更新日:2013年9月20日

ここから本文です。

お役立ち情報(女性編)

あなたの各場面にあったアドバイスを良く読んで参考にしましょう。一度、全部読んでおくと、流れがイメージし易くなるので、困る場面が減りますよ。これからも、アドバイスは少しずつ更新していきます。

婚活前の準備編

知っておきたい女性の健康について

婚活を始める前に、知っておきたい女性の健康情報をまとめました。 botan2

参考にご一読ください。

1.相手の良い所を見つける練習をしましょう

婚活とは理想の相手を探すのではなく、自分と合う方を見つける事が大事です。

理想の相手像を描くと、ここが違う、あれが違うと粗探しになります。

異性の良いところを見つけ出すことで、可能性が広がります。

2.婚活をすると決めたら、終期を決めましょう

いつまでに結婚をする、と決めて計画的に取り組みましょう。婚活を継続的に行うには時間や費用が必要になります。

また、終期を決めずに行う婚活は長期化傾向になりがちです。

婚活イベント参加編(イベントを探す)

1.イベント検索する

婚活やまなしで、イベントを探しましょう。

どんなイベントに参加すると自分が楽しい時間を過ごせそうか、自分に合ったイベントを探してみましょう。

パーティー形式のものやバーベキューのような自然の中で過ごすものが良いのか、自分らしくいられるイベントが良いですね。

また、過去イベントの開催報告や縁結びサポーターさんのホームページから、カップリング率なども参照できます。

婚活イベント参加編(直前)

1.身だしなみを整える

第一印象はとても大切です。

イベント時のカップリングの結果からみても、身だしなみの整っている方はカップリング率が高いです。

第一印象が良いと興味を持ってあなたを知ろうとします。清潔感のある服装とナチュラルメイクが男性に好評です。

2.服装はTPOを考えて選択しましょう

服装は、参加するイベントに合わせて洋服を検討しましょう。

野外でのイベントは、ドレスのようなものは避けてカジュアルな服装で、反対に屋内のパーティーの場合はカジュアルな服装は避け、少し女性らしい服装を意識すると良いでしょう。

ジャージのようなラフすぎる服装は真剣に参加している男性に失礼になる可能性があります。

大人の女性としてドレスコードを意識しながらイベントに参加しましょう。

3.アクセサリーや髪形はシンプルに

ついつい華やかなアクセサリーや髪形で個性を出したくなる気持ちもありますが、少し抑えてアクセサリーや髪形はシンプルに装いましょう。

男性は華美な装いを結婚相手には求めません。自分では少しシンプル過ぎたかな、くらいで男性にはちょうど良い場合があります。

イベント参加編(イベント中)

1.相手の話に興味を持って耳を傾けましょう

知らない話や興味のない話は流して聞いてしまいがちですが、相手は一生懸命話をしてくれています。

相手の話をうまく引き出し気持ちよく話をしてもらうことで、相手はあなたに良い印象を抱くでしょう。

2.笑顔

男性はやさしく明るい雰囲気の女性が好きです。

会話が得意ではなくても、にこやかに女性に話を聞いてもらえることで男性は自信がつき、あなたといることで良い気分になることでしょう。

男性は女性の笑顔のために働けます。なにかしてあげたいと思います。男性は女性の笑顔には勝てません。

ぜひ笑顔で話を聞いてみましょう。

3.気になった男性以外の他の参加者やスタッフとも楽しく過ごしましょう

他の参加者やスタッフに、話をする様子を見ている男性もいます。

気になった男性以外をぞんざいな扱いすることなく、楽しく過ごしましょう。

気になった男性には少しだけ特別扱いをすることも忘れずに。

4.しつこく連絡先を聞く男性がいた場合

お断りしても何度も連絡先を聞かれるなど、自分では対処が難しい行動を相手がとった場合は、「連絡先だけ頂いておきます」と軽くお断りをして、主催者スタッフまで連絡しましょう。

カップリング編

1.カップリングできた場合

告白方式や投票方式があります。

告白方式では、お受けする、お断りするに関係なく相手の勇気や沢山の参加者の中から選んでくれたことに感謝する気持ちを忘れないようにしましょう。

投票方式では、お互いが好印象な方を選びます。連絡先の交換だけではなく、次にお逢いするための連絡方法なども簡単に決めておきましょう。男性が連絡しやすくなります。

2.カップリングできなかったけれど

イベントによっては、連絡先を交換はできませんが、渡すだけならOKといった場合もあります。

印象が良かった方には、積極的に連絡先をお渡ししましょう。

3.また会うかもしれません

婚活のイベントに参加していると、何度か同じ方に出会うことがあります。

その会ではご縁がなかった場合でも印象良く会場を後にしましょう。

4.連絡先は本人からしか聞けません

後日、あの人が良かったと言って、主催者に連絡先を教えて欲しいと言っても、教えることができません。

意中の方には、積極的に連絡先の交換をお願いしましょう。

お付き合い編

1.カップリング=お付き合いではない。

お互いの印象が良かった方と、連絡先を交換しただけで、お付き合いを始めた訳ではありません。

電話やメールなどを使って、連絡を取りお会いして、お互いの事がわかるようにお話しましょう。

2.男性のメールの特徴を知りましょう

男性はメールなどの返信が遅い方が多いです。ちょっと後でと思い、忘れてしまうパターンです。

やんわりと怒っていることを伝えるとよいでしょう。

またメールを送る時は短い文章で送った方が男性は返信をしやすいです。

言いたいことは完結に、返信までの時間は大きな気持ちで待つようにしましょう。

3.3度目に会った時に

食事などしながら、お会いして3度目くらいで、お付き合いするかどうかを決めましょう。

お互いの事が良く分かってきて良い判断ができる時期です。

最初に2人で会った時に、気持ちの確認をするルールを決めておくと話しやすいですね。

4.どんなデートにしたいのか誘導してあげる

男性は、女性の気持ちを汲み取るのが苦手です。そして平静を装っていてもとても緊張していることでしょう。

どんなデートにしたらあなたが喜ぶか、わからないながら必死で考えています。

好きな食べ物や行きたい場所、気になる映画などを会話に挙げて、ヒントを出してあげると男性も気持ちが楽になります。

もし、おしゃれに自信があるのなら男性の洋服を選んであげるというデートも提案すると喜ぶかもしれません。

5.お付き合いをはじめたら

早めに相手の両親へご挨拶をすることが良いでしょう。相手のご両親を知っておくことも相手を知る方法の一つです。

彼がどんなご家族の中でどんな風に育ったのか、そして今後結婚をして自分の家族になるかもしれない方々です。

もちろん、ご家族もあなたを見ていることを忘れずに。

プロポーズ編

1.プロポーズっていつするの?

ずっと、一緒にいたいと思った時がタイミングだと思います。

なかなか勇気が出ずにきっかけに悩む男性が多いですが、プロポーズはして欲しいですよね。

2.ご家族へのご挨拶

ご挨拶の際には手土産を用意すると良いと思います。

どんなものがご家族の口に合うか、彼からリサーチしてみましょう。

お父さんはあんこが好き、お母さんはせんべいが好き、など事前にご家族の好みを聞いておくと失敗がありません。

家族とは別にお母さんへちょっとしたものをプレゼントすると良いでしょう。

3.結婚式までの道のり

両家の家族と打合せをしながら、結婚式の準備にかかります。

近年は簡易的な結婚式や結納を行わないなど、当人同士の希望を通した結婚式を行うカップルも増えてきました。

結婚とは当人だけの問題ではなく彼を育ててくれた彼のご両親と、自分を育ててくれた両親にとっても大切な儀式です。

勝手に決めて進めるのではなく、双方の家族にも相談しながら決めていきましょう。

調整が難しいこともあるかと思いますが、今後の長い人生を二人で歩んでいくための初めての試練です。

乗り越えることで、きっといつか良い想い出になることでしょう。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?