トップ > 山梨県/山小屋の新しい生活様式の推進を支援します!

ここから本文です。

新しい生活様式を推進する山小屋事業者を支援します

新着情報

・新しい生活様式推進山小屋施設支援事業費補助金の概算払いについて(令和2年10月30日)

・山小屋施設への支援対象事例を掲載しました。(令和2年10月2日)

趣旨

感染症に強い社会・経済を形成すべく取り組むやまなしグリーン・ゾーン構想に基づく新しい生活様式を推進するため、山小屋事業者のの機器購入(備品・消耗品購入)及び設備改修等を支援します。

事業チラシ(PDF:254KB)

対象事業者

県内で山小屋を営む山小屋事業者(個人事業者も含む) ※公営山小屋は含まない。

 対象事業・支援額

山小屋支施設が受けられる支援は、次のNo.1からNo.3までの3つのタイプがあります。

タイプにより、申請先、申請方法が異なりますのでご注意ください。

No.1 機器購入等(小規模事業者)

1 対象者

 小規模事業者(山梨県内において、消費者との間で日常的に決済を行う事業者)

 (本事業における小規模事業者とは、宿泊業、娯楽業、道路旅客運送業に分類される事業者は、店舗・施設ごとに、消費者と接触がある部門に常駐する従業員の数が20人以下、その他の対象事業者は5人以下とします。)

(山小屋事業者は、小規模事業者に該当すればNo.2、No.3と重複して申請することができます)

2 支援額

 1施設あたり上限30万円 (支援率:支援対象経費の10分の10)(申請の下限5万円)

3 対象事業

 1.キャッシュレス決済の環境整備

 2.感染症予防のための備品・消耗品購入

(消耗品のみの購入は事業の対象外です。備品と組み合わせて申請してください。)

No.2 機器購入等(山小屋事業者)

1 対象者

山小屋事業者(山梨県内において、旅館業法における宿泊施設を営む事業者)

(山小屋事業者は、上記No.1の小規模事業者に該当すれば、重複して申請することができます)

2 支援額

1施設あたり最大300万円 (支援率:支援対象経費の5分の4以内)

3 対象事業

No.1の機器購入等と同じ

(熱感知カメラ、衣類等殺菌装置などの光学機器等も対象となります。)

(消耗品のみの購入は事業の対象外です。備品と組み合わせて申請してください。)

No.3 設備改修工事等(山小屋事業者) 

1 対象者

 山小屋事業者(山梨県内において、旅館業法における宿泊施設を営む事業者)

2 支援額

1施設あたり最大1000万円 (支援率:支援対象経費の5分の4以内)

支援額は、No.2とNo.3を合わせて最大1000万円までとなります。

3 対象事業

ホテル・宿泊業用認証基準に沿った設備改修等(空調工事、給排水設備、衛生設備、隔離部屋工事、左記工事に伴う関連工事など)

宿泊業に係るやまなしグリーン・ゾーン認証制度実施要綱(PDF:118KB)

感染症予防対策に係る基準(ホテル・宿泊業)(PDF:448KB)

4 その他

 ・新しい生活様式推進山小屋施設支援事業費補助金の概算払いをご利用の方はこちらをご覧ください。

概算払いの利用方法(PDF:653KB)

注意事項

  • 山小屋事業者かつ小規模事業者の場合、No.1~No.3を併用することができます
    全ての事業で申請する場合、最大3回申請(各事業で1回ずつ)することができます。
    ただし、同一対象物に対して各事業を併用して申請することはできません。
    (例)35万円の空気清浄機購入に対して、No.1で30万円、No.2で5万円申請することはできません。
    どちらか一方で申請してください。
  • No.2とNo.3を併用する場合、両事業合わせて上限1000万円までの支援または補助が受けられます。
    (例)No.2で200万円の支援を受ける場合、No.3では800万円までの補助が受けられます。
  • No.1及びNo.2の機器購入等の主な対象備品は、以下の別表を参照ください。
  • No.2及びNo.3はヘリコプター等による運搬費も支援または補助の対象となります。
  • No.3の設備改修工事は、ホテル・宿泊業用認証基準に該当しないものは事業の対象とはなりません。
    認証基準に沿った改修か不明の場合は、事務局(TEL055-236-1230)までご相談ください。
  • 支援対象経費及び補助対象経費は消費税を除いた額です。
  • 県の緊急事態措置が行われた4月20日(月曜日)以降の支払が対象です。
  • 対象となる備品・消耗品は以下の別表をご覧いただくか、事務局までお問い合わせください。
    (別表)主な対象備品・消耗品(PDF:148KB)
  • 次の備品、消耗品、改修について、補助対象としております。改修等の参考にしてください。今後、随時更新します。

補助対象事例(PDF:55KB)

 申請方法

このページに掲載する申請書をダウンロードして必要事項を入力の上、下記あてに郵送で提出してください。

(1)機器購入等(No.1及びNo.2)

申請先

〒400-0031 甲府市丸の内2-16-1-6F

新しい生活様式推進機器購入等支援事業事務局

申請受付期間

令和2年7月22日(水曜日)から令和3年2月28日(日曜日)まで

(予算の執行状況により、2月28日を待たずに受付期間を終了する場合があります。)

申請要領・申請書など

No.1機器購入等(小規模事業者)については、

No.2の機器購入等(山小屋事業者)については、

 ※小規模事業者に該当する山小屋事業者は、No1.とNo.2の両方の支援を受けることができます。

問い合わせ先(No.1およびNo.2)

新しい生活様式推進機器購入等支援事業 事務局

電話番号:055-237―6600 受付時間:平日 午前10時~17時

(2)設備改修工事等(No.3)

申請先

〒400-0031 甲府市丸の内1-5-4 恩賜林記念館内

新しい生活様式推進山小屋施設支援事業事務局

申請受付期間

令和2年7月22日(水曜日)から令和3年8月31日(火曜日)まで

(予算の執行状況により、8月31日を待たずに受付期間を終了する場合があります。)

申請要領・申請書など

新しい生活様式推進山小屋施設支援事業費補助金申請の手引き(PDF:449KB)

新しい生活様式推進山小屋施設支援事業費補助金交付要綱(PDF:180KB)

問い合わせ先

新しい生活様式推進山小屋施設支援事業事務局

電話番号:055-236-1230 受付時間:平日 午前9時~17時

やまなしグリーン・ゾーン認証制度は次のページをご覧ください

https://www.pref.yamanashi.jp/koucho/coronavirus/green_zone.html

支援金・助成金を装った詐欺にご注意ください

 支援金支給にあたってATM操作、手数料振込、暗証番号聞き取り等を求めることはありません。

 不審な電話・メール等があった場合は最寄りの警察署にご連絡ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部観光資源課 担当:南アルプス・山岳観光担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1576   ファクス番号:055(223)1438

広告スペース

広告掲載について