文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
ふりがな
表示
音声
読み上げ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 携帯サイト
  • 山梨県ホームページ

ホーム > 山梨県職員の職種について > 各職種の紹介(司書職)

ここから本文です。

更新日:2021年1月25日

各職種の紹介(司書職)

司書職の業務内容

本県の図書館を中心とした各種資料の保存提供機関において、資料の管理と提供サービスを主な業務としています。具体的には、資料管理業務として、本や雑誌、視聴覚資料等の選定・収集、整理作業などがあり、サービス業務としてカウンターでの資料の利用提供に関することや、情報を求める利用者を支援するレファレンスサービスなどがあります。さらに、県内の公立図書館への支援業務や、様々な企画事業などにより読書活動を推進しています。

ページの先頭へ戻る

配属所属・職員数

県立図書館のほか、県立学校の学校図書館や、文学館及び博物館の資料管理部署などに配属されます。

職員数:36名(出先機関等)(令和2年10月現在)

ページの先頭へ戻る

異動について

採用後は原則として県立図書館を最初の所属として図書館業務全般に携わり、その後は県立学校や文学館、博物館などにも異動します。これらの教育機関や文化施設に所属し司書業務を担当します。

ページの先頭へ戻る

司書職のやりが

図書館は、すべての人が平等に利用でき、あらゆる種類の知識と情報が入手できる施設として、地域の情報センターとも言うべき存在です。司書の仕事は、「知識基盤社会」において、人々の暮らしを支える重要な役割を担っていると言えます。また、県民の方と直接接するレファレンス業務では、多くの利用者が様々な資料を求め図書館を訪れますが、その際に利用者の期待に応えられたと実感することができ、大きなやりがいを感じられます。

ページの先頭へ戻る

司書職を志すひと

司書は、調べることを支援する専門家と言えます。調べることが好きな人に適した職業なのは間違いありません。ただし、幅広い分野の知識や情報を求める利用者の方に適切な支援を提供するためには、利用者の目的や調査の意図をしっかり聞き出すことが必要です。「本が好き」だけど「人は苦手」という人もいるかもしれませんが、あなたが大好きな本と人を結びつける仕事は、大きな達成感をもたらしてくれますし、いつの間にか人好きになっている自分に気付くのではないかと思います。自分の技術を活かして誰かの役に立ちたいという気持ちがある人にぴったりの仕事です。

ページの先頭へ戻る

 先輩職員の体験談

◆「先輩職員の声」は、中堅職員の業務の様子やメッセージが掲載されています。是非、参考にしてみてください。

【先輩職員の声】

令和2年度

先輩職員の声

2019年度

先輩職員の声

 

 

お問い合わせ

山梨県人事委員会事務局

住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1

電話番号:055(223)1821

ファックス番号:055(223)1819