更新日:2020年2月10日

ここから本文です。

感染症に関する情報

目次◆

新型コロナウイルス感染症について 

新型コロナウイルス感染症について

 中国を中心に新型コロナウイルス感染症が拡大しています。国内でも人から人への感染が確認されましたが、現在、日本で流行が認められる状況ではありません。

 風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、咳エチケットや手洗い等、一般的な感染症対策を行うことが重要です。

 県では、新型コロナウイルス感染症から県民の皆さまの生命と健康を守るために、正しい知識の普及による感染予防の徹底、正しい情報の提供による混乱防止と不安軽減が重要だと考えています。患者発生時においては、最新の医学的見地から、感染の拡大防止に必要な情報を、県民の皆さまに速やかに提供して参ります。

感染予防チラシ(PDF:307KB)

(参考)正しい手の洗い方(PDF:357KB)

(参考)コロナウイルスについて

  人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまるとされています。

県内の発生状況

・現在、県内での患者の発生の報告はありません

新型コロナウイルス感染症に係る電話相談窓口について

帰国者・接触者相談センター

 帰国者・接触者相談センターは、発熱や呼吸器症状があり、中国湖北省への渡航歴、患者との接触歴のある方の相談窓口です。

感染が疑われる場合に、どこの医療機関を受診すべきか分からないという方の不安を軽減し、また、医療機関を発端とする感染症のまん延をできる限り防止する観点から設置するものです。

 新型コロナウイルスの感染が疑われる要件を満たす方に対し、専用の受診先をご案内します。最寄りの保健所の相談窓口にお問い合わせください。

 なお、県民からの不安など一般的なご相談は、「新型コロナウイルス感染症専用相談ダイヤル」電話055-223-8896 (FAX 055-223-1499)までお問い合わせください。

【帰国者・接触者相談窓口一覧】

名称

電話番号

管轄地域

中北保健所(地域保健課)

055-237-1403

甲斐市、中央市、昭和町

中北保健所峡北支所(地域保健課)

0551-23-3074

韮崎市、南アルプス市、北杜市

峡東保健所(地域保健課)

0553-20-2752

山梨市、笛吹市、甲州市

峡南保健所(地域保健課)

0556-22-8158

市川三郷町、早川町、身延町、南部町、富士川町

富士・東部保健所(地域保健課)

0555-24-9035

富士吉田市、都留市、大月市、上野原市、道志村、西桂町、

忍野村、山中湖村、鳴沢村、富士河口湖町、小菅村、丹波山村

甲府市保健所(医務感染症課)

055-237-8952

甲府市

 夜間・休日は、メッセージ等により緊急電話番号をご案内します。

新型コロナウイルス感染症専用相談ダイヤル

令和2年1月29日から県民の皆様の相談窓口として相談ダイヤルを開設しました。

電話番号:055-223-8896

F A X :055-223-1499

開設時間:平日 午前9時~午後5時

新型コロナウイルス感染症専用相談ダイヤル(PDF:146KB)

新型コロナウイルス感染症患者発生時等の情報の公表について

公表の目的

 ・新たな患者発生の予防及びまん延の防止

 ・県民への感染予防に関する注意喚起

 ・県民の不安の軽減及び誤った情報等による混乱の防止

公表の契機

 ・県内において、新型コロナウイルス感染症患者の発生が確定したとき

 ・県外で新型コロナウイルス患者が発生し、県内に不特定多数の濃厚接触者がいることを覚知したとき

公表の手順及び留意事項

 ・疫学調査の結果を踏まえ、疾患の感染経路、潜伏期間等を考慮し、国等と協議しながら、最新の医学的判断に基づき、上記の目的のために必要な情報を速やかに公表するものとする。

 ・公表を行う場合は、事前に患者またはその保護者に対して、公表の目的や公表内容、公表方法等を説明するものとする。

 ・個人情報の保護や施設及び地域等の風評被害に特に留意し、個人や施設等が不必要に特定されたり、差別・偏見の対象にならないよう十分配慮し、報道機関に対して理解と協力を求めるものとする。

 ・個人が特定されるおそれのある氏名、生年月日、住所等の個人情報は、公表の対象としないものとする。

 ・感染の拡大を防ぐため、特に、施設や地域等の特定につながるおそれのある情報を公表する必要がある場合は、当該施設及び自治体等の承諾を得たうえで公表を行うものとする。

公表する情報

 (1)基本的な患者情報

  ・年代

  ・性別

  ・居住地(都道府県レベル)

  ・症状・経過

   ※ 感染の拡大を防ぐため、医学的に必要と認められる場合は、必要な範囲で公表する情報を追加する。

 

 (2)行政の対応状況

  ・患者、接触者への指導内容

  ・施設等への措置内容 等

 

 (3)感染予防のための情報

  ・手洗い、咳エチケット 等

 

上記と同じ内容をPDFでも掲載します。

新型コロナウイルス感染症患者発生時等の情報の公表について(PDF:331KB)

 

 参考

厚生労働省ホームページ

中華人民共和国新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生について

国立感染症研究所

コロナウイルスに関する解説及び中国で報告されている原因不明の肺炎に関連する情報

 

注目情報(トピックス) 

 最新情報

HCV-RNA陽性のC型慢性肝疾患治療薬であるエプクルーザ配合錠(一般名:ソホスブヒル/ベルパタスビル配合剤)が、平成31年2月26日から本事業の助成対象となりました。

県内の発生動向

(1)総合的な情報発信

県では、県民の皆様や感染症対策関係者に対して、地域における感染症の発生情報を効果的に情報発信する機関として、「山梨県感染症情報センター」を県衛生環境研究所内に設置しています。

山梨県感染症情報センターのウェブサイトでは、医師や定点医療機関などから届出のあった感染症発生に関する情報を収集・分析した結果や、学校や施設等における感染症の集団発生の状況を定期的に掲載するほか、感染症の発生の予防やまん延防止に役立つ情報を随時発信しています。

また、感染症が注意報・警報レベルに達した場合等、適時適切に注意喚起を行う必要がある場合に報道機関に提供した資料等も掲載しています。

県内の感染症の発生状況をご覧いただき、日頃の感染対策などにお役立てください。

 山梨県感染症情報センターのウェブサイト

(2)学校サーベイランス・保育園サーベイランス

県では、地域における感染症の流行状況を早期に探知し、感染症の発生の予防及びまん延の防止を図るため、国立感染症研究所が開発し、公益財団法人日本学校保健会が運営する「学校等欠席者・感染症情報システム」の導入を進めています。

学校等欠席者・感染症情報システムをご利用の方は、次のリンクをクリックしてください。

疾病別情報

検査・相談

参考情報

インフルエンザに関すること 

季節性インフルエンザ

新型インフルエンザ等対策

予防接種に関すること 

お知らせ

通知集

肝炎に関すること 

お知らせ

肝炎ウイルスの検査・治療費助成 

参考情報

エイズに関すること 

結核に関すること 

お知らせ

関係者向け

参考情報

その他の情報 

ハンセン病

海外渡航

参考情報

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部健康増進課 担当:感染症担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1494   ファクス番号:055(223)1499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について