トップ > くらし・防災 > 消費生活 > 消費者教育 > 出前講座を実施しました!!

更新日:2018年7月30日

ここから本文です。

出前講座を実施しました!!

平成30年2月6日に、明野小学校で出前講座を実施しました。

5・6年生を対象に、「小学生とネットトラブル」と題して、講座を行いました。いきなり世界とつながるのがインターネットなので、インターネット接続は、便利な反面危険もあります。それに伴う個人情報流出やゲーム課金などのトラブルを紹介し、ルール作りとフィルタリングの設定が必要なことを話しました。平成29年度、ネットトラブルの講座を、高校・中学校・小学校等において、39講座実施しました。

平成30年1月25日にデイサービスリアンで出前講座を実施しました。

「最近の消費者トラブルの事例と対処法」の内容で講座を実施しました。相談員からの質問にも積極的にお答えいただいたり、「あくしつ商法のうた」を水戸黄門の主題歌の替え歌で歌ったりしながらの講座でした。

平成29年7月3日、11月6日、12月18日、イッシー放課後子ども教室で出前講座を実施しました。

1回目「子ども消費者教室~上手に使おうお金・物」、2回目「エネルギーのむだづかいをなくそう」、3回目「新しい洗濯表示をおぼえよう」と題して講座を実施しました。クイズ、DVD、すごろく、カルタなどを用い、子どもたちが興味深く学習できるように工夫して行いました。2回目の「エネルギーのむだづかいをなくそう」の講座では、「Aさんの家Bさんの家」のシートを用い、二酸化炭素排出を抑えるために、Aさんの家の無駄遣いを探したり、Bさんの家の省エネを探したりしました。たくさん見つけることができました。最後に、今日からどんなことに取り組むか聞いたところ、「使っていない部屋の電気を消す。」「歯磨きの時、水をとめてみがく。」など、子どもらしい省エネ対策が出されました。

平成29年12月13日に千鳥シニアクラブ平塩で出前講座を実施しました。

「最近の消費者トラブルの事例と対処法」という内容で講座を実施しました。途中には悪質商法の手口を紹介するDVDの視聴をはさみ、皆さん真剣に講座を聞いてくださいました。商品などを勧められても、購入するつもりがなければ「いりません!」「必要ありません!」と声に出してはっきり断る練習もしました。

平成29年11月28日に富士北麓地域「消費生活」地域講座の中で出前講座を実施しました。

「安心・安全な消費生活のための基礎知識」という内容で講座を実施しました。冒頭の食品ロスの話では、最近の企業の取り組み事例を取り上げました。また、最近の消費生活トラブルの多い事例についてお話をしました。「大変勉強になった」「早速身近な人に話して実践していきたい」今後もこのような講座を企画して町の人々の意識を高めていきたい」との感想をいただきました。

平成29年11月7日、寿ノ家デイサービスセンターで出前講座を実施しました。

高齢者の介護にかかわる方々に向けて、見守りを意識した講座を実施しています。今回の講座では、「最近の消費者トラブルの現状」を知っていただいた後、2つの事例について、1.消費者のよくなかったところ2.介護職員の気づけるポイント3.トラブル防止で介護職員ができることを考え、話し合いました。相談の多い事例について考えたことで、「これからの仕事に生かせる」との感想をいただきました。

平成29年9月7、11、12、13日に通所リハビリテーションいぶきで出前講座を実施しました。

「食品ロス」「新しい衣類の表示」「最近の消費者トラブルの事例と対処法」について、より多くの利用者様に聞いていただけるよう4日間にわたって講座を実施しました。「どの内容も私たちの身に起こりうる可能性があり、利用者の方々も興味を持ちながら聞くことができた」との感想をいただきました。

平成29年8月2、4、8、9、18日に甲斐市子ども消費者講座を実施しました。

甲斐市の5つの児童館で、「こどもしょうひしゃこうざ~じょうずにつかおう おかね・もの~」の講座を行いました。クイズ、DVD、絵本の読み聞かせを通して、「お金やものを大切に使おう」「もったいないの心をもって行動しよう」「好き嫌いなく、残さず食べよう」「よく考えて、買い物をしよう」の4つの内容を話しました。クイズの答えを一生懸命考えたり、食い入るように絵本の読み聞かせを聞いたりする姿が印象的でした。

 

 

平成29年8月9日に南アルプス市社会福祉協議会の成年後見市民講座の中で出前講座を実施しました。

南アルプス市社会福祉協議会主催の成年後見制度の普及啓発を目的とした講座の中の1科目として、「最近の消費者トラブルの事例と対処法」の内容で、DVDの視聴も含めて約1時間ほどの講座を行いました。「相談できる窓口があり、『ほっ』としました。」「『電話も相談もお気軽に!』と言われ心強かったです」「悪徳商法についてわかりやすく学べました」との感想をいただきました。

 

 

平成29年7月26日に南アルプス市消費生活活動推進員委嘱式で市委嘱の消費生活活動推進員さんを対象に出前講座を実施しました。

内容は、「消費生活活動推進員の役割と最近の消費者トラブルの事例と対処法」で途中クイズやDVD視聴を挟みながらの約1時間の講座でした。

「推進員は何をすればよいのかわかりやすく説明してもらえた」「クイズ形式で楽しみながら受講できた」「推進員の役割やトラブルの際の対処法を今後地域での見守り活動等に活かしていきたい」との感想をいただきました。

 

 

平成29年7月19日に山梨市日下部公民館「くさかべ生き生き塾」で出前講座を実施しました。

内容は「最近の消費者トラブルの事例と対処法」で約1時間ほど、消費生活相談員手作りの説明用ボードを使用し、途中DVDを視聴しながらの講座でした。講師からの質問にも積極的に答えていただき、最後まで熱心に受講していただきました。

 

 

平成29年7月5日に甲斐市富竹新田4区長寿会で出前講座を実施しました。

実施内容は「最近の消費者トラブル事例と対処法」「食品ロス」で、途中にクイズをはさみ、DVDの視聴では最近の悪質商法の手口について学んでいただきました。

「還付金詐欺のほか、様々な悪質商法の手口を学び参考になった」「食品を無駄に買わない、食べ残さない方法を学んだ」「自分は大丈夫と思っていたが、隙を見せないことが必要だと感じた」という感想をいただきました。

 

平成29年6月2日に、北杜市消費生活研究会の総会において、出前講座を実施しました。

北杜市消費生活研究会への出前講座は、昨年に引き続き2回目の実施でした。1回目は「最近の消費者トラブルの事例と対処法」でしたので、今回は、「食品ロス新しい衣類の表示」という内容で、講座を行いました。食品ロスについては、概要の講義後、「食品ロスを減らすためにできること」を一人ひとりが考え、グループでランキングをつける手法で行いました。「新しい衣類の表示」では、クイズをしながら、覚えていただきました。「考えたり、話し合ったりする今回の講座は、よかった。」という感想をいただきました。

 

平成29年5月16日に、山梨県消費生活研究会総会で、出前講座を実施しました。

平成29年5月16日に山梨県消費生活研究会連絡協議会総会の中で出前講座を実施しました。

「最近の消費者トラブル事例と対処法」という内容で、講座を行いました。「様々な事例を交えての講演でわかりすく学べた「今後の活動に活かしていきたい」との感想をいただきました。

 

平成29年4月20日に甲州市消費生活協力員のみなさんを対象に出前講座を実施しました。

「消費生活協力員の役割」「最近の消費者トラブル事例と対処法」という内容で、講座を行いました。

消費生活協力員の役割については、DVDを視聴し、地域の見守り活動の具体的な方法について学びました。

「消費生活協力員の役割についての説明がわかりやすかった」「”契約”についての知識が曖昧だった部分が、クイズ形式でわかりやすく再確認できた」「最近の消費者トラブルについても、どのような点に気をつければよいのかがわかり、今後周りの人に注意喚起していきたい」との感想をいただきました。

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活センター 
住所:〒400-0035 甲府市飯田1-1-20 山梨県JA会館 5階
電話番号:055(223)1366   ファクス番号:055(223)1368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について