016年4月1日より、電力の小売り全面自由化が始まります。

電力の契約は地域ごとの電力会社との契約でしたが、2016年4月からは小売り自由化により、多様な業種や業態の事業の中から契約を選択できるようになり、今後、さまざまな勧誘が行われることが予想されます。

当センターにも、今年に入り電力小売り自由化に関する相談が寄せられています。

事例

大手電気業者と提携している業者を名乗り、電気料金が半額になるプランの案内をしたいと電話があった。

 

アドバイス

  • 「料金が必ず安くなる」といった勧誘トークに対しては、安くなる条件、契約期間、解約時の違約金などをよく確認しましょう。
  • 小売電気事業者は登録制になっておりますので、経済産業大臣の登録を受けた事業者か確認しましょう。

    資源エネルギー庁ホームページ:登録小売電気事業者一覧

  • 電力の小売自由化に便乗した勧誘(太陽光発電システム、プロパンガス、蓄電池など)も行われていますので、その必要性についてよく考えましょう。
  • 怪しい電話があった、契約に際してトラブルになった、不安になったときには、お気軽に県民生活センターへご相談ください。

参考

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活センター 
住所:〒400-0035 甲府市飯田1-1-20 山梨県JA会館 5階
電話番号:055(223)1366   ファクス番号:055(223)1368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について