トップ > くらし・防災 > 消費生活 > 消費生活相談 > 架空請求にご注意ください!

更新日:2013年8月5日

ここから本文です。

架空請求にご注意ください!

架空請求の相談が相次いでいます

  • 「架空請求」とは、文字どおり身に覚えのない請求を送りつけ、お金をだましとろうというものです。悪質業者は大量に同じ文面のハガキをばらまき、送金されるのを待っています。
  • 差出人をみると、公的機関を思わせる架空の組織名をかたり、「民事訴訟裁判通達書」などというタイトルがつけられています。
  • 文面には「出廷命令」「給料や財産の差し押さえ」「強制執行」などの言葉がならび、連絡がない場合は「勤務先に郵送」するなど、受け取った側の不安をあおります。
  • このような架空請求のハガキには、決して連絡しないでください。連絡をすることで、個人情報を相手に知らせてしまうことになります。万一、連絡をとってしまい、お金を振り込むように指示されても、絶対に応じてはいけません。
  • 高齢者の方は、家族が不在の時にこのようなハガキが届くと、不安になり、本物と信じてしまうこともあります。ふだんから、家族の中で話し合いを持つことも大切です。

<ハガキ例>

架空請求ハガキ

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活センター 担当:消費生活相談
住所:〒400-0035 甲府市飯田1-1-20 山梨県JA会館 5階
電話番号:055(223)1366   ファクス番号:055(223)1368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について