Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2019
 
あいさつ
開催概要
応募規定
部門一覧
スケジュール
よくある質問
表彰式、公開テイスティング
 若者向けセミナー
入賞ワイン
10周年記念講演録シンポジウム


  

 日本ワインコンクール実行委員会事務局
 〒400-8501 山梨県甲府市丸の内1-6-1
  (山梨県産業労働部地域産業振興課内)
  TEL:055-223-8871
  FAX:055-223ー1534


TOPICS 


2019.6.25

Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2019のエントリー数及び審査員についてこちらからご確認いただけます。



2019.6.18.


Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2019の表彰式、公開テイスティング、若者向けセミナーについて更新しました。



2019.5.9

・Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2019の応募方法、エントリーシステム操作マニュアルを応募規定「3応募方法」に掲載しました。

2019.4.24

・Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2019の応募規定等を更新しました
・Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2019の審査基準を公開しました。
 (こちらからご確認いただけます。)



2019.4.12

■Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2019では応募規定を変更する予定となっております。(主な変更箇所は次のとおりです。)

(1)国税庁の表示基準改正に伴う変更について
 @対象ワインについて
   応募の対象となるワインは、果実酒等の製法品質表示基準第1項第3号で定める
   「日本ワイン」とします。

 A出品の部門について
   果実酒等の製法品質表示基準において、ぶどう品種の使用量合計が85%以上
   の場合に限り、ぶどうの品種名が表示可能となったことから、出品部門の条件に
   ついて、以下のとおり変更します。
  ・欧州系品種、国内改良等品種、北米系等品種については、当該部門の原料品種
   の使用割合の和が85%以上、甲州については100%であること。
  ・欧州・国内改良品種等ブレンドについては、2つ以上の部門の原料品種を使用して
   おり、そのうち同一部門原料品種の使用割合の和がいずれも85%未満(甲州に
   ついては100%未満)であること。

(2)オークチップを使用したワインについて
  2017年の酒税法改正により、2018年4月から「オークチップ」を使用しても
  果実酒になると定義されましたが、出品にあたっては、エントリー情報入力時に、
  「樽・オークチップ使用の有無」を確認させていただきます。

(3)スパークリングワインの色の確認について
  今回から、エントリー情報入力時に、色を確認させていただきます。
   ※審査基準については、後日ホームページにて公開予定です。

(4)出品ワインの品種名の表記について
  山ぶどう系の品種については、エントリー情報入力時、客観的に認められた
  品種(※)でない品種については、 「山ぶどう系等」を選択してください。

  (※)客観的に認められた品種としての判断は、「農林水産省品種登録データ」または
     「Vitis International Variety Catalogue(VIVC)」に登録されていること。



Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2019の概要は以下のとおりです。

【審査会エントリー申込受付】
2019年5月13日(月)午前9時〜5月31日(金)午後5時

【出品ワイン受付期間】
2019年6月3日(月)〜6月14日(金)

【審査会】
日程:2019年7月17日(水)〜18日(木)
会場:アイメッセ山梨

【表彰式・公開テイスティング・若者向けセミナー】
日程:2019年9月1日(日)
会場:甲府記念日ホテル (旧甲府富士屋ホテル)




   
   
Japan Wine Competition : 日本ワインコンクール
Copyright (C) 2019 Japan Wine Competition. All rights reserved